忙しい人の勉強法

奇跡のTOEIC本。

必買TOEIC本

お値段以上!

オススメリンク

PodcastでTOEIC

やる気のメンテナンス

注目のサイト3


注目キーワード


TOEICボキャビル対策

2007年12月11日 (火)

単語力(タンゴリキ)。

単語力(タンゴリキ)は、無料で使えるネット上の単語練習サイトです。

単語力の辞書は、米国の大手新聞・雑誌・検索サイト約5000ページ(112万ワード)をソースに、作者が頻度の高い単語8000語を選んだものをベースにしています。頻度の多い順番に並んでおり、「総まくり」を選ぶとその順番に出題されます。動詞・名詞・形容詞・副詞に限ってあり、またカタカナ語になっているものは省いてあります。

何はともあれ、まず「ランダムテスト」をやってみてください。正答率と解答に要した時間を考慮して点数が出てきます。したがって高得点を取るためには「反射神経【reflex】」で答える必要があります。この点が、解答時間の短いTOEIC対策としても有効なところだと思います。

分からなかった単語は、クリック一つで辞書サイトに飛んで確認することができます。この機能が素晴らしく、とても効率的に覚えることができます。また間違った単語を中心に、自分の単語帳に記録しておくことができます。無料版は10個までですが、有料版(年間1980円)では100個まで保存できます。私はもちろん有料版でつかっていますが、はっきり言ってお値段以上です!

ドメ就活生へのオススメは、「総まくりテスト」で「初級」および「中級」それぞれ2000単語を1つ1つきちんと覚えていくことです。1回に10問出てきますので、200回やるとそれぞれ一巡します。これを二巡、三巡やっていくと回答率も回答速度もどんどんあがり、点数も上がっていきます。意外にハマりますので、あっという間に覚えていけます。

私自身はこの「上級テスト」の総まくりを徹底的に行いました。知らない単語の連発でしたが、点数が上がるのがやる気を呼び、とてつもなく力がつきました。ここをマスターした後「至難テスト」に入りましたが、ほとんどすべてが知らない単語といっても過言ではなく、またTOEICには不要なのでは?と思えるものばかりでした。しかし上級テスト(4001番から6000番)は700点~800点を目指す人には確かに必須の内容であり、TOEICと長く付き合うなら、長くこのサイトとも長く付き合っていく価値は大いにあると思っています。

※私は「gyokaijin」の名前でランキングに入っていますので、見つけてくださいね~。

にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へブログランキング参加中。ぜひクリックを。

2007年11月25日 (日)

ペアで覚える英単語(晴山陽一)

ペアで覚える英単語」は500円(クレジットカード決済)のPodcasting番組です。基本的には本サイトは無料のサイトをご紹介するのですが、このサイトのコストパフォーマンスのよさは抜群であり、ぜひ推薦【recommend】したいと思います。

このPodcastは「先進国(developed country)/発展途上国(developing country)」のように、言葉をくっきりと対比させて紹介する番組です。全48回、1つの番組で10個ほどの単語を特集するので、合計で500単語前後が覚えられることになります。アハ体験ではありませんが、対比して覚えるというのは単純に念仏のように辞書を覚えていくのに比べ、確かに印象付けて記憶することができます。ある程度難しい言葉が取り上げられているので、ボキャブラリ強化と考えれば500円はお値段以上と言えるでしょう。

晴山さんの英語は、デキる日本人風(?)発音であり、とても聞き取りやすいものです。リスニングが苦手な人も、ぜひ取り組んでみてください。

にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へブログランキング参加中。ぜひクリックを。

好評発売中!

注目のサイト1


注目のサイト2


2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ