忙しい人の勉強法

奇跡のTOEIC本。

必買TOEIC本

お値段以上!

オススメリンク

PodcastでTOEIC

やる気のメンテナンス

注目のサイト3


注目キーワード


« English Grammar Secrets | トップページ | 1万円以下でTOEIC600点を確実に取る方法(連載終了の挨拶)。 »

2007年12月15日 (土)

「ALL IN ONE Re-start」(高山英士著・Linkage Club刊)

この本を読み込み、CDを聞き、ソフトで練習するにつれ、私は愕然としました。TOEICで600点を取る答えがここにあるじゃないかと。

このブログのテーマは、就活生がTOEIC600点を取得するためのアドバイスです。同時に「できるだけピンポイントで、しかも安上がりに」ということを志向してきました。私が手にしているこの「ALL IN ONE Re-start」(Linkage Club著・刊)は、1890円で600点を取るために必要な9割方の「学習方法」を提供します。

本書の最大の特徴は、その名のとおり「英語の基礎をすべて復習するのに、1冊ですべて済む」ことです。

高校を卒業した時点でそれまでの語彙と文法をすべて体得し、同時にリスニングが十分できる実力(=台)であれば、その台に乗って手を伸ばすだけでTOEIC600点は簡単に取得できます。しかしリスニングはもとより、語彙・文法も身についていないような台はスカスカのスポンジも同然であり、その上に乗ってもへこんでしまうのがオチです。

「Re-start」は、スポンジの台をムラのないコンクリートの台に変えてくれる教材です。高校1年生までの文法を完全に網羅した、すべてネイティブチェック済みの現代英語を教材に、専用のリスニングソフトを使って聞き取りタイプ入力します。話されているスピードはほぼTOEICと同じノーマルスピードであり、語彙・文法を強化しながらリスニングも強化していきます。

さらには、書籍だけでもものすごい情報量なのに、サポートサイトまで開設されており、追加の教材(音声も!)や学習のガイダンスまであります。また「教授(参考)資料」のコーナーでは本書籍を教材に使う教師のために、例文の背景まで解説されています。この解説がまた素晴らしく、「ここがおかしい日本人の英文法」級の貴重な知識が得られます。

出版社の「Linkage Club」の徹底した構想と実践がこの書籍を生み出しました。「これ一冊で網羅したい」という執念には、どこかTOEICの神様キム・デギュン氏の書籍にも似ていると感じました。ALL IN ONEシリーズの韓国・中国語版が発売されているのも分かる気がします。

Re-startは、このブログのテーマに対するほぼ100点満点の書籍です。「こんな人にオススメです」に同意できる人は、すぐに買って下さい。そして前書き・学習方法をきちんと読み、そのとおりに実践すれば、わずか1890円で堅牢な英語の基礎があなたのものです。そして最大のメリットは、600点で息切れすることなく、そのままさらに高いレベルを目指せることでしょう。

« English Grammar Secrets | トップページ | 1万円以下でTOEIC600点を確実に取る方法(連載終了の挨拶)。 »

TOEIC必読書」カテゴリの記事

TOEIC文法対策」カテゴリの記事

就活ついでに、TOEIC(旧コラムシリーズ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« English Grammar Secrets | トップページ | 1万円以下でTOEIC600点を確実に取る方法(連載終了の挨拶)。 »

好評発売中!

注目のサイト1


注目のサイト2


2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ