忙しい人の勉強法

奇跡のTOEIC本。

必買TOEIC本

お値段以上!

オススメリンク

PodcastでTOEIC

やる気のメンテナンス

注目のサイト3


注目キーワード


« 何はなくとも、リスニング。 | トップページ | 松澤喜好「英語耳」(アスキー)を信じてみる。 »

2007年11月 3日 (土)

ボキャビルにも効く、リスニング。

幼い子供は、100%耳から言葉を覚えます。またそのときの「状況」と一緒に言葉を聞き取って覚えていくため、記憶も強固なものとなり、しかも大量の言葉を効率的に覚えていきます。大人になるまでの基本的な語彙は、ほぼ100%耳から覚えたものだと言えます。書けない言葉はあっても聞き取れない言葉はないのです。

とはいえ、日常の中で聞こえてくる言葉の範囲は徐々に狭まってきます。新しい語彙を獲得するにはどうしても本や資料に頼る必要が出てきます。

ドメ就活生にとってのTOEICは、幼い子供の言葉学習のようにはいきません。まずはTOEIC本の付属CDを活用してリスニング練習を徹底的に続け、覚えている言葉を聞き取れるようになるのが第一ステップです。しかし子供と同じように、ある程度コツが分かってきたらどんどん能率が上がっていきます。発音【pronunciation】の基本が完全に身に付きさえすれば、そこから先は「すでに知っている英単語の確認」が流れ作業のように続きます。ドメ就活生にとって、この状態になったときが、もっともリスニング点数の上がっていく時期になることでしょう。

そのうち、知らない基礎単語やTOEIC特有のビジネス英語がどんどん出てきます。しかしそのころには、流れている文章の中のどこからどこまでが知らない単語か、くっきり聞こえてくるものです。この部分の単語は本や辞書で調べるしかありませんが、同じ文章の中でその言葉を何回も聞くことで、発音と意味とともにその言葉は記憶に定着していきます。

孤独に本を読むより、付属CDを使い、ネイティブスピーカーがTOEICの規定スピードで話すのを聞いて覚える。これ以上に効率的なボキャビル(ボキャブラリービルディング)はないと考えています。そのためにも、リスニングの基礎を一刻も早く獲得するよう、リスニング勉強はロケットスタートしましょう。ロケットの2段目が分離されるころには、目標の600点はもうすぐそこに見えるはずです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へブログランキング参加中。ぜひクリックを。

« 何はなくとも、リスニング。 | トップページ | 松澤喜好「英語耳」(アスキー)を信じてみる。 »

TOEICリスニング」カテゴリの記事

就活ついでに、TOEIC(旧コラムシリーズ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何はなくとも、リスニング。 | トップページ | 松澤喜好「英語耳」(アスキー)を信じてみる。 »

好評発売中!

注目のサイト1


注目のサイト2


2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ