忙しい人の勉強法

奇跡のTOEIC本。

必買TOEIC本

お値段以上!

オススメリンク

PodcastでTOEIC

やる気のメンテナンス

注目のサイト3


注目キーワード


« 書店のTOEIC本は、新形式に対応しているかどうかをチェック。 | トップページ | 「ECC英会話Podcast - 知ってる単語でこんなに話せる!」 »

2007年11月15日 (木)

リスニング対策は、古い模擬試験本を有効活用。

ドメ就活生にとって「TOEIC対策にどれだけ費用がかかるか」も避けることのできない問題です。しかし私もすでに書籍を上梓した経験がありますので、闇雲に古本を買えとは言えません(苦笑)。

しかし安く入手する上で一つだけ勧めてみたい方法があります。それはリスニング対策についてはAmazonを使い「新形式に対応していないリスニング模擬試験本」を有効活用してみるということです。

Amazonでは書籍のページに「マーケットプレイス」という第三者の出品者による価格が表示されていることがあります。個人や書店自身の出店など様々な出品者がいますが、旧版などは極端に安くなっていることがあります。例えば「TOEIC TESTリスニング問題集」(ビッキーグラス、Jリサーチ出版)は、新旧版ともに定価1680円ですが、旧版のマーケットプレイス価格は極端に安くなっています(私は300円で買いました。ただし送料340円が別途かかります)。

このように安く入手できたCD-ROM付リスニング問題集は、一通り実戦のように解いてみた後、形式の変わらないPart1、2を中心に、思いっきり「一口シャドウイング」の練習をしてみてください。Part1に限って言えば、1模擬試験あたりの収録問題数が10多い20個収録されていますので、新形式版よりもお得かもしれません。Part4は問題内容に変更はなくそのまま新形式の対策として現在も使えます。Part3については大幅に形式が変わり新形式の方が難しくなったと思われますが、かといって旧形式の問題が全くムダというほどでもありません。

気になるのは発音の種類がアメリカ英語1つしかない、という点ですが、もっぱらドメ就活生が「一口シャドウイング」のために使うことを想定すると、一貫してアメリカ英語で学ぶことに意味もあると思います(シャドウイングまでいちいち英国風に発音すると混乱しますし(苦笑))。

もちろんお金が十分ある人はこんなことをする必要もありませんし、いずれは新形式対応の問題集を買うべきですが、「安く入手できる」のであればぜひ試してみてもよい方法だと考えています。

ただし、旧版を買った後同じシリーズの新版を買うと、収録されている問題がかなり重複【duplicate】している場合もあります。したがって、新形式対応は違うシリーズの書籍を買うつもりでいる方がいいでしょう。以下の「TOEICテスト まるごとリスニング」(ECC、ジャパンタイムズ刊)なら、5回分のリスニング問題が収録されていますが、まだ旧テストにしか対応しておらず、新バージョンは出ていないようです。定価は2940円ですが、マーケットプレイスで1000円台で買えるようであればお勧めしてもよいと思います。この一冊で一口シャドウイング用の文が(もちろん重複なしで)1000個入手できます。


その他、古いリスニング本をリストアップしておきます(内容について筆者は確認していません)。

にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へブログランキング参加中。ぜひクリックを。

« 書店のTOEIC本は、新形式に対応しているかどうかをチェック。 | トップページ | 「ECC英会話Podcast - 知ってる単語でこんなに話せる!」 »

TOEICリスニング」カテゴリの記事

TOEIC推薦本・サイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 書店のTOEIC本は、新形式に対応しているかどうかをチェック。 | トップページ | 「ECC英会話Podcast - 知ってる単語でこんなに話せる!」 »

好評発売中!

注目のサイト1


注目のサイト2


2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ