忙しい人の勉強法

奇跡のTOEIC本。

必買TOEIC本

お値段以上!

オススメリンク

PodcastでTOEIC

やる気のメンテナンス

注目のサイト3


注目キーワード


« TOEIC奇跡の必読書:「海外経験ゼロ、それでもTOEIC900点」(宮下裕介著、扶桑社) | トップページ | TOEIC「キム本」に関する、使用上の注意。 »

2007年10月26日 (金)

TOEIC奇跡の必読書:TOEICテスト「正解」が見える(キム・デギュン著、講談社インターナショナル)

「TOEIC『正解』が見える」(キムデギュン著、講談社インターナショナル、以下「キム本」)は、「海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点(宮下裕介著、扶桑社、以下「宮下本」)」が奇跡の参考書と絶賛しているものです。宮下本の信者として最初に買いましたが、その内容に私は驚愕【be astonished】しました。ここまで断言的に答えを書いていいのか、と。

宮下本が「戦略」だとすると、キム本は「戦術」。戦場の地図を見ながら、「敵はここに隠れている!何も恐れることはない!」と指示する指揮官のような本です。一兵卒にはこんなに頼れる軍曹はいません。

キム氏が実際に受験し続けた経験から、「写真にない名詞が聞こえたら正解ではない」「抽象的な内容は正解ではない」など、完全に出題パターンに沿った、きれいごとのない、具体的なアドバイスを、猛烈な勢いで展開していきます。なにせ、最初の章からいきなり「Part1を解く『秘訣』」です。

最初私は、こんな形の英語学習に意義はあるのかと懐疑的でした。韓国は日本とは比べられないほど就職やビジネスにおけるTOEICの位置づけが高く、その権威であるキム氏の本は、TOEIC至上主義的なにおいすらします。また宮下本に比べ「オレについてくれば大丈夫」という乱暴さもあります。

しかし、TOEICスコアに目標がある人は、TOEICをルールの決まった「競技」と割り切り、キム本に飛び込むべきです。あきれるほど本当にキム氏の言う通りなのですから。実際、私はこの本で初めて知った語法などはほとんどありませんでしたが、それでも答えに迷った時にキム本が正答に導いてくれた例は枚挙に暇がありません。

キム本はリスニング・リーディング両方に驚くべきコツを伝授してくれますが、リスニングの方がTOEIC特有の核心により迫っており、大きく点数が上がりやすいと思います。とはいえ、あくまでTOEICリスニングの問題の傾向を教えてくれるだけで、どのようにリスニング能力を向上させるかについてはあまり記述がありません。ドメ就活生のリスニングレベルですと、先に聞き取り能力強化に努め、キム本はその後に読んでもよいと思われるかもしれません。

しかしキム本は最初に購入しておくべき本だと、私は断言します。キム本は、いきなり点数アップを実現している自分をイメージさせてくれるからです。ドメ就活生に、英語が苦手でも、TOEICならなんとかなると思わせる勇気を与えてくれるのです。

具体的なリスニング対策はこの後に述べていきますが、ドメ就活生が600点という目標を短期に達成するだけでなく、就活後も長く付き合っていく本として、まず「宮下本」と「キム本」をぜひ購入しておいてください。

にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へブログランキング参加中。ぜひクリックを。

« TOEIC奇跡の必読書:「海外経験ゼロ、それでもTOEIC900点」(宮下裕介著、扶桑社) | トップページ | TOEIC「キム本」に関する、使用上の注意。 »

TOEIC必読書」カテゴリの記事

就活ついでに、TOEIC(旧コラムシリーズ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TOEIC奇跡の必読書:「海外経験ゼロ、それでもTOEIC900点」(宮下裕介著、扶桑社) | トップページ | TOEIC「キム本」に関する、使用上の注意。 »

好評発売中!

注目のサイト1


注目のサイト2


2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ