忙しい人の勉強法

奇跡のTOEIC本。

必買TOEIC本

お値段以上!

オススメリンク

PodcastでTOEIC

やる気のメンテナンス

注目のサイト3


注目キーワード


« TOEIC導入が進む大学。 | トップページ | 普通の学生が就活で誇れるTOEICスコアは最低何点から?前編 »

2007年10月 8日 (月)

新入社員のTOEIC力。

多くの大学が熱心に学生へTOEIC受験支援をしていますが、TOEIC委発表2005年テスト活用実態報告では、学生の就職活動の際に大学が期待するTOEICスコアは500~600点の幅で218校(62%)となっています。一方、企業の1年社員に対するTOEICスコアの期待値は400~500点の幅、実際の試験での平均値は479点だったようです。

企業の新入社員のスコアについては、TOEIC委発表「2006年度新入社員スコア特集」に面白い数字を見ることができます。

2006年度の主な数字としては


○新入社員(内定者含む)の参加人数は41,635人で、2002年以来の4万人越え。
○実施企業数は前年19社増の865社。2回実施企業(筆者注、うち1つは内定者への試験と思われる)は20社増の183社。
○平均スコアは466点 。2001年度以降460点を維持。
○業種別の平均スコアでは
・製造業【manufacturer】(受験者数30,849人)453点、非製造業全体(10,741人)501点
・商社(1,449人)607点、マスメディア(358人)574点が民間企業中1,2位。

やはり人気企業にはある程度英語ができる学生が集まり、またそのような学生が採用されやすい傾向はあるのでしょう。しかしこの業種別統計は母集団が小さいカテゴリもあることから必ずしも一般的な推定ができるものとはいえないかもしれません。

にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へブログランキング参加中。ぜひクリックを。

« TOEIC導入が進む大学。 | トップページ | 普通の学生が就活で誇れるTOEICスコアは最低何点から?前編 »

TOEICデータ」カテゴリの記事

就活ついでに、TOEIC(旧コラムシリーズ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/16643382

この記事へのトラックバック一覧です: 新入社員のTOEIC力。:

« TOEIC導入が進む大学。 | トップページ | 普通の学生が就活で誇れるTOEICスコアは最低何点から?前編 »

好評発売中!

注目のサイト1


注目のサイト2


2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ