忙しい人の勉強法

奇跡のTOEIC本。

必買TOEIC本

お値段以上!

オススメリンク

PodcastでTOEIC

やる気のメンテナンス

注目のサイト3


注目キーワード


« 新入社員のTOEIC力。 | トップページ | 普通の学生が就活で誇れるTOEICスコアは最低何点から?後編 »

2007年10月10日 (水)

普通の学生が就活で誇れるTOEICスコアは最低何点から?前編

帰国子女で会話もベラベラ。TOEICもリスニング満点、スコアも900点以上。そんな学生はTOEIC世界観での完成形としてどうぞ就活でアピールしてください。もはや私のようなレベルのものからのアドバイスなどあるわけありません。

では、普通の学生が就活で誇ってもいいTOEICスコアは最低何点からと考えていいのでしょうか。800点?、700点? ここまでの分析から、このBLOGでの仮説を立ててみたいと思います。

TOEICは基本的にビジネスマン向きに作成された問題であり、ビジネスマンの平均値や求められるレベルを学生の基準にするのは無理があります。さらにはIPテストは社員の「継続的な」自己啓発や評価【appraisal】のために利用されるものです。

言い換えれば、TOEICに関し企業が学生に望んでいるのは、その時点の実力より、もっぱら「今後の伸びが期待できるかどうか」だと言えます。したがって、学生が目標とするTOEICスコアは、その時代の新入社員の分布状況を基準に考えれば問題ありません。この数字はさらにはその母集団は(6ヵ月以上の)海外滞在経験のない受験者で十分です。

TOEIC委発表「2006年度受験者数と平均スコア」の6ページを見ると、新入社員(含内定者)のスコア分布は、


●全体78,344人
リスニング261点/リーディング212点/合計473点
●6ヵ月以上の海外滞在あり7,132名
リスニング404点/リーディング327点/合計731点
●6ヵ月以上の海外滞在なし71,212名
リスニング246点/リーディング200点/合計446点

となっています。このBLOGでは、ドメ新入社員平均「リスニング246点/リーディング200点/合計446点」がドメ就活生のターゲットと考えることとします。

にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へブログランキング参加中。ぜひクリックを。

« 新入社員のTOEIC力。 | トップページ | 普通の学生が就活で誇れるTOEICスコアは最低何点から?後編 »

TOEICデータ」カテゴリの記事

TOEIC目標設定」カテゴリの記事

就活ついでに、TOEIC(旧コラムシリーズ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/16645038

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の学生が就活で誇れるTOEICスコアは最低何点から?前編:

« 新入社員のTOEIC力。 | トップページ | 普通の学生が就活で誇れるTOEICスコアは最低何点から?後編 »

好評発売中!

注目のサイト1


注目のサイト2


2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ