忙しい人の勉強法

奇跡のTOEIC本。

必買TOEIC本

お値段以上!

オススメリンク

PodcastでTOEIC

やる気のメンテナンス

注目のサイト3


注目キーワード


« TOEIC目標スコアから、必要素点を簡単に求める。 | トップページ | ボキャブラリーを増やさずに、どこまで点数を上げられるか。 »

2007年10月20日 (土)

英語が苦手でもTOEICの点は取れる。

英語が苦手という理由は大きく3つ、「語彙がない」「文法が苦手」「聞き取れない」が挙げられるでしょう。その結果として「しゃべることができない」のです。

しかしTOEICに限って言えば、

語彙:範囲が限られており、専門用語が少ない。
文法:マークシート方式であり、消去判断可能。英作文のような完全性は求められない。
リスニング:CNNや外国映画よりもはるかに遅いノーマルスピードで発音。また問題が完全にパターン化されている。
スピーキング:試験なし。
という特徴があります(2007年現在)。社会的評価の割に試験内容は限定的であり、はっきりいえば問題としては(解答時間さえ十分にあれば)簡単な部類に入ります。

さらにドメ就活生の目標点は高々600点。これらTOEICの特徴を最大限に生かし、それぞれの現在地から600点の目標まで、「語彙」「文法」「リスニング」補強のルートをどのような最小努力で歩んでいくかを計画・実行することが、時間のない中で目標達成するための必須【mandatory】項目なのです。

にほんブログ村 英語ブログ 英語試験へブログランキング参加中。ぜひクリックを。

« TOEIC目標スコアから、必要素点を簡単に求める。 | トップページ | ボキャブラリーを増やさずに、どこまで点数を上げられるか。 »

TOEIC目標設定」カテゴリの記事

就活ついでに、TOEIC(旧コラムシリーズ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TOEIC目標スコアから、必要素点を簡単に求める。 | トップページ | ボキャブラリーを増やさずに、どこまで点数を上げられるか。 »

好評発売中!

注目のサイト1


注目のサイト2


2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ