2007.01.15

BLOG本感想/関東 男性

性別:男
新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:視点が「売れるために」ではなく「学生の内定のために」であるところがとても好感が持てる本である。

■役立ったコラム■:役員=お父さん 人事=お母さん
最終面接の実態がわかり、安心した。

■今後の期待■:特にないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.13

BLOG本感想/関東 男性

性別:男
新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界を目指す学生にとっての就職本の中で、一番詳しく、多岐にわたる情報が掲載されており、就職活動だけでなく、社会人としての心得も学ぶことが出来ました。

■役立ったコラム■:「あなたが興味のある広告を三つ挙げてください」
広告業界の面接で一番聞かれる質問であり、かつ一番答えずらいであろうと考えていたので、質問に答える際の、指針になりました。

■今後の期待■: 現在の活動に大変満足しています。さらに欲を言うなら、広告業界のESの書き方、面接講座のようなものを開いていただけると大変うれしいです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.11

BLOG本感想/関東 男性

性別:男
新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:当たり前だけど、なかなか皆できていないようなことをしっかり指摘している。

■役立ったコラム■:「5%のロシアンルーレット」というコラムが印象に残りました。まさに「確認」の大事さを改めて思い知ったからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.09

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 広告業界に特化している、という印象よりも、全ての就活生が読むべき内容だと思いました。

■役立ったコラム■:バイオリンの発表会が印象に残りました。最もな喩えだと思ったからです。今時分がどんな段階にいて何をしなくてはいけないのかが、端的に理解できた気がしたコラムでした。

■今後の期待■: コラムが更新されなくなるのは残念ですが、たまにで良いので続けて頂ければなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.07

BLOG本感想/関東 男性

性別:男
新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:私は大学4年生で2回目の就職活動ですが、昨年の就職活動時にこの本と出会っておけばもう少し違う結果になっていたかもしれないと思いました。それほど知っておけば良かったと思うことが多く書いてあり、非常に役に立つと思いました。これを読んだことで、今年こそは本の内容と自分を照らし合わせて、内定をもらうぞ
という気になりました。就職活動の本は多く読んできましたが、初めて読んで良かったと思える本でした。

■役立ったコラム■:「選ぶのは人事、選ばれるのは役員」論が印象に残りました。私自身、昨年の就職活動時に最終面接で内定をいただけなかったという経緯があります。これまではその理由が何となくぼんやりとしかわかっていませんでしたが、このコラムを読んで、自分がなぜ内定をもらえなかったかが、はっきりとわかりました。わかっていなかったことがわかるという快感、それと同時にあのときこれがわかっていればという後悔が同時にきて何ともいえないような気分になりました。その意味でもこのコラムは今の自分にとって、かなりのインパクトがありました。

■今後の期待■:あまりに他の期待してしまいますと、みなさん、お忙しい中ボランティアで来ていただいているようなので、今のままでも十分だと思いますが、一つ提案しますと、フォーラム等で学生を加えたパネルディスカッションなどが面白いのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.05

BLOG本感想/関東 女性

性別:女
新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:就活バッグの中に忍ばせています。簡単に携帯できるようになってとても重宝しています。
そういえば、ブログが本になるというのは最近のトレンドですが、ウェブが紙になったことによってウェブの優位性を意味しているのか、また逆に紙の優位性を表しているのか、つい考えてしまいました。そんなことを考える良い機会にもなっています。

■役立ったコラム■: 最近は、ESを書いていると”「おかしいです」は、おかしい「です」”よくを思い出しています。ほんとおかしい「です」よねぇ。落とされないESを!と思うとつい文章がゴツゴツしてしまいますが、「ESは期末試験ではない」という言葉を思い出して、自分の思いを書くように心掛けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.03

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:その他ネット書店
■■感想■■:どのコラムにも、現在就職活動真っ最中の自分にとって新たな発見があり、とても参考になる内容でした。最近は特にエントリーシートの作成に行き詰まっていたところだったので、エントリーシートについてのコラムから読み始めました。
■役立ったコラム■:印象に残ったコラムは「エントリーシートは、期末試験ではない」です。
現実に今、エントリーシートで悩んでいる自分は、まだまだ自己分析や企業分析が十分でないことを実感しました。今のままでは広告業界に内定をもらうことは難しいだろうと感じましたが、これを機に絶対役員面接まで一気に通過してやろうという気力が湧いてきました。
■今後の期待■:大学の先輩や、友人の先輩以外の社員の方にOB訪問ができるような機会があれば良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.01

BLOG本感想/関東 男性

性別:男
新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:他の就職活動本や広告志望者のための本と違い、実際に広告業界に勤める方が執筆しているため、どのコラムにも説得力があり、また自分が就職活動や広告業界についてまだまだ不勉強であるという実感をもちました。

■役立ったコラム■:「携帯で、名乗る」というコラムはフォーラムでも筆者がおっしゃっていたとおり、ビジネスをスムーズに進めることはもちろん、人間として最低限のマナーであると感じ、最近では私も実践するようになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.28

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 色々な広告本は読んできましたが、内容が他とかぶっていなく、自分にとって新しい情報がたくさんあって嬉しかったです。学生視点の盲点をついた内容でした。
■役立ったコラム■: 「まず名乗る」
私は小さな頃から防犯の意味で電話口で名乗らないよう教育されてきたので、この本を読まなければ名乗ることの重要性に気づかなかったでしょう。
■今後の期待■:筆者のかたの生の声を聞かせていただける機会がまたあったら嬉しいです。フォーラムでの講演も、自分の励みになりました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.26

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 他の就職活動本などには載っていないことを、大事な部分は太文字で、またブログとして分かりやすく凝縮してある本だと感じました。広告業界を目指す人だけでなく、他の業界などを目指している人にも見るべき本だと感じました。
■役立ったコラム■: 「他社の受験状況を教えてください」のコラムです。実際にエントリーシートでそのような設問があり、どのように書けばいいか迷っていたからです。競合他社のことを書いたらまずいのではないかと思っていましたが、このコラムを読み考え方が変わりました。
■今後の期待■: 模擬面接や企業研究などを開催してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.24

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:まず、広告会社で実際に働いていらっしゃる立場から、社会人としては未熟な学生に対し厳しい指摘がとても多いという印象です。私自身も気を付けようと、また自分に対し厳しくすることを心がけているようなことでも、読ませていただいた後に、まだまだ広告会社への就職を目指すということへの心構えが足りないことに気付かされました。
そして、一番感じたのは、社会人になるということはどういうことかでした。広告会社だけではなく、広い意味で教訓になる本でした。
■役立ったコラム■:印象に残ったコラムは「カタログの仕事が大事な理由。」です。私が携わりたいと思っている仕事の一つの自動車についてですが、消費者はいくらCMやキャンペーンで広告しても、最終的にはカタログを見て商品を選んでいることにハッと気付くことができました。
たくさんの人に商品の魅力を伝えることができる仕事がやりたいと思っていたので、私にとって魅力的な仕事が広告会社の中にまた見つかったという、大きな発見でした。この発見が大きな理由です。
■今後の期待■:私としては、今までのようにどんどん広告会社と学生を身近にしていただけるような活動を続けていっていただきたいと思います。また、待遇などの質問しにくい情報を提供していただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.22

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:もっと早く読んでいればよかったです。
本当に参考になる内容が多く、読む前に提出してしまったエントリーシートが不安になりました。
また、携帯電話に企業から電話がかかってきた際に、なんと言って出たらよいのかわからなかったので、「携帯で名乗る」を読み、名乗っても不自然には思われないと知ることができ良かったです。
■役立ったコラム■:私が最も役に立ったと思うコラムは、高速掛け算メソッド「繰り上がり分離法」です。
文系で計算に慣れていないため、どうしても計算のスピードが遅く、SPIでは時間が足りなくなってしまいます。今後この計算方法で計算しようと思いました。
■今後の期待■:志望者数が多いため難しいかもしれませんが、直接社員の方に質問できる会などあれば嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.20

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 情報収集が難しい業界の「生」の部分が書かれており、非常に役に立ちました。この本を読まずに何の準備もせずに甘く考えていたらと思うとゾッとします。
■役立ったコラム■:「まず、名乗る」です。本に書かれている通り、携帯電話で名前を名乗るという行為をした事がありませんし、必要ありませんでした。ビジネスマナーとして「まず、名乗る」という事がどれだけ大切な事なのかを知りました。今、私も名乗っています。
■今後の期待■: 本当に色々な視点から広告業界を目指す人に「生」の情報を与えてくれていると思います。これからも広告業界の「生」の情報を発信し続けて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.18

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
 元々広告業界を志望していましたが、その気持ちがさらに強くなりました。今まで、広告業界には漠然とした憧れのようなものしかありませんでしたが、この本を読んで広告業界で仕事をしていく上で、具体的にこれから自分はどういう人間になったら良いか分かりました。
■役立ったコラム■:
携帯で、名乗る。というコラムです。
今まで、自分の携帯にかかってくれば名乗る必要なんてないと思っていましたが、確かに初めて人に不信感を与えないためにも名乗った方が良いです。この本を読んで、企業から電話がかかってきた時には、まず自分の名前を名乗るようにするようになりました。
■今後の期待■:
 今後、広告業界を目指す学生に少しでも業界に興味を持たせるような活動を続け、多くの労協生が活躍することを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.16

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:舞い上がっている就活生が見落としがちな点を解説していてとても参考に
なりました。
■役立ったコラム■:5%のロシアンルーレットです。自分の体調管理をしっかりして、
自分から5%を作らないようにしようと気を引き締めました。
■今後の期待■:大変ためになるフォーラムでした。広告への志望が固まりました。模擬
面接を開催していただきたいです。皆さんお忙しいでしょうが、これからもこのサイトを
励みに頑張っていきます。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.14

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界に限らず、全ての業界に通用する内容で大変勉強になりました。どこまでいっても学生は学生の立場を抜け出せず、学生は誰しも社会における常識が何かしら欠けていると思います。
開き直っているように思われるかもしれませんが、生まれたときから常識を持ち合わせている人間などいないと私は考えます。人間は社会との接点を増やしていく中でルールを学んでいくと思うのですが、最終的には当事者にならないと分からないことも多いと思います。
前置きが非常に長くなってしまいましたが、本書のおかげで今まで気付く事の無かった社会人の方の視点、採用する側の狙いがよくわかりました。読み終わって、本書を読まずに本格的な就職活動に入っていたらどうなっていただろう、と考えた時少しゾクッとしました。
■役立ったコラム■: 「携帯で名乗る」
正直に申し上げて、私は携帯で名乗らない人間でした。しつこい電話勧誘を受けた経験から知らない番号に対する知らず知らずの恐怖感があったからです。
その反面、私は自営業を営んでいる実家の電話が鳴ったときは、必ず受話器を取った瞬間に名乗ります。それまで携帯電話は自分を中心とした狭い世界でのみ使うツールだったため社会性が伴っていませんでした。
しかし、就職活動を迎え社会との接点が生まれた時点で、ツールとしても社会性を伴った使い方、つまりきちんと名乗らなければいけないと気付きました。言われて気付くようじゃ遅い!とお叱りを受けそうですが、せめて二度同じ事を言われない努力をしようと思います。
■今後の期待■:ボランティアで大変だと思いますが、私のような皆様に心から感謝している人間が一人でもいることを誇りに思って下さい。もしエントリーシートが無事通過した際は模擬面接に参加したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.12

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:自分では気付かなかったこと、調べてもわからなかったことがたくさん書いてあって、とても参考になりました。
■役立ったコラム■:やはり「携帯で名乗る」でしょうか。そして就活を家族と共有する」というのも、全く気付かなかったことなので、読んでよかったです。
■今後の期待■:これからもたくさんイベントしてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.10

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界が人気であるため、どこにも内定できないのではないかと不安になり、本やサイト、噂話をもとに「エントリーシートはこうした方がいい。面接ではこう言わなければいけない」と間違った知識バカに陥っていたのだなぁと気づかされました。
OB訪問や会社のHPで業界・企業研究をして、求められている人物像と今までやってきた自分の人生と広告で具体的に何をしたいのか、伝わるエントリーシート及び面接になるまで時間をかけて考えるべきだと教えてもらえた。
就職活動生が陥りやすい間違った活動や考え方をはっきり切り捨ててくれているので、限られた時間の中でどう活動するべきか見えてきた気がします。
■役立ったコラム■:第四章の「なぜ他社に落ちたとおもいますか?」のなかで実際に面接で統一して聞かれた質問内容です。
自分なりに業界研究をしているつもりだったのですが、なんと答えていいのか意図がよくわからないなと思う質問ばかりで、焦りました。求めている人物像やその企業が力を入れていきたい仕事内容などを少し間接的であったり例え話で聞いてくるのだと分かりました。もう少し、自分のなかで明確にしておかなくてはいけないと感じました。
■今後の期待■:集団質問会やエントリーシートチェックや面接練習講座のようなものを開いて頂けるといいな・・・と思っています。
これらはOB訪問をたくさんやれば解決するとは思うのですが、学校にあまりOBがいないため意見が少し偏ってしまうのと、大手の社員の方となかなか連絡が取れなかったり、連絡がついても面接時期とかぶってしまいなかなかお会いできる期間が少ないからです。
また私ではないのですが、女の学生が男のOBの方に訪問した時少し危険な目にあったと聞き、少し不安の中で活動しなくてはいけないという怖さもあります・・・。
難しいかとは思いますが、就職活動の不安を少しでも無くせたらいいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.08

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:学生の自分は勝手な思い込みをしていることが多いということがよく分かりました。
相手の聞きたいことの本意など気づいていない点を指摘してくれた感じです。
■役立ったコラム■:「あなたが上司になるとして、理想の部下はどんな人物ですか?」 よくよく考えれば質問の意図は分かると思いますが、面接で突然聞かれたら、気づかなかったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.06

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■
毎回ブログの方で拝見させて頂いており、プリントアウトしたり、保存したりしてい ました。なので出版され
たと聞いて、絶対に欲しいと思い購入しました。感想は期待通り、とても参考になる内容で大満足です。
■役立ったコラム■
アルバイトと、職業観。
アルバイトの経験を通じて構築された自分自身の職業観、世界観に一旦昇華すること が重要であり、 そのためにも様々な社会人の職業観に触れることが大切という内容に気づかされまし た。
私は少し前まで社会人の方と話す時でも、学生の視点で話をしており、社会人の職業 観を深く認知 できていなかったのだと気づかされ、今では社会人の方の職業観に積極的に触れるようにしています。
このコラムを読むことで、自分の中の職業観が少しブラッシュアップされてきたと思っています。
■今後の期待■
これからも就職に関することや、広告マンとして必要な知識や常識などを配信して欲 しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.04

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:現代っ子の私たちがしらないようなことも明記してくださり、助かった。
■役立ったコラム■: 第一章全て。
携帯電話の浸透、核家族化などにより、コミュニケーションの形が変わったのは知っていたが、ではどのように変化していたのか、というのが分かった。
私たちは圧倒的に大人と話す時間が足りないのか。昔より、大人ともフレンドリーに話すことが多いこともあり、そうかもしれない。
結局、このような本を読んでも、感動するのはどう広告会社に受かるかとかではなく、人間としてどうあるべきか、とかそういうことなのだと思う。
■今後の期待■: OB訪問会に参加したいのですが、どのようにすればいいですか。ご多忙のところ、大変骨の折れることをなさっていると思いますが、このようなことをなさってくださるのが本当にうれしいです。OB訪問やるよ、とおっしゃってくれてもなさってくれない人がいるなか、有言実行(毎日コラム)をなさるのは本当に格好良いと思います。
私は、労協について知るのが遅かったのですが、フォーラムに参加できて本当に良かったです。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.02

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:この本は終始私に新たな発見の気づきを与えてくれました。
はじめの「まず、名乗る」というページでは、当たり前のコミュニケーションマナーを今まで出来ていなかったことに気づき「エントリーシート」のページでは、ESに対するウェイトの置き方や心構えにおいての考え方 ~ESを通過させることが目的ではない、ES通過はスタート地点に立っただけのこと~ ということに気づきました。ESを提出する前にこのことに気づけたことは、とてもラッキーでした。
■役立ったコラム■:話の「編集」
一つのメッセージとして、「自分は役に立つ人物である」ことをアピールすることの大事さが身にしみたからです。方向性がばらばらなエピソードは、面接官の記憶からカットされてしまうのは、人間の記憶には限界があるため仕方ない。一見ばらばらな話でも、シナプスのように繋げることを心掛けていきたいです。
■今後の期待■:広告業界の研究・現状・今後の展望が知れればいいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.31

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: この本をもっと前に読んどけばよかったと思いました。広告だけでなく基礎的な言葉遣いなども書いてあり参考になりました。
■役立ったコラム■:
「社会に正解はない。」
ついつい何をしてもいいか。何をしたらだめか。という明確な答えを求めがちだった私には痛い所を衝かれました。
■今後の期待■: 各広告代理店の個性が今ひとつつかめません。各会社の説明を合同でやっていただきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.29

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:京都F
■■感想■■: 広告業界に限らず、社会人としての最低限のマナーを学びました。
■役立ったコラム■: 「両親に話をしておかなければならない」という内容のコラムを読んで、惨憺たる気持ちになりました。
 僕は大学入学と同時に、逃げるように実家をでて、今まで親の干渉をほぼ受けずに悠々自適に暮らしてきました。そうなったのにはそれなりの理由があるので、自分の中で正当化していました。
 このコラムを目にする少し前に、スーツを取りに実家に帰りました。はやく用事を済ませて帰りたかったので、慌ただしい感じで近況を聞きながらスーツを受け取り、その他にもいろいろと持たされて、家を後にしました。
 駅までの道で僕は、母が少しくたびれた顔で、急に老けて見えたのを思い返していました。すると頭の中がさまざまな思いでいっぱいになり、とうとう涙が出て、僕は帰り道でずっと泣いていました。
 コラムで、両親との意思疎通はコミュニケーションの基本であると書かれているのを見て、その通りだと思いましたし、自分のいちばん身近なひととコミュニケートできない寂しい人間にコミュニケーション能力などあるはずが無いとも思いました。
 コミュニケーションとは何か、もう少し知る必要がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.27

BLOG本感想/甲信越 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: ブログで読ませていただいたものもいくつかありましたが、本に分かりやすくまとめられていることで非常に読みやすかったです。どのコラムも私の胸に響く、大変興味深いものばかりで、これからの就職活動に向けて心機一転頑張っていこうという気持ちが生まれました。
■役立ったコラム■: 2章の「エントリーシートは、期末試験ではない。」の中の『「位置」より「幅」。』というコラムが強く印象に残りました。私自身、高いポジションにいるわけではないので、どのようにアピールしていったらいいのか悩むところではありました。しかし、成長の幅を見せることが自己表現の一つだと知り、自分の今までの「成長」を振り返ることは重要だと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.25

BLOG本感想/関西 女性

新卒年:2006
購入場所:その他書店
■■感想■■: とても読みやすいレイアウトでした。本自体も、めくりやすい質の表紙を使用されていましたし、何より軽い感じがしました。就職活動生にとって、交通の合間などに読みやすく、持ち運びやすく作られているという印象を受けました。
■役立ったコラム■: 「5%のロシアンルーレット。」このコラムは、京都で行われたフォーラムでいただきました。本にも載っていたので、うれしく思います。「電源OK!」の指差し確認は、特に今でも必ずしています。
■今後の期待■: 毎日コラムを更新するのは、とても大変だったと思います。本当に、ありがとうございました。また、新作を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.23

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:非常に参考になりました。今まで全く気付かなかった見方にハッとさせられたり、現状の自分を鼓舞するきっかけとなりました。
■役立ったコラム■:114ページの「情報が対価」というコラムが印象に残りました。情報というものの本質に気付くことができたからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.21

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■: 本書のおかけで、自分がどれだけ無知だったかを知ることができました。「へぇ~」、「なるほど~」を連発しながら読み進め、気付けば半分以上のページをドッグイヤーしてしまいました。「したいです」、「なりたいです」だらけのエントリーシートを読み返してがっかりしましたが、過ぎたことをあれこれ考えず、失敗を成功につなげられるよう努力していこうと思います。
 
■役立ったコラム■:  一番印象に残ったコラムは『「位置」より「幅」。』です。 自分をアピールする方法を、何となくですが掴めたからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.19

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:非常に生々しく、ためになる無いようでした。もう少し早く出会っていれば、もっとよかったのに、と思いました。
■役立ったコラム■:「OB・OG訪問より大切なこと」
このコラムを読んですぐに、親にきちんと説明していないことに気づき、急いで帰郷しました。就職活動をする上で、最も基本的なことを忘れていたと気づきました。今まで育ててきてくれた両親に対して、きちんと責任を果たす必要性に気づかせていただき、ありがとうございました。
■今後の期待■:ネット上の情報も大変貴重ですが、実際にお会いできる機会というのはもっと価値のあるものだと思います。私は広告労協のフォーラムに気づくのが遅く、参加できませんでした。 もちろん不可能なことだとはわかっていますが、同じようなイベントがもう一度あったらどんなによかっただろうと思ってしまいました。来年は、是非、複数回あるといいのではと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.17

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告に限ったことだけでなく、携帯のマナーや面接・エントリーシートのコツなど、就職活動においてはもちろんのこと、社会人になってからも心に留めておきたいことなどが書かれていて非常に役に立ちます。
また、文字も比較的大きくて文章もわかりやすいのですらすらと読むことができ、2時間ほどで読破できました。素直に購入して良かったです。この本を読まずに選考に望むのと読んでから望むのとでは大きく差が出ると思います。
■役立ったコラム■:「なぜ、他社に落ちたと思いますか?」の章の「野球、サッカーの次に来ると思われるメジャースポーツは?」の問いの考え方で、そのスポーツが本当に来るかどうかではなく、私がメジャーにさせます位の勢いの気概を見せようという視点に目からウロコが落ちました。
確かに、広告は売れそうな商品を扱うのではなく、商品を売れるようにするための手段なので、その視点は広告に携わるなら必要なものだと非常に納得しました。
■今後の期待■:これまで広告会社に何人かOB訪問にいっていろいろとお話伺ってきましたが、東京フォーラムではそれまでのOB訪問では聞けなかった話や、広告に対する理解がさらに深まって、本当に参加してよかったです。
私も最初は広告に対する漠然としたあこがれしか持ってませんでしたが、このようなセミナーやOB訪問、本などを通してだんだんと広告に対して抱いていた自分のイメージが具体化してビジネスとして広告を見れるようになってきました。
学生と広告会社のコミュニケーションの架け橋として、これからも情報を届けて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.15

BLOG本感想/関西 女性

新卒年:2007
購入場所:京都F
■■感想■■:
割と基本的なことから具体的なことまで書かれている。広告業界に絞って書かれているのでありがたい。
業界をおおまかに捉える手段としては役立つが、実際の面接で役立てられるかはまだ分からない。
■役立ったコラム■:
面接は二問目からが本番。
1分自己PRがどうしてもうまくいかずに困っていたが、考え方が変わった。
■今後の期待■:
仕組みや組織のかたちがいまいちよく分からない。
でも今のところ利用させていただき、業界研究けっこう助かっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.13

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:学生気分が抜けていないことに、危機感を覚えました。この自覚をまず持ち、意識改革をはじめました。簡潔で分かりやすく、移動時間で読破しました。
■役立ったコラム■:「機関車トーマスの価値観」です。
自分は役に立つ人間であると言える具体的な事を、今、模索しています。
この価値観は、本書の中で「当たり前だけど、最も気づかない事」だったと私は感じました。
■今後の期待■:道に迷わないよう、適宜方向を示して頂きたいと思います。
また、直接人と触れ合う場を多く提供して頂きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.11

BLOG本感想/関西 女性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:移動時間などを利用して読めるので、ブログを本にするというのはすばらしいですね!!
私は広告業界に関する研究がまだまだ足りないと感じているので、本当に勉強になることばかりで、助かっています。
広告業界についての対策が細かく書かれているのが、他の就職本と違う、この本の一番嬉しいところです。
■役立ったコラム■:「まず、名乗る」
当たり前のことなのですが、そういえば今までの自分はできていなかったとはっとしました。
電話口でも、名前を言うことはなくなり、説明会の会場に行っても自分から名乗ることがなかったのです。このコラムを読んでから、さまざまな場面でまず自分を名乗る、ということを意識して行えるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.09

BLOG本感想/四国 男性

新卒年:2007
購入場所:京都F
■■感想■■:
 広告業界に就職するためのアドバイスはもちろん、その他全ての業界へのアドバイス、社会人としてのマナーなども書かれていて非常に参考になりました。
■役立ったコラム■:
私の役に立ったコラムは「機関車トーマスの価値観」です。
これまでは自己PRをする時に、私の経験だけを伝え、「企業の役に立つ」という視点から語れていなかったと思います。本番で、この点が抜けていたら独りよがりの自己PRになり失敗していたと思います。
この段階でこれに気づけたのは大きいと思ったのでこのコラムを選びました。
■今後の期待■:
私の大学から大手広告会社に就職した方は皆無に等しいので、企業研究を進めるためにもOB・OG訪問会のようなものを設けて頂けると非常に有り難いです。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.07

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:就職活動にももちろんだが、生きていく上で重要なことを学んだ気がします。
■役立ったコラム■:「OB・OG訪問より、大事なこと」
就職活動うんぬんではなく、社会人としての心得を改めて学んだからです。
■今後の期待■:またすばらしい機会を提供して欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.05

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 広告業界のみならずどこの業界でも通用するような、内容の部分が多いように感じました。
■役立ったコラム■:機関車トーマスの価値観です。
この部分が、一番自分に足りないと感じました。
頭では解っているつもりでも身体的に「相手にとって役に立つ」ということができていないので、とても心にしみました。
■今後の期待■:筆者単独の講演会を開いてほしいです。公開模擬面接など

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.03

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■: 広告業界だけに限らず企業に就職を希望している学生にとって、「社会に出るための心構え」そして「選考とはいったいなんゾヤ!」ということを知ることの出来る内容だったと思います。その内容に勇気づけられたり、自分のことと照らし合わせ考え直してみたり、時には気の引き締められる思いをしながら読ませて頂きました。
 
■役立ったコラム■: 役に立ったコラムを挙げればきりがないのですが、実用度ナンバーワンとして43ページの「高速掛け算メソッド」を挙げさせて頂きます。
 大きな数の計算に自信が持てず、“私もそろばんやってたらよかったな~”と指をくわえていた私にとっては、本当にありがたいものを伝授していただけたと思っています。
 実際に使ってみましたが、頭の中の回転がスムーズに行われている感覚が大変心地よかったです!(笑)
■今後の期待■: 欲を言えば…大きなフォーラムでのパネリストに大手以外、中小の広告代理店の現役社員さんも呼んで頂けると、大手との比較が出来て学生にとってはさらに有効なものになると思うのですが。改めて、欲を言って済みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.01

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
フォーラムであまりにお勧めするので買ってしまいました。さすが広告代理店の皆様方…。内容も充実していていいです。現場の視点から見たことが多いので勉強になります。
■役立ったコラム■:
エントリーシートは期末試験ではないというコラムに惹かれました。この条件で考えたらほとんどの業種がなくなって業種が絞りやすくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.30

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:  自分の考えはまだまだ甘かったということを痛感しました。この本がきっかけで、一つひとつのことに対し今まだ以上により深く丁寧に取り組もうと思いました。
■役立ったコラム■: 私が最も印象に残ったコラムは『5%のロシアンルーレット』です。
なぜなら、当たり前のことが書いてあったからです。私の場合は、当たり前のことほど忘れてしまうケースが多いので、このコラムを読んでより慎重に準備し行動しようと改めて思いました。
■今後の期待■:  OB・OGの方が少ないので、思うようにOB・OG訪問ができていないのでそういった機会を作っていただければ幸いです。ただ、OB・OGとアポイントをとる過程も重要だと思っているので、自分でも最大限の努力はしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.28

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:今まで、自分が広告業界をどんな甘い考えで志望していたかがわかりました。
本書を読んで、どうにかなるだろうと思っていた自分が恥ずかしくなりました。もっと自分には熱意を行動として表現しなければならないと思いました。大変役に立つ情報が満載で、この値段で買った本の中で最も満足しました。
■役立ったコラム■:「4.なぜ他社に落ちたと思いますか?」の「あなたが興味ある広告を3つ挙げてください」というコラムです。
今まで、いろいろ広告を街を歩いて調べたりしましたが、もっと業界人の目で、研究する必要を感じました。
今まで宣伝会議などはぱらぱら立ち読みで済ませていましたが、今から早速買ってこようと思います。
■今後の期待■:もっと少人数でのOB・OG訪問など企画してくださるとさらに嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.26

BLOG本感想/関西 女性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:広告業界に興味をもっており、題名に惹かれて購入しました。しかし内容を見ると、広告業界に限らずすべての就活生に必要な話ではないかと思いました。
例えば「まず、名乗る」の内容も必要な知識だと思います。
この本を読んだ後に社会人の方の携帯電話に電話をする機会があったのですが、その方もまずは名乗っていました。
ひとつのコラムが短いのであっという間に読むことが出来ました。これからも就活かばんに入れて、読み込んでいきたいと思っています。
■役立ったコラム■: 「おかしいです」はおかしい「です」
このコラムを読んですぐに参加したセミナーでエントリーシートを書く機会がありました。そのときに「~したいです」と書きそうになり、このコラムのことを思い出しました。
このコラムを読んでいたことでおかしな日本語を使うことなく、エントリーシートを書くことが出来ました。
■今後の期待■:フォーラムをもう少し多めに開催していただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.24

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
とてもためになります。特に人事がおかあさん、役員がお父さんの考え方には賛同です。これをマスト品として就職活動乗り切ります
■役立ったコラム■:
割り勘OB訪問
学生、社会人の方の利害が一致した画期的な方法だと思いました
■今後の期待■:できればOB訪問なども積極的に企画していただきたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.22

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 広告労協就職フォーラムには、年が明けて広告業界に興味を持ち始めた時に、ネットで偶然に見つけた。おかげで2月12日のフォーラムに参加でき、この本を手にしているわけだが、フォーラムにも、労協にも感じるのは、熱い、ということである。広告業界への愛だけで、このような事を企画し、本を発刊するにまで至った事に、広告業界を志望するものとしてとても嬉しく感じ、さらにこの業界に魅力を感じるようになった。
■役立ったコラム■: おかしいですはおかしい「です」、というコラムが大変役に立った。自分でも今まで何度も、嬉しいです、やりたいです、と言った使い方をしてきていたので、このコラムを見た瞬間に「やべっ!」と感じた。しかし、早い段階で気付くことができて良かった。言葉遣いに関しては不安に感じることは今まで無かっただけに、これからは慎重に言葉を選ぶようにしようと思う。
■今後の期待■: これからも就職フォーラムなどを充実していって欲しいと思います。フォーラムは終わりましたが、他にも企画があれば是非参加したいと思います。また、模擬面接はどうすれば受けることができるのですか?できれば教えて頂きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.20

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:
就職活動の捉え方が好転した。大学受験とおなじ感覚で挑もうとしていた私にとって、考え直す機会を与えてくれた。いい本だと思う。
■役立ったコラム■:
「エントリーシートは期末試験ではない。」まさに、期末試験的にエントリーシートを捉えていたため。
■今後の期待■:
すぐに読めてしまうところも本書の魅力だと思うが、もっと分量(と情報量)があると嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.18

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
広告業界を目指す私としては、バイブルのように思えました。各セクションが短く、とても刺激的なものばかりでしたので読み入ってしまいました。業界の方が書かれているので更に具体的だったのだと感じます。
■役立ったコラム■:
機関車トーマスの価値観です。
この時期になって、自分が役に立つ人間であることを面接の場で伝えるという最も大事な事を忘れており、それを教えてくれたことです。
しかしながら、あまりにいいコラムばかりで、優劣のつけようがありません。正直、内容の8割は役に立っています。
■今後の期待■:
欲を言えば、本当に広告業界を志望する人たちに対して、模擬面接や志望書の添削などして頂けると有難いです。
また、フォーラム当日に購入した人には、これとは別に一話いただけるというようなことを聞いた覚えがあります。是非読ませてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.16

BLOG本感想/関西 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界だけではなく、一般的に就職活動を行うことに関しての心構えが書いてあり、もう手放せません。本の大きさもちょうどよいので、いつでも持ち歩いています。
■役立ったコラム■:「位置より幅」
何をやったかが大事だと勘違いしていた私に、大変自信をくれました。行ったこと自体は小さなことでも、自分にとって大きな成長になったということに自信を持とうと思います。
■今後の期待■:フォーラムやイベントをまた開催していただきたいです。しかし地方学生なのでなかなか東京にばかり行けません。インターネット上でコラムなどを読ませていただけるのはすごく助かっています。とおりすがりの業界人さんはもうほとんどブログを書かれなくなるとのことですが、閉鎖するのではなく何かしらの情報の発信や別な方のコラム等を読ませていただきたいです。お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 一つ一つのコラムが短くまとまっていてとても読みやすいです。
■役立ったコラム■:
 私が印象に残ったコラムは、「満員電車の中で一番不快なマナー違反は?その解決策は?」です。
このような変わった質問には、広告業界の機能を理解しているかという理由があるということがわかりました。
■今後の期待■:
 ぜひコラムを続けて頂きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.10

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
他の書籍と異なり、実際に広告業界に勤めるとおりすがりの業界人さんの視点から書かれていることから、より具体的に広告業界について理解できたと思います。また、就職テクニックというものではなく、むしろ社会人として当たり前であることを、いち早く気づかせてくれたことに感謝します。
■役立ったコラム■:「まず、名乗る」というコラムです。
私は、最初にこのコラムを見たとき、いつも電話を掛けるときは、自分は名乗っているから、関係ないと思いましたが、大事なのは電話が掛かってきたときに、名乗ることなのですね。
今までの自分を振り返ると、確かに名乗っていませんでしたし、企業側の視点に立つと、不愉快であると思ってしまいます。
このコラムのおかげで、如何に自分の名前を名乗ることが大切かを、再認識することが出来ました。
■今後の期待■: 私は、地方在住者なので、OB訪問の機会が東京の学生に比べて少ないと思います、
自分の足で探すといっても、なかなか卒業生にOBがいないというのは、不便なことが多々あります。
もしよろしければ、集団OB訪問会というものを開催しては下さいませんでしょうか。もし、開催出来たならば、遠方からでも是非参加したいと思います。
よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.08

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:広告業界に所属している人から見た就職活動が書いてあるのところが他の就職本にはなかなか見られずページをめくるたびに感心させられました。
■役立ったコラム■:「おかしいです」は、おかしい「です」。
自分に言葉遣いへの配慮が足りないと感じたからです。~したいです。~おもしろいです。恥ずかしながら当たり前のように使っていました。社会人と話すときに礼儀がなっていないと怒られることが多々あり、どうして自分がこんなにおこられるんだろうと生意気ながらも思っていました。しかしこれを見て言葉遣いがなっていないのか、と感じてしまい本格的に自分の言葉遣いを考え直すきっかけになりました。
■今後の期待■:広告業界に本当に入りたいと思えるやる気を喚起していただける機会がほしいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.06

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:京都F
■■感想■■:とても参考になるものばかりでした。また何度も読み直したいと思います。
■役立ったコラム■:「広告業界に圧迫面接はない。」
学生の間では圧迫面接という言葉をよく聞きます。しかし、確かに言われてみると、就活生の多くが夢を果たせずクライアント側にいくことになると思います。また、厳しい質問をしているというより、面接する方の質問に合った解答をしていない学生側に問題があると思いました。とても役に立ちました。
■今後の期待■:これからも広告業界を支えるべく、頑張っていただきたいと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.04

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:購入した東京フォーラムの帰りの電車の中で最初に開いたのですが、トピックスのタイトルが印象的で、就職のためだけではなく、『読み物』としても楽しめるものでした。
これまでにも就職活動のノウハウ本などに目を通しているのですが、当たり障りのないトピックスが並んでいるものや、何ページにも渡って内容が盛り込まれており、実際読み終わったときにポイントの掴めないものが多いように感じでいました。それとは違い、見出しで十分にポイントが掴め、読み進めるうちに具体的なポイントもつかめる・・・と、読む側として心地のよいリズムですすめられました。
■役立ったコラム■:最後にあった―「選ぶのは人事、選ばれるのは役員」論―が印象的でした。
採用担当者に向けた内容ではありますが、受験側から見ても、共感できるものでした。これは実際に就職活動を始めてみて思ったことなのですが、はじめにエントリーを開始するときには、ネームバリューのある会社ということで、大手から取り掛かる人が自分を含め回りにも多いと思います。 しかし、大手はエントリー人数が多いこともあり、説明会などが形式的なものも多いように感じられます。一方、就職活動をすすめる中で、それまで知らなかった多くの会社に出会い、エントリーすると、そこで開かれる説明会には、社長さんや人事の責任者など役員クラスの方が来て、実際に会社のビジョンや現状を語ってくれること多くあります。すると、社長さんや役員の方の人柄に賛同できるという理由から、志望順位が大手よりそれらの中・小企業の方が上に来ることも多いようです。
■今後の期待■:私の通う学部は、新設なので、まだほとんどの企業に対してOB・OGのツテがありません。なので、サークルに入っていない私は現場の方のお話を聞ける機会が少ないという不安を抱えています。そこで、今回のフォーラムやこのサイトのブログなどによって得られる働く方の意見は、大変ありがたいものです。これからもこのような活動を続けていただけると大変嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.02

BLOG本感想/北海道 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:既にblogで読んでいた内容ばかりで、あらためて買う必要はないかと思っていたが、あらためて読んだことで、就職活動における心構えを再発見・再確認することができたと思う。
■役立ったコラム■:「携帯で、名乗る」
自分の意識を一番改めさせられたコラムでした。マナーは十分身についていると思っていたが、携帯に出るときに名を名乗るということは考えもしていなかったからです。採用者側の視点からとても有用なアドバイスをしていただけたと感じました。
■今後の期待■:広告労協のWebサイトの更新を止めることなく、長く継続させていって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.30

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 得をした!と読んで感じた。知っててよかったと思えるような、教えの数々が書かれている。「広告業界就職のススメ」を読み「あっそうか」「そうだなぁ」と当たり前のことに気づいてなかった自分を知った。広告業界を目指す人にはもちろん、就職活動生全員の助けになる本だ。
■役立ったコラム■: 「携帯で名乗る」
 "ビジネスの世界では名乗ることからスタート"しかし携帯では名乗っていなかった!広告業界就職ノススメを読むまで、携帯で名乗っていないことに気がついていなかった。小さな衝撃だった。企業からだと分っているのに、相手に「○○さんですか?」と何度も確認させていた。言ってもらわなければ気づくことさえできない程、携帯で名乗る習慣がない。携帯で名乗るという基本的なマナーを学び、今後の小さなアピールにつながった。
■今後の期待■: 今後もOB、OG訪問のかわりになるようなイベントや催しを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.28

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:アマゾン
■■感想■■:分かっているようで分かっていなかったところがこと細かく書かれていて、分かりやすかった。とても参考になりました。
■役立ったコラム■:「エントリーシートは期末試験ではない」というところが印象に残りました。お恥ずかしいことながら、僕もこれを読む以前はエントリーシート=期末試験(?)みたいなところがあったのですが、これを読んで少し目が覚めました。『全優』を狙います!
■今後の期待■:面接練習会やエントリーシート対策などがあればやって欲しいと思います。済みませんが、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:blogで拝見しており、プリントアウトして、就職活動の気晴らしに読んでおりました。一冊の書籍になることで、携帯することが楽になり、電車の中で読みやすくなりました。
■役立ったコラム■:
「5%のロシアンルーレット」です。
マナーモードでもいいか、という怠惰なキモチを破棄してくれました。このコラムを読んで以来、説明会のときでさえも、携帯電話の電源を切っております。
■今後の期待■:情報は金になる、ということを知るのが、就職活動の隠れテーマだと考えております。情報をギブする人が、いつも同じ人になっているのなら、いっそのこと、隠し情報を労協からテイクする、というのはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.24

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 広告業界に就職するため、というよりも、広く就職活動全般に関して参考になる内容が多かったと感じました。
 社会人になるための初めの一歩として当たり前かつ学生に足りない部分を見事に指摘されていると思います。とても参考になりました。
■役立ったコラム■: 「5%のロシアンルーレット」
動揺は見透かされる。この言葉に尽きると思います。心理状態はあらゆる行動に影響するので、抜かりない行動を心がけようと思いました。
■今後の期待■: 今後も就活生のサポートを続けていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.22

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:自分が今まで参考にしていた就職本とは全く違う内容でした。広告業界だけでなく、社会人の視点を養うのにとても役立つと思います。私の就職活動を間違いなく後押ししてくれる1冊です。
■役立ったコラム■:話が「長い」学生の方へのアドバイス
私は某キー局の面接で「君、話長いよ~。」と言われ、ショックでした。それから練習したものの、自分ではアピールが低いと違和感を感じていました。コラムの中で、自分では話が多い人になってみて下さい、という一言で悩みが吹き飛びました。気持ちが楽になり、自信を持って面接に向かおうと思います。
■今後の期待■:模擬面接会、参加できなくて残念でした。また機会が頂けたらぜひ挑戦したいと思います。労協のみなさんの活動に感銘を受けました。業界に入る事ができたら、労協が続いて行くようにぜひ参加をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.20

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:京都F
■■感想■■:広告業界を目指す際に役立つことということはもちろんですが、他業界を受ける際にも必要な知識だと感じました。ぜひ広く認知して欲しい書籍です。
■役立ったコラム■:「学生のプレゼン、社会人のプレゼン。」です。
授業や研究室などで何度かプレゼンをしましたが確かに相手のためにしたものではありませんでした。ただの「発表」であったと思います。相手に提案するというプレゼンを心がけるというきっかけになりました。
■今後の期待■:広告労協に期待することはこのまま変わりなく続けてもらうことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.18

BLOG本感想/九州 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界を目指している私たちにはとても役に立つ本だと思いました。広告自体が戦略的な、でも悪い気がしないコミュニケーションだと思います。それゆえに将来携わりたい人間の心構えとしての就職活動の本質が見えた気がしました。
そして、東京開場で購入させていただきました。とおりすがりの業界人さんのサインもいただきました。12日のフォーラムでの激励を、そしてコーディネーター、パネラー、スタッフの皆様のメッセージを、サインを見て忘れないようにしたいと思います。
■役立ったコラム■:機関車トーマスの価値観です。
就職活動はお見合いで、面接やエントリーシートはプレゼンテーションだということをより強く感じました。将来雇ってもらいたいならば相手のメリットを訴えかけないといけない→企業にとって役に立つこと、相手の立場になること。この重要なことを改めて思い出させてくれる内容だったからです。
■今後の期待■:広告労協のトップページのインターフェイスをより使いやすく、見やすくしていただけたら嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.16

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 黒字で濃く要点がかかれてあり、とおりすがりの業界人先生の「要点をわかりやすく、短く」といった”私たち読み手への配慮”と先輩として見本を示すための”自分への戒め”を感じました。
お陰で本当に読みやすかったです。
 
 2月12日(日)の東京フォーラムでは本にわざわざサインまでしてくださり、このような暖かい人達と是非共に働き、自分をぶつけてみたいと思いました。お忙しい中、本当に本当にありがとうございました。滋賀から朝一の新幹線で行った甲斐ありました!!
■役立ったコラム■:「満員電車の中で一番不快なマナー違反は?その解決策は?」
これを見て「電話だな。」と思いました。解決策は「注意すればいい。」と思った瞬間、「小学生的な解決案」と一蹴されました。
いってる事が間違ってないから余計悔しい。手の上で転がされました。悔しいから、とおりすがりの業界人さんが納得する策、ムキになって考えました。色々細かいところまで考えた事。それが楽しかったです。

■今後の期待■: 広告労協、とおりすがりの業界人先生、という存在を大学の早い時期から知りたかった。もっと早くから出会っていたかった。これからは広告に興味のない人でも知りえる存在になっていって欲しいです。もっと早い内からこの業界について勉強したかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.14

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 広告業界に限らず就職活動をする上での心構えのようなもの頭に入れておくためにも他の業界を志望する場合でも読んでおいた方が良い本、という印象を受けました。事実、私自信この本を読んで、かなりとまでは言いませんが多少就職活動に向ける考え方を変えました。また、当然かもしれませんが全体的な内容を把握して再度読み直すとさらに理解が深まるように感じました。
■役立ったコラム■: 「広告業界に圧迫面接はない。」というこらむは全体的に勉強になりました。
なぜかというと(笑)、上記にもありますが心構え的な要素が強いので、自分ならどうしようか、といった具合に考えながら読んでいくことができます。それ故、自然とどうした方が良いのかが分かってくる感じがするからです(やはり長くなりますね)。
■今後の期待■: 東京フォーラム会場でとおりすがりの業界人さんにサインを頂いたので、たまに疲れた時などにそれを見直すと頑張らないと…という気分にさせてくれます。ご多忙な中、大量のコラムをまとめて本を出版していただき、パソコンに向かう癖のない私には非常にありがたい限りです。今後もますますのご活躍を期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.12

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:どうしてもこの業界の本となると、精神論的なものに偏りがちになっていると私は思うのですが、 この本はこの業界に就職するための「具体的なやり方」を書いてくれているのですごく参考になりました。この業界に実際にいる人の、生の話として読ませていただきました。まだ一回しか読んでませんが、この先あと五回は読むことになるでしょう。
■役立ったコラム■:「役員=お父さん、人事=お母さん」論ですね。
今まで会社の人を全部一括りにしている部分が自分にはあって、この話を読んだとき、「ああ、なるほど!」と納得させられました。役員面接まで行って落とされるのは何でだろう?と思っていたのですが、ファーストインプレッションを見ているのだということがわかりました。また人事面接を突破すると人事の人は見方になってくれるのだと知り、安心しました。まあ突破できたらの話ですけどねw
■今後の期待■:私はOBのコネが全くないのでOB訪問できる方を紹介していただけたらすごくありがたいと・・・あとエントリーシートの添削とかしていただけると大変ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.10

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:一章一章を端的に表した見出しや、重要箇所の太字表記等、すっきりとまとめてあり、
大変わかりやすく、読みやすかったです。章の終わりにあるコラムも為になる内容ばかりでした。
広告業界は志望者も多く、狭き門ですが、業界研究の際に、実際にOBの話を聞くなどし自分から動いていかないと、その仕事内容が掴みづらいと言われます。
私は広告業界に絞って就職活動を進めていく予定なので、一見掴みづらいこの業界に向かって進んでゆく道しるべの一つとして、参考にさせていただきます。
■役立ったコラム■:第二章の「エントリーシートは、期末試験ではない。」が一番印象に残りました。
エントリーシートの文章は多くの場合「だ・である」体ではなく「です・ます」体が望ましいという点に、私も共感しながら読んでいたところ、「です・ます」体にするときの鬼門とやらにまんまとはまっている自分に気付きました。「~したいです。」「こうなりたいです。」といった表記を使いがちだったのです。「~と思います」という言い換えで随分与える印象が変わるのですから、そうしたポイントをしっかり押さえ、徹底していきたいと思います。
内容以前の部分でマイナスイメージを与えてしまってはもったいないと思います。こうした基本的な部分を指摘していただけたこのコラムに一票投じさせていただきます。
 
■今後の期待■:先日の東京フォーラムで、とおりすがりの業界人さんは新たな会社の役員としての仕事が忙しく、コラムを更新し続けていけるかわからないとおっしゃっていましたが、私を含め、励まされている学生も多いと思いますので、そのコラムが消えてしまうのは残念に感じます。できる限り続けていただけると有り難いです。
模擬面接や集団OBOG訪問や勉強会など、今後の活動にもどんどん参加させていただきたいと思っています。とても楽しみにしていますので、宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.08

BLOG本感想/関東 女性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:就職活動の実践に役立つような、具体的な話満載で、目から鱗でした。この本を読んでも、影響されてマニュアル化しないだろうという感じを受けました。
■役立ったコラム■:
性差のない登用。性差のない採用。
思わず納得してしまいました。私がOG訪問した方からも、女性も是非仕事を続けてほしい、働く女性のためにも。といわれました。少しでも、今の現状が改善され、管理職でも女性が活躍してほしいです。
■今後の期待■:
今回初めて参加させていただきましたが、大変有意義なものでした。これからも、更なる講座の充実に期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.06

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: ありきたりの就活本と違い、大変わかりやすく、かつおもしろいものでした。
「まず名乗れ」「ESはですます調」「OBOG訪問時の割り勘」「好きな広告は一応志望企業のものをあげた方がいい」など、実は知りたいけどどこに聞けばいいのかわからなかった質問の解決策が満載でした。「広告業界に圧迫面接なし」の理由も非常に興味深く感じました。
 全体を通して一番感じたことは、採用側も、優秀な学生を獲得するのに必死なんだということです。特に人事の方はそれが仕事なわけですから。会社の代表として私たち以上に全力で「採用活動」に取り組んでいるのだなと感じました。そんな人事の方をうならせるほど優秀で、自信を持って役員面接で推してもらえるような存在になりたいです。
■役立ったコラム■: 「話の『編集』」です。
人が一人いれば、それなりの経験もしているし、なんらかのネタはあるでしょう。問題はその見せ方だと思います。同じアルバイトのエピソードでも表現ひとつで飛びぬけるかありきたりのものになるのか変わります。
その、エピソードの選び方やつなぎ方を含めて「編集」というところになるほど!と思いました。
 私自身、ESで何を書いてどこを省くか悩んでいるところです。大事なのはエピソードよりも編集の仕方のだと念頭に置きたいと思います。
■今後の期待■: 具体的な企業対策などはあるのでしょうか。電通対策、博報堂で聞かれがちな質問などがあったら教えていただきたいです。私自身はADKと東急エージェンシーを志望していますので、この2社の特徴があったら知りたいと思います。本には、ADKの次にくるスポーツについての質問はありましたが。
 
 この就職本は、リクルートバックに常に携帯します!軽くて持ち運びやすいですし。またコラムを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.04

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:広告業界に関わらず、これから就活を本格化させていこうとする上でぜひ知っておくべきことが満載でした。また社会人の常識を、いかに私たちが知らないかも痛感させられました。厳しいご意見、どうもありがとうございます。
■役立ったコラム■:【OB訪問・OG訪問より大切なこと】です。
多くの社会人とできる限り話しておけというのは非常に新鮮でした。バイト先で社員の方と仲良くなることはあっても、「社会人」という意識をいつも持っていたとは言いがたいからです。私は仲良くなると歳の差を忘れてしまうことがよくありますが、気をつけていきたいと思いました。
■今後の期待■:この本のように、広い視野で「社会人から見た学生」をこれからも教えていただきたいです。私たちが自分では気づけないことを気づかせてくれる、貴重な存在だと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.02

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:私は、「コミュニケーションとは相手を知ることだ。」と、つねづね 考えています。
就職活動という、より円滑なコミュニケーションが必要な場。そこで、面接官が知りたい事(意図)を知ることができました。この本のおかげで、「伝えたい自分」をスムーズに伝えることができそうです。まことに、ありがとうございました。
■役立ったコラム■:「広告業界に圧迫面接はない。」
広告業界への就職活動という、狭き門。面接官の対応も、かなり厳しいものなのではないか。
そのような先入観が、私の中にはありました。しかし、このコラムを読んで圧迫面接が存在しないということが、
論理的に納得できました。安心して面接に臨めます。もちろん、「だからこそ、空気を読む」ということも、しっかり肝に銘じて。
■今後の期待■:まいにち、HPにお邪魔しております。お忙しい中、ボランティアでここまでしていただき、ありがとうございます。
宣伝会議や広告学校などの教育機関に通っていたことを、面接では言わない方がいいという噂を耳にします。
これは、真実なのでしょうか。
私としては、そこでどのように努力をしてきたか、(課題への取り組みなど)アピールしたいと考えていただけに、少しショックを受けています。
期待することというよりも質問になってしまい、申し訳ありません。これからも、更新を楽しみにしております。
早くサポートする側になれるよう、精進して参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.31

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■: 広告業界に興味を持っていたものの、非常に研究不足だった私にとって、「広告業界就職のススメ」は広告業界を勉強するためにとても有益な情報ばかり詰まっていると思いました。
この一冊を何度も熟読すればある程度の基本的な知識やビジネスマナーを学ぶことができるので毎日かばんに入れて出かけ、会社説明会会場へ向かう電車の中で読んでいます。マス読ライブに参加して、とおりすがりの業界人さんに出会わなければ、いくら広告業界を受験しても、全然進まなかったのではないかと思います。それを考えるととても怖いです。
■役立ったコラム■: 最も印象に残ったコラムは「セカンドオピニオン」です。
就活関係のサイトでいろいろな書き込みを見ると、一つの会社に対する印象や会社説明会の感想を見ても人によって全く違うので、ちょっと影響を受けそうになることがあります。
うわさは人伝に聞く情報は絶対に鵜呑みにせず、参考程度に流してみないといけない、真実は自分の目で見て聞いて確かめないといけないと改めて思いました。
当たり前のことですが、会社選び、就活の仕方は人それぞれなので、どうするかという判断は自分自身でしなければいけないのだと自分の中で再確認できたコラムでした。
■今後の期待■: 私はまだOB訪問などをしていないのでぜひ、広告労協が主催していただけるOB訪問の企画がありましたら、ぜひ参加させて頂きたいと思います。模擬面接もよろしくお願いします。
このようなすばらしいフォーラムなどを広告労協の方々はボランティアでやってくださっていると思うと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
私は広告業界で働けるようになることが恩返しだと思ってこれから内定をもらえるようにがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.29

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:他の就職本とは違い、具体的な内容になっていて分かりやすさだけでなく、面白さも感じました。1つ1つのコラムの量もちょうど良く、読み易さも魅力です。これを常にバッグに入れて就職活動を楽しんでいこうと思っています。
■役立ったコラム■:新規開拓は、内定より難しい。というコラムです。
内定テクニック本だけを頼りに、業界分析もせず社会を知らない学生が大きなことを言うと痛い目に遭うことを再認識しました。しっかり、その業界、企業の状況を把握した上で自分のやりたいことを見つけていかなければと思いました。
■今後の期待■:東京フォーラムに参加したのですが、とてもためになる話しがたくさん聞けました。またとおりすがりの業界人さんにはサインまで頂きありがとうございました。広告労協に期待することというよりは、就職活動生である私たちがもっとGIVE&TAKEの気持ちを持って情報を提供し、双方向のコミュニケーションを行わなくてはと思います。これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.27

BLOG本感想/東海 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:私は、広告業界を目指しています。しかし、OBの方もいないうえ、業界に関する情報が少ないため、本やインターネットに頼らざるを得なかったのですが、業界の方の出版した本ということで、本当に知りたかった情報がたくさん掲載されているので大変嬉しく思います。これを私のバイブルにして、毎回携帯して頑張りたいと思います。この本を知るきっかけとなった広告労協の皆様にも感謝しています。
■役立ったコラム■:採用担当の方へ 性差のない登用。性差のない雇用。というコラム
が大変印象的でした。
女性として見逃す訳はありません。そのような記載のある就活本はあまり見かけたことがないので、印象に残りました。男女は平等であると言われていますが、現実として、未だ女性よりも男性のほうが有利であるということに正直がっかりしました。しかし、だからといって、全く道が閉ざされている訳ではありませんので頑張りたいと思います。
■今後の期待■:地方の学生にとって、広告業界の情報は都心の学生よりも少ないため、不利に感じることが多いです。そして、私に関しては、OBの方がいないので、OB訪問も出来ず、知りたい情報を得ることもできないのが現実です。有益な情報を得るためにも、OBの紹介などしていただけたら幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.25

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:非常に読みやすく、一気に読んでしまいました。目からウロコの考え方ばかりで、参考になりました。頭に入れながらこれからも頑張りたいと思います。
■役立ったコラム■: 理系学生の「規定演技」。というコラムです。
広告とは全く違う学問を勉強している自分にとって、非常に勇気付けられる内容でした。逆に強みにできるということに気づかせてもらいました。就職活動に対して前向きになれたコラムです。
■今後の期待■:模擬面接会があると聞くので、非常に期待しています。また、ブログもこの本で終わらずに、ずっと続けてほしい、と一読者として思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.23

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界だけではなく、就職活動をする上で大変勉強になりました。また将来の自分が何をしたいのか、その道の上に就職活動があるという事を再確認することができ、自分がどうなりたいのか社会の為に何をしたいのかをもう一度考えて見たいと思います。
■役立ったコラム■:
「理想の部下とはどんな人物ですか?」というコラムです。
理想の部下=こんな人と仕事がしたい=こんな自分でありたい。実際に仕事をいていて楽しい人でないと、一緒に働きたいとは思ってもらえない。理想を描いてその自分になる為には何をしなくてはいけないのかを洗い出して実行に移すことが必要であると考えます。
■今後の期待■:
OB訪問のチャンスを広げてほしい。OB面談フォーラムなどがあったら素敵だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界という情報も少なく、OB訪問も満足にできない状態で、このように実用的な著書があることを救いに思います。一日で半分以上読めてしまいます。さらに何度も熟読することでしょう。ありがとうございます。
■役立ったコラム■:広告業界に圧迫面接はないというコラムです。
どのような面接形態なのか、情報も乱立していたので、本書の中で非常にイメージできた部分でした。
■今後の期待■:ぜひともOB訪問のように、社員の方々と接する場を設けていただけたら幸いです。
すばらしい本をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.19

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:まず感じた事は全体的にわかりやすいキャッチフレーズになっていてすらすらと読めるようになっています。東京フォーラムなどで説明などしていただいたのですが、人として当たり前のこと、例えば携帯で名前を名乗るなど、基本的に参考になりました。
■役立ったコラム■: 一番興味を持ったのは5パーセントのロシアンルーレットというコラムです。
最社まずその言葉画何を指すかということに興味を持ちました。私は就活に対して受験生に対する内定者の割合しか考えていなかったのに対して、このコラムでは内定を勝ち取るまでにエントリーシート、一次面接、2次面接、など順に進んでいく事に対して5パーセントずつの割合でリスクが伴うという発想で全体像や先を見る力をつけ、考えないといけないなと思いました。
■今後の期待■:
東京フォーラムに参加してみて、広告労協の皆さんや筆者の方がボランティアにもかかわらず、本気で私たちのことを考えている事に感謝しています。ぜひ広告業界で働きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.17

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:内容はblogでいつも読んでいたものなので新鮮味はありませんでしたが、持ち歩いて電車の中やちょっとした間に読めるのがうれしいです。
■役立ったコラム■:「エントリーシートは、期末試験ではない。」
まさにそのとおりだと思います。自分でも考えを改めるようにしましたし、締め切りギリギリにエントリーシートを書いている友人にその話をすると非常に納得&反省してくれます。
■今後の期待■:いつか一緒に仕事ができることを目標にがんばっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.15

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:さすがに言葉の表現が面白くて、さらっと読むことが出来ました。
内容としてもいわゆる一般的な就職書とは違い、広告業界ならではで気になっている点が網羅されており、参考になりました。
読み終えた感想としては、やはり自分は大きく間違ってはいないかなと、多少の自信にも繋がりました。
こう書くと少し失礼かもしれませんが、多くの就職書は3つの事を伝えているのかなと私は思っています。
「業界特有豆知識情報系」と「自分に気付け情報系」と「大前提情報系」の3つです。
これらが総じて言っているのは、全て「情報」でしかないという事。
情報は飲み込んでから「己」を足してみて初めて意見に変わると思います。
自分を媒体にして脳と五感をフル稼働して、あくまで生き物である面接官とのコミュニケーションをどれだけ楽しんでできるかが勝負だと改めて思いました。
■役立ったコラム■:「おかしいです」はおかしい「です」。
私も九州の小さな漁村集落の出身なのですが、思わず「です」をつけて標準語化完了としてしまう事があります。冷静になれば至極当然のことなのですが、コラムを読む事で、意識を強化する事が出来ました。ありがとうございます。
■今後の期待■:模擬面接には必ず参加しようと考えているのですが、その際には是非とも「全員臨死体験させてやる!!」位のシビアな評価を期待しております。
自分自身がどれほどの人間なのか、実際の面接よりも厳しい位の状況で勝負してみたいと強く思っています。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.13

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:
学生のために書かれているという印象で大変ためになりました。何度も読み返したいと思います。
■役立ったコラム■:
エントリーシートは期末試験ではない。
今の学生の誤認識の代表例だと思います。自分もこう思わないように肝に銘じて就活を勧めて生きたいと思います。
■今後の期待■:
学生同士の交流イベントをしていただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.11

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
とおりすがりの業界人さんが先日のフォーラムでおっしゃっていたように、読んでみたら確かに当たり前のまっとうなことが書かれていると感じたのですが、目から鱗がでるコラムも多々ございました。自分でもびっくりしています。
■役立ったコラム■:
38ページの、「おかしいです」はおかしい「です」は衝撃でした。
私はこれまでのESに普通に「~したいです」と書いていたのでこの本にもっと早く出合えていたらとしみじみと思いました。自分は当たり前のように思っていることが、本来は間違っていることはきっと他にもあると思うので、細心の注意を払っていきたいと思います。
■今後の期待■:
とおりすがりの業界人さんが労協フォーラムを今後続けていくことが難しくなるかもしれない、との話をうかがい、悲しくなってしまいました。それほどまでに、私はとおりすがりの業界人さんのファンになってしまいました。
私も全力で広告業界に就職し、広告労協のお手伝いをしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.09

BLOG本感想/関東 女性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:とても参考になりました。疑問に思っていたことが解決できました。
■役立ったコラム■:携帯で、名乗るというコラムだ。
私も安全のために、携帯にかかってきた電話にでるときには、名乗っていない。でもこれからは社会人として、しっかり名乗るクセをつけようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.07

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:広告業界への就職することのハードルの高さを感じました。また学生の常識と社会人の常識が乖離していっていることを感じました。
■役立ったコラム■:あなたが興味ある広告を三つ上げてください
→一見知識を問われているだけだが、その質問の中に隠された面接官の意図がわかってよかったと思います。
■今後の期待■:もっとこの団体の認知を!
本当に最近になってこの団体の存在を知りました。広告業界を目指す学生の目にもっとふれる機会が増えればよいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
 具体的な内容で分かりやすかった。学生の立場だと意外と分からない常識的なマネーであったり、ルールを再確認できたので役に立ちました。また、OB訪問をする際の気使いなど、まだまだ気配りが足りないと自覚しました。
■役立ったコラム■:
「エントリーシートは期末試験ではない」というコラムです。
たしかに、分かってはいても、締め切りに追われるとどうしても内容が一般論になってしまったりして、自分の個性
を出せないといったケースになりがちかも知れません。今後は、自分をよく知ってもらった上でアピールをするという事を忘れないように心がけようと思います。
■今後の期待■:
 私の大学ではOB訪問をすることが大変困難です。それはOBがいないという以前の問題で、個人情報保護法にかなり敏感になっているせいか、なかなかOBを紹介してもらえません。自分でアポをとると言っても多くの会社研究をする上では限界があります。
 だから私としては、集団でも構わないのでOB訪問に力を入れてほしいと思います。できるだけ多く現場の声を聞きたいと思っています。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.03

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■: 著者であるとおりすがりの業界人さんの、我々学生への心ある応援メッセージが響きます。。。一文字一文字が私のモチベーションを刺激します。
■役立ったコラム■: 「携帯電話で名乗る」
このコラムをブログ上で早い段階から読ませて頂き、現在では、以前より格段にスピード間のある電話応対が出来るようになったと感じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.01

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:私は業界を広告だけに絞っていないので、他の業界にも通用するのか心配していたが、広告だけに限らず全般的な就職活動についてのコラムが多かったのが良かったと思います。
■役立ったコラム■:「携帯で、名乗る」
フォーラムでも仰っていたお話だったので、とても印象に残りました。確かに就職活動中は携帯電話で名乗った方が良いのかも知れませんが、現代の世の中で不用意に「名乗る」行為が全て良いとは思いません。正直申しましてやはり最初から名乗る行為には抵抗がありますが、せめて就職活動中の非通知だけは用心してかかりたいと思うようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.29

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:元々広告業界には興味はありましたが、大学や専攻を考えると、どうなのだろうか
と不安になっていましたが、とおりすがりの業界人さんの本を読んで、自分も挑戦しようと言う気になりました。
高速暗算メソッドは帰りの電車の中で黙々練習してしまいました。みんな知らないのは損だろ~ってプチ幸せを感じました。
この本に書かれていた言葉は広告業界に限らず、私たち学生が社会人になるためにベイシックなスキルだと思いました。
当たり前だけど、言われてみればそうだよねって感じで納得しながら、全編読めました。大切にまた読み返したい思います。
■役立ったコラム■:私が印象の残りましたコラムはP41の「位置より幅」です。
これを読んで、今までのエントリーシートには自分の成長を書いてるだったとでっかいはり千で横からビシャンと
たたかれた感じでした。読んでみて、これからは自分は自分だってことを忘れず、誰かを真似た人生は歩きたくないと思いました。そして、自分のポジションに満足するのではなく、横のふり幅を大切にして、いつどんなときでも
バランスのいい行動・会話ができる人間になりたいと思いました。
■今後の期待■:筆者のとおりすがりの業界人さんはとてもフラットな話やすそうな方でしたが、自分の芯を確実にもってるカッコイイ大人だと思いました。是非、期待というかしてみたいことは飲みたいです。
もっと、自分ととおりすがりの業界人さんで熱いトークをかわしたいと思います。
ちょっとテーマとははずれてしまいましたが、申し訳ありません。是非、心の声を書きたかったので・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.27

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■: 就職のためのマニュアル本ではなく、人として常識に即した視点で書かれていたのがよかったです。
学生は内定を取るためテクニックやハウツーなどをもとめます。そして肝心な中身がスカスカであることに気づきます。しかし「広告業界のススメ」では人として常識があるのかというのが観点として述べられているのでは感じました。特に携帯で名乗ることは当たり前であるのに、名乗らない人がいることにはびっくりしました。そして当たり前が時代によって変わりやすくなっていると考えさせられました。
■役立ったコラム■: 「エントリーシートは期末試験でない」
特に(「位置」より「幅」。)のコラムが大変参考になりました。
自分をいかにすごく見せるのでなく、自分がそこで何をして、何を得たのかを具体的に書くことが必要であるのだと感じました。地に足をつけたエントリーがかけるようがんばります。
■今後の期待■: OB・OGの方との交流会や内定者との懇談会などを企画していただきたいと思います。
フォーラムでも会話はできますが、やはり人が多すぎて聞ける話も十分に聞けてないような気がします。一度時間をたっぷりある中でお話を伺わせていただきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.25

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:ずっとBLOGを読んでいましたが、
一覧性が良く、バイブルとして活用させてもらっています。
■役立ったコラム■:「警備員に道を聞くこと」
僕もOB/OG訪問を精力的に行なっておりますが、
一歩踏み謝ると目的もなく、時間だけを頂いている状況になってしまいます。その点で大変共感しました。
■今後の期待■:これからも精力的なご活動に期待しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.23

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:面接官の見方がわかって面白かった。
広告の場合どういうエントリーシートが通るのか、例にして挙げてもらえると助かった。
■役立ったコラム■:バイオリンの発表会。
話し方を意識しようと思った。
■今後の期待■:OB訪問させていただきたいです。
学校の就職課には個人情報保護の関係で住所しか記載されていません。手紙を送っても返信がないので、したくてもできないという状況です。是非とも宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.21

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:当たり前のことが書かれているのにどれも胸を打つ内容でした。
テクニカルに走るのではなくて、自分自身の根底を見つめなおすきっかけになります。
■役立ったコラム■:まず、名乗るです。
このコラムは労協のホームページでも見たので、二度目になるのですが、実践していない人は大勢いると思います。
僕自身もそうで、このコラムを読んで以来影響を受け、非通知だろうがなんだろうが必ず元気よく名乗るようにしています。そうすることで、社会人に一歩近づいていっているんだなと少しだけ成長した自分を感じています。
■今後の期待■:十分すぎる影響を与えてくださっていますので、これからも変わらずビビッドな情報を発信していってほしいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.19

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:広告業界を志望するに当たって、大人やその業界の人にとって当たり前だけど、学生にとっては当たり前ではないことが書かれていて目からうろこでした。
業界の方から見た就活生に対する提言のような内容で、業界―就活生間のギャップが発見できたのが嬉しかったです。
■役立ったコラム■:「役員=お父さん、人事=お母さん」論。
役員面接レベルになると人事担当の人が協力的に接してくれるというのは言われてハッとした内容でした。人事担当さんが面接をし、それを通過した人たちのことを後押しするというのは、衝撃的でした。
■今後の期待■:生のコミュニケーションがより多く行なえるといいと思います。
しかしながら、忙しい方々が多い業界なので難しいとは思います。近い年代の諸先輩がたともう少し知り合う機会があればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.17

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 就活で必要なマナーの話や今まで自分の知らなかった面接についての話が書かれていてとても満足な内容でした。
■役立ったコラム■: 「おかしいです」は「おかしい」です。
 言われてみるとなるほどと思いました。普段はあまり言葉に対して気を使わないで  生活していたので、直さねばと思いました。
■今後の期待■: OB座談会のような企画をできる範囲で多くやっていただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.15

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:
 一言で言うと成長のキッカケになりました。
 まず、まさに今から本格的な選考を迎えるにあたって、精神的に引き締められました。
また、具体的なポイントに対しての「答え」ではなく「考え方」について語られていたので読み進めながら実際に行動に移しました。
 見たくてもぼやけている目標に対しての虫眼鏡のような存在になりました。ありがとうございます。
■役立ったコラム■:
 「情報が対価」というコラムが特に印象に残りました。
 それはエピソード自体から、仕事に対する誇りを直接感じる事ができました。またコラムでの考え方から、PRという具体的な仕事について新しい興味を発見できたからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.13

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: どのコラムもとても考えさせられる内容ばかりでした。自分自身が正しいと思っていたことやあやふやだったことがこの本を読んですっきりしました。ありがとうございました。
■役立ったコラム■:■エントリーシートは、期末試験ではない■
このコラムを読んだとき、まさに自分に対して言ってくれてるのかと思うぐらい、ドキッとしました。1からもう一度、就職活動に対して考えるきっかけとなったコラムだったので印象に残りました。
■今後の期待■: 私たちのために本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.11

BLOG本感想/関東 女性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
気になっても人に聞くのが、ちょっと恥ずかしい基本の基本が沢山書かれていて、今後の就職活動大きな支えとなってくる一冊だと感じました。
■役立ったコラム■:
携帯で、名乗る
私は、迷惑電話対策のために、あまり名乗っていませんでした。しかし、東京フォーラムに参加した翌日の朝に、03から始まる番号から電話がかかってきました。恥ずかしながらその電話で起きた私は、あわてながらも電話に出ます。もちろんしっかり名乗りました。
なんとその電話は、一時選考通過の知らせで、本当に電話はかかってくるんだ…と感じたと同時に、心から名乗ってよかったと思いました。
そこで一つ質問なのですが、知らない番号からの着信履歴が残っていた場合、かけ直した方がいいのでしょうか?
■今後の期待■:
3月5日の「PR業界就職フォーラム」開催を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 一般の広告業界に関する本には載っていないことが多くあり、今日購入したのですが一気に全て読みきってしまいました。広告業界を解ったつもりでいましたが実はあまり理解していないということに気づき、読んで本当に良かったと思いました。また、広告業界だけでなく、就職活動全般にとても役に立つのではないかと思います。
 今日から新たな気持ちで仕切り直します。「広告業界ノススメ。」に本当に感謝しています。
■役立ったコラム■: 「あなたが興味ある広告を3つ挙げてください」です。その中でも「プロを目指すものとしての視点を入れる」がとても印象に残りました。なぜなら私はウェブエントリーの段階で、消費者の視点からこの質問に答えてしまったからです。失敗を繰り返さないよう、読破して勉強します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.07

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:この本を読んだおかげで本の小さな些細な事が非常に重要だって事に気付かされました。広告業界就職フォーラムでもお話を聞かせて頂いたのですが、名前を名乗る事がいかに重要か等、ビジネスの現場では当たり前の事ができていないことに気付き、社会にでることを改めて戒めれました。
■役立ったコラム■: まず、名乗る。
このコラムが非常に役に立ちました。OB訪問の依頼等の際にまず名乗る事で相手は学生だということを認識し、だいたいの話を察知して頂き話がとても早く進みました。本当に大事なんだなと改めて実感しました。
■今後の期待■:私の周りにには広告代理店の社員の方があまりいないので、社員の方とアポイントをとれるシステムを作って頂けると大変ありがたいと思っています。よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.05

BLOG本感想/関東 女性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: とても具体的でわかりやすく、さすがコミュニケーション能力の高い広告業界の現役社員の方が書いてらっしゃるという印象でした。
■役立ったコラム■: 「OB訪問・OG訪問より大事なこと。」
 携帯電話の普及により社会人と接する機会が減っているというのは目からウロコでした。
■今後の期待■: とおりすがりの業界人さん、お忙しいとは思いますが、ブログ続けてください!とおりすがりの業界人さんがどうしてもダメなら後継者を見つけて下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.03

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
労協のホームページで毎日更新されていたブログを見るのが1日の楽しみでもあり、見て読んで考えることが私自身にとっての課題でもありました。
それが本になり読み返してみると、ものすごく濃い内容でありタメになる内容であり、広告業界に就職するためだけの本ではなく、就職活動にタメになる、ビジネスマンになってからもタメになる本だと思いました。
■役立ったコラム■:
キャラクタービジネスです。
確かにキャラクターは年はとらないし、悪さをして、逮捕されることがない、「なるほど!」と思い、当たり前のことだが、そのことに対して私には盲点でありビックリしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.01

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:以前からブログを拝見させて頂いていたので、あーこんな記事もあったな、という懐かしい気持ちで見させて頂いております。どうしてもBLOGですと、直感的に読めない感覚があったので今回の書籍化は嬉しいお知らせでした。
■役立ったコラム■:健康診断に関する記事です。
就職活動中の学生はどうしても弱い立場になると思います(またはそう思いこんでいることもあるのかもしれませんが)。その点できっちりと批判をして頂いたことに感謝を感じましたし、同時に学生としても、そういう事に意識を持っていかなければならないのだなということを実感致しました。
■今後の期待■:とおりすがりの業界人さんは今後お忙しくなられるとの事ですが、体調を崩されるようご自愛して頂ければと思います。本日東京フォーラムに参加させて頂きましたが、「人間魅力」を存分に感じることが出来ました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.30

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2006
購入場所:京都F
■■感想■■:就職活動中に読んでいたのと、今読むのとでは捉え方に変化があるように思います。
就職活動中はどうしても選考に関することばかりが気になっていましたが、今読み返すと、それ以外の分野にも応用の効くことがたくさん書かれているように思います。
もはや生きていく上で考えるべきことに置き換えることができるほどの書であると気付きました。
■役立ったコラム■:「役員=お父さん、人事=お母さん」論。
やはりこれです!最終無敗の神話はこのコラムと共に語られるものだと思っています。
就職活動中はもちろんこれのおかげで気をつけるべきことを知りました。また、これからの生活でも役に立つコラムだと思っています。ヒトの最終判断、それにはやはり能力などの要因だけではなく、何かある種の直感が物を言うのだと思います。
ヒトに最終決断を迫るキッカケを作るのも広告の仕事だと思います。広告人として気をつけるべきことを知らされたコラムでありました。
あ、実際に彼女の親に会う時ももちろん気をつけますw
■今後の期待■:これからもよろしくお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.28

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
すごく就活に役に立ちそうです。毎日持ち歩き、電車等で読みたいと思います。
■役立ったコラム■:
OB訪問・OG訪問より、大事なこと
やはり、会って満足するだけではダメで、そこで、社会人の方と話すということを経験し、コミュニケーション能力を磨くことが大切なのだと思いました。
■今後の期待■:
模擬面接や、グループワークなどをやらせていただける機会があれば、嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.24

BLOG本感想/東海 女性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:ブログもそうですが、この本は本当は学生がすごく知りたいことで、社会人に直接聞きたいけれどどうやって聞いていいかわからない、面と向かって聞くのは気がひける、といった学生の不安に的を絞ってはっきりと答えが書いてあるので、自分の弱みがわかりやすく、これからの就活にとても役立つものでした。
この本を読むことの出来たわたしはとてもラッキーだ、と思うと同に、ここまで開けっ広げに広告業界就職の秘訣が書かれた本をみんなが見たら、レベルが上がるのでいやだ、とも思ってしまうほど、この本に書かれた内容は魅力的だと思います。
■役立ったコラム■:機関車トーマスの価値観
私はこれまで、単に自分はどういった仕事がしたいのか、どういった広告を制作したいのか、と自分を主体としてばかり考えてきたような気がします。しかし、このコラムを読んで、社会人になるということは、一人で仕事をするわけではないし、会社側も、会社に利益をもたらす人材を欲しがるのだという事実にはっとしました。
サークルやアルバイトなら、自分のやりたいことをやるだけで良いかもしれませんが、ビジネスをするということは自分本位ではいけないということを、改めて考えさせられました。
■今後の期待■:具体的なことになってしまいますが、本日のフォーラムでは、もう少し社員の方々と学生のコミュニケーションが取れたら、と思いました。
しかし、このようなフォーラムにはまた機会があればどんどん参加していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.22

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■: 他の就職本とは違った視点で書かれているものが多く、ためになりました。
■役立ったコラム■:「面接は、2問目からが本番」
私は、一つの話にいろいろな要素を押し込んで話していたときがあったので、このコラムが役に立ちました。次回からはこのコラムにあったように要点を簡潔にして話すようにしたいと思います。
■今後の期待■:本番前に模擬面接をする機会を設けていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.20

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:
一つ一つが短いコラムなのですぐに読み終わりました。ブログの方で一度拝見させていただいているのですが、
忘れていることもありとてもためになりました。ありがとうございます。
■役立ったコラム■:
「機関車トーマスの価値観」です。
「自分が役に立つ」ということを常に意識して話すということは、当たり前であるのですが、私は忘れてしまいがちだったからです。自己PRなどは得てして自己満足になってしまいがちなので、役に立つということをもっと意識して考えて行こうと思いました。
■今後の期待■:
お忙しいところ恐縮ですが、ブログ、なにか新しく書くことがありましたら、更新宜しくお願いします!!とってもためになりますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.18

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:本当に目から鱗の話題ばかりで、この本と出会っていなかったと思うとぞっとします。
■役立ったコラム■:「役員=お父さん、人事=お母さん」論。
このような考え方はまったく思いもよらなかったので。両親ともっと話し合っていこうと思いました。
■今後の期待■:わたしたちと広告労協とのGIVE&TAKEでもっと活性化していってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.16

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2006
購入場所:京都F
■■感想■■:
就職活動中から「広告業界就職ノススメ。」はくまなく読んでいましたので、それをもう一度再確認するといった作業でした。
カンジチに参加しているので、07生にアドバイスをする機会もあるのですが、自分の考えだと思い込んでいたアドバイスも、実はコラムにそのヒントがあり、それを自分なりの言葉で話していたということに気付きました。
■役立ったコラム■:
やはり「役員=お父さん、人事=お母さん」論。です。
「『新しい考え方』に触れた充実感」と「その考えを納得させる『論理性』」において、このコラムが一番だったと思います。
■今後の期待■:
広告労協においては、これからもフォーラムを軸に、就活生と内定者、社員の先輩方が出会える機会を触発していただければと思います。(他人事ではなく、来年からはもちろん僕も協力いたします!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.14

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:
広告労協のブログで見たことのあるもの内容のものだったので、少し残念だったが、画面を通さずに読め、また、自分でいちいち印刷する手間が省けた点は購入してよかったと思った。
■役立ったコラム■:
キャラクタービジネスについて。
広告業界にとってキャラクタービジネスが大事だとは、今まであまり感じていなかった。しかし、このコラムを読んで、その重要性がわかった気がする。JR東日本企画はポケモンの権利を持っていることでかなり収入があるらしいし、入社案内やセミナーでもその重要性を語っている。そのキャラクターが今後どれだけもつかは気になるところだが、キャラクタービジネスの面でも会社を見ていきたいと思った。
■今後の期待■:
今後も学生のためになるブログを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.12

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:アマゾン
■■感想■■:去年から過去ログも含め何度も何度も読んでいたブログですが、プリントアウトするにはあまりにも量が多いので断念していました。
今回このような形で書籍化され、いつでもどこでも持ち運べるようになり、大変感謝しています。
■役立ったコラム■:お世辞ではなく本当に全てのコラムが心に響くものでした。
あえて一つ上げるとするならば『「おかしいです」は、おかしい「です」』。これまで日常的に使っていた言葉が「そう言われれば違うな…」と感じ、このコラムの例だけでなく、日々言葉を使うときにも気をつけるようになりました。
■今後の期待■:特にありません。問題なのは我々学生がこのサイトをどう利用していくか、ということだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.10

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: お話が簡潔でわかりやすく書かれていて、一気に読めました。私が就職活動においてやるべきことを整理することができ、非常に参考になりました。
■役立ったコラム■:「他社の受験状況を教えてください」のコラム。
現場社員・採用担当者・役員のそれぞれの立場からの話が詳しく書かれていて、役に立ちました。
■今後の期待■:本日(2/12)のフォーラムで「今後、模擬面接やOB訪問会を検討中」とお聞きしました。広告業界の方々に接触できる機会は少ないので、それに期待しています。また、それらに参加できるチャンスを広く提供していただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.08

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2008
購入場所:マス読
■■感想■■: 単なる知識・テクニックではなく、受け手により知恵・教養に変換できうる情報に溢れているように思いました。
『白い巨塔』江口洋介演ずる里見の「人間は利益、メリットだけではなく、時に信念に突き動かされることもあるのではないでしょうか」のフレーズをふと思い出し、とおりすがりの業界人様、広告労協様のポリシーというようなものを感じました。
■役立ったコラム■: 『リクスー都市伝説。』を興味深く読ませていただきました。
就職活動時期になると、あからさまに髪を真っ黒に染め直しスーツもバックも化粧も画一的、といった就活生を電車の中でよく見かけてきました。その人ごとに似合う髪方、スーツ、化粧がそれぞれ個別に存在するはずなのに、就活期にはそれらをひた隠さなければならないのだろうか、また企業も学生側に何故それを望むのだろうか。そんな疑問を解体し、さらには常識、情報へのスタンスを改めて考えさせていただきました。
■今後の期待■:
 様々な問題を抱えていらっしゃるにもかかわらず、常にすばらしいものを私たちに届けてくださり本当に感謝しております。
 いつかとおりすがりの業界人様、広告労協クルー様と関わりを持ち、今受けているご恩を返したい。と微力ながら勝手に思いながら、私の持ち場で全力をつくしたいと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.06

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:blogのは、ずっと読んでいました。しかし、コラム同士が体系付けてリンクしてあればという想いがあったので、今回の本のように、テーマごとにまとまって読めるというのは、非常にありがたいことだと思います。
■役立ったコラム■:「話題の選び方」
自分の自己PRや志望動機の軸になっている経験は、すべてM;tGというカードゲームからきています。しかし、おそらく、面接官の99パーセントはそのM;tGを知らないでしょう。
コラムには、広告業界の人が一言の補足説明でわかるようなネタを選ぶべきだと書いてありますが、残念ながらM;tGはそうではありません。しかし、M;tGは自分がこれまでの生活のほとんどの時間を投げ打って打ち込んできたことなので、このネタを軸に自己PRを作っていこうと思っています。
おそらく、今後面接を受けていく中で、何度となく「M;tGって何なの?」と、問われることになると思います。厳しい道を進むことになると思いますが、うまくたとえ話を使ったりすることで、少しでも面接官との知識のギャップを埋めていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.04

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:京都F
■■感想■■:ネット上でもう既に熟読していたのですが、やはり本になると断然便利です。
内容面では、その情報の質も然ることながら、読み物として大変面白いと感じました。ひねりの聞いた言い回しなど、さすがだと感じました。
■役立ったコラム■:「5%のロシアンルーレット」が一番印象に残りました。就職活動で一つアクションを起こすたびにこの言葉を思い出し、気を引き締めています。
■今後の期待■:あえて言うならば、勉強会などの頻度を増やして欲しいということです。
しかし、現状で大満足しています。関係者の方々にはお体に気をつけてがんばってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.02

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:京都F
■■感想■■:まさに広告業界における就職活動の基本となる本だと思いました。
これをマニュアル化するのはよくないとは思いましたがしかし就職活動をする人にとって心の支えになるものだと思います。
■役立ったコラム■:(携帯でも)まず名乗る。
これは本当の本当に基本的なことですが、携帯電話を持つようになり実際に知らない番号から電話がかかって来ても名乗っていませんでした。
名乗ることの重要性を気がつかせてくれたこのコラムが一番印象的でした。
■今後の期待■:いつもお仕事ご苦労様です。
次回の出版はカフェでも話題になった、「広告業界転職のススメ。」を合間を縫って是非とも執筆してはいかがでしょうか?w
期待しております!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.28

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:京都F
■■感想■■:広告業界を目指す人には、とてもタメになる内容が凝縮されていて、手放せない本となりそうです。
■役立ったコラム■:「割り勘OBOG訪問」のススメ。の「機会」の割り勘。
理由は、この考えを知ることによって、より効率的にOB訪問をすすめることが出来るようになったからです。
OBとのアポをとる労力が軽減され、より時間を他のことにまわせるという点で、本当にすばらしい考え方だと思い、実践しています。
■今後の期待■:できることなら、是非再度模擬面接の機会を設けて頂きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)