« 2009年10月 | トップページ

2009年11月

2009.11.14

「本村弁護士流読むだけで賢くなる勉強法」

「行列のできる法律相談所」をはじめバラエティで活躍中の本村健太郎弁護士は、私の中学以来の同級生で演劇部も一緒だった友人です。「本村弁護士流読むだけで賢くなる勉強法(以下「本村流」)は、中学以来彼の勉強の燃費のよさを見てきた私にとって、一種の謎解きのような本でした。

基本的には忙しいビジネスマン向けの勉強術という内容ですが、就活生も忙しいことには変わりありません。時間の間を縫って一般常識やTOEIC対策をしている学生にとっても、示唆に富んだ書籍と言えるでしょう。

「本村流」のもっとも端的な主張は「本業以外の勉強なら、勉強にかかるハードルを思いっきり下げ、そのかわり勉強を習慣化しろ」ということです。彼は「読むときにラインマーカーを使うな」と言います。もともとよくポイントがよく編集されている参考書においては、ラインマーカーを使うことは勝手に自らが決めたハードルであり、ペンを忘れたら勉強しないというようなつまらない言い訳にしかならないと。

このような徹底した習慣化のためにはどのように徹底したアプローチをとればよいかを、在学中に合格した司法試験や、最近彼がわずか2ヶ月で取得した「世界遺産検定」を例に、わかりやすく語りかけています。

司法試験は別にしても、就活生でいえば「本村流」のメソッドはSPIやマイクロソフトの各種資格など「一定の試験範囲を持つ資格試験」には極めて有効に働くと思います。ご一読あれ。

|

« 2009年10月 | トップページ