« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.30

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: ありきたりの就活本と違い、大変わかりやすく、かつおもしろいものでした。
「まず名乗れ」「ESはですます調」「OBOG訪問時の割り勘」「好きな広告は一応志望企業のものをあげた方がいい」など、実は知りたいけどどこに聞けばいいのかわからなかった質問の解決策が満載でした。「広告業界に圧迫面接なし」の理由も非常に興味深く感じました。
 全体を通して一番感じたことは、採用側も、優秀な学生を獲得するのに必死なんだということです。特に人事の方はそれが仕事なわけですから。会社の代表として私たち以上に全力で「採用活動」に取り組んでいるのだなと感じました。そんな人事の方をうならせるほど優秀で、自信を持って役員面接で推してもらえるような存在になりたいです。
■役立ったコラム■: 「話の『編集』」です。
人が一人いれば、それなりの経験もしているし、なんらかのネタはあるでしょう。問題はその見せ方だと思います。同じアルバイトのエピソードでも表現ひとつで飛びぬけるかありきたりのものになるのか変わります。
その、エピソードの選び方やつなぎ方を含めて「編集」というところになるほど!と思いました。
 私自身、ESで何を書いてどこを省くか悩んでいるところです。大事なのはエピソードよりも編集の仕方のだと念頭に置きたいと思います。
■今後の期待■: 具体的な企業対策などはあるのでしょうか。電通対策、博報堂で聞かれがちな質問などがあったら教えていただきたいです。私自身はADKと東急エージェンシーを志望していますので、この2社の特徴があったら知りたいと思います。本には、ADKの次にくるスポーツについての質問はありましたが。
 
 この就職本は、リクルートバックに常に携帯します!軽くて持ち運びやすいですし。またコラムを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.28

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:広告業界に関わらず、これから就活を本格化させていこうとする上でぜひ知っておくべきことが満載でした。また社会人の常識を、いかに私たちが知らないかも痛感させられました。厳しいご意見、どうもありがとうございます。
■役立ったコラム■:【OB訪問・OG訪問より大切なこと】です。
多くの社会人とできる限り話しておけというのは非常に新鮮でした。バイト先で社員の方と仲良くなることはあっても、「社会人」という意識をいつも持っていたとは言いがたいからです。私は仲良くなると歳の差を忘れてしまうことがよくありますが、気をつけていきたいと思いました。
■今後の期待■:この本のように、広い視野で「社会人から見た学生」をこれからも教えていただきたいです。私たちが自分では気づけないことを気づかせてくれる、貴重な存在だと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.26

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:私は、「コミュニケーションとは相手を知ることだ。」と、つねづね 考えています。
就職活動という、より円滑なコミュニケーションが必要な場。そこで、面接官が知りたい事(意図)を知ることができました。この本のおかげで、「伝えたい自分」をスムーズに伝えることができそうです。まことに、ありがとうございました。
■役立ったコラム■:「広告業界に圧迫面接はない。」
広告業界への就職活動という、狭き門。面接官の対応も、かなり厳しいものなのではないか。
そのような先入観が、私の中にはありました。しかし、このコラムを読んで圧迫面接が存在しないということが、
論理的に納得できました。安心して面接に臨めます。もちろん、「だからこそ、空気を読む」ということも、しっかり肝に銘じて。
■今後の期待■:まいにち、HPにお邪魔しております。お忙しい中、ボランティアでここまでしていただき、ありがとうございます。
宣伝会議や広告学校などの教育機関に通っていたことを、面接では言わない方がいいという噂を耳にします。
これは、真実なのでしょうか。
私としては、そこでどのように努力をしてきたか、(課題への取り組みなど)アピールしたいと考えていただけに、少しショックを受けています。
期待することというよりも質問になってしまい、申し訳ありません。これからも、更新を楽しみにしております。
早くサポートする側になれるよう、精進して参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.22

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■: 広告業界に興味を持っていたものの、非常に研究不足だった私にとって、「広告業界就職のススメ」は広告業界を勉強するためにとても有益な情報ばかり詰まっていると思いました。
この一冊を何度も熟読すればある程度の基本的な知識やビジネスマナーを学ぶことができるので毎日かばんに入れて出かけ、会社説明会会場へ向かう電車の中で読んでいます。マス読ライブに参加して、とおりすがりの業界人さんに出会わなければ、いくら広告業界を受験しても、全然進まなかったのではないかと思います。それを考えるととても怖いです。
■役立ったコラム■: 最も印象に残ったコラムは「セカンドオピニオン」です。
就活関係のサイトでいろいろな書き込みを見ると、一つの会社に対する印象や会社説明会の感想を見ても人によって全く違うので、ちょっと影響を受けそうになることがあります。
うわさは人伝に聞く情報は絶対に鵜呑みにせず、参考程度に流してみないといけない、真実は自分の目で見て聞いて確かめないといけないと改めて思いました。
当たり前のことですが、会社選び、就活の仕方は人それぞれなので、どうするかという判断は自分自身でしなければいけないのだと自分の中で再確認できたコラムでした。
■今後の期待■: 私はまだOB訪問などをしていないのでぜひ、広告労協が主催していただけるOB訪問の企画がありましたら、ぜひ参加させて頂きたいと思います。模擬面接もよろしくお願いします。
このようなすばらしいフォーラムなどを広告労協の方々はボランティアでやってくださっていると思うと本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
私は広告業界で働けるようになることが恩返しだと思ってこれから内定をもらえるようにがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.20

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:他の就職本とは違い、具体的な内容になっていて分かりやすさだけでなく、面白さも感じました。1つ1つのコラムの量もちょうど良く、読み易さも魅力です。これを常にバッグに入れて就職活動を楽しんでいこうと思っています。
■役立ったコラム■:新規開拓は、内定より難しい。というコラムです。
内定テクニック本だけを頼りに、業界分析もせず社会を知らない学生が大きなことを言うと痛い目に遭うことを再認識しました。しっかり、その業界、企業の状況を把握した上で自分のやりたいことを見つけていかなければと思いました。
■今後の期待■:東京フォーラムに参加したのですが、とてもためになる話しがたくさん聞けました。またとおりすがりの業界人さんにはサインまで頂きありがとうございました。広告労協に期待することというよりは、就職活動生である私たちがもっとGIVE&TAKEの気持ちを持って情報を提供し、双方向のコミュニケーションを行わなくてはと思います。これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.18

BLOG本感想/東海 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:私は、広告業界を目指しています。しかし、OBの方もいないうえ、業界に関する情報が少ないため、本やインターネットに頼らざるを得なかったのですが、業界の方の出版した本ということで、本当に知りたかった情報がたくさん掲載されているので大変嬉しく思います。これを私のバイブルにして、毎回携帯して頑張りたいと思います。この本を知るきっかけとなった広告労協の皆様にも感謝しています。
■役立ったコラム■:採用担当の方へ 性差のない登用。性差のない雇用。というコラム
が大変印象的でした。
女性として見逃す訳はありません。そのような記載のある就活本はあまり見かけたことがないので、印象に残りました。男女は平等であると言われていますが、現実として、未だ女性よりも男性のほうが有利であるということに正直がっかりしました。しかし、だからといって、全く道が閉ざされている訳ではありませんので頑張りたいと思います。
■今後の期待■:地方の学生にとって、広告業界の情報は都心の学生よりも少ないため、不利に感じることが多いです。そして、私に関しては、OBの方がいないので、OB訪問も出来ず、知りたい情報を得ることもできないのが現実です。有益な情報を得るためにも、OBの紹介などしていただけたら幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:非常に読みやすく、一気に読んでしまいました。目からウロコの考え方ばかりで、参考になりました。頭に入れながらこれからも頑張りたいと思います。
■役立ったコラム■: 理系学生の「規定演技」。というコラムです。
広告とは全く違う学問を勉強している自分にとって、非常に勇気付けられる内容でした。逆に強みにできるということに気づかせてもらいました。就職活動に対して前向きになれたコラムです。
■今後の期待■:模擬面接会があると聞くので、非常に期待しています。また、ブログもこの本で終わらずに、ずっと続けてほしい、と一読者として思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.14

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界だけではなく、就職活動をする上で大変勉強になりました。また将来の自分が何をしたいのか、その道の上に就職活動があるという事を再確認することができ、自分がどうなりたいのか社会の為に何をしたいのかをもう一度考えて見たいと思います。
■役立ったコラム■:
「理想の部下とはどんな人物ですか?」というコラムです。
理想の部下=こんな人と仕事がしたい=こんな自分でありたい。実際に仕事をいていて楽しい人でないと、一緒に働きたいとは思ってもらえない。理想を描いてその自分になる為には何をしなくてはいけないのかを洗い出して実行に移すことが必要であると考えます。
■今後の期待■:
OB訪問のチャンスを広げてほしい。OB面談フォーラムなどがあったら素敵だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.10

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界という情報も少なく、OB訪問も満足にできない状態で、このように実用的な著書があることを救いに思います。一日で半分以上読めてしまいます。さらに何度も熟読することでしょう。ありがとうございます。
■役立ったコラム■:広告業界に圧迫面接はないというコラムです。
どのような面接形態なのか、情報も乱立していたので、本書の中で非常にイメージできた部分でした。
■今後の期待■:ぜひともOB訪問のように、社員の方々と接する場を設けていただけたら幸いです。
すばらしい本をありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.08

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:まず感じた事は全体的にわかりやすいキャッチフレーズになっていてすらすらと読めるようになっています。東京フォーラムなどで説明などしていただいたのですが、人として当たり前のこと、例えば携帯で名前を名乗るなど、基本的に参考になりました。
■役立ったコラム■: 一番興味を持ったのは5パーセントのロシアンルーレットというコラムです。
最社まずその言葉画何を指すかということに興味を持ちました。私は就活に対して受験生に対する内定者の割合しか考えていなかったのに対して、このコラムでは内定を勝ち取るまでにエントリーシート、一次面接、2次面接、など順に進んでいく事に対して5パーセントずつの割合でリスクが伴うという発想で全体像や先を見る力をつけ、考えないといけないなと思いました。
■今後の期待■:
東京フォーラムに参加してみて、広告労協の皆さんや筆者の方がボランティアにもかかわらず、本気で私たちのことを考えている事に感謝しています。ぜひ広告業界で働きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.06

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:内容はblogでいつも読んでいたものなので新鮮味はありませんでしたが、持ち歩いて電車の中やちょっとした間に読めるのがうれしいです。
■役立ったコラム■:「エントリーシートは、期末試験ではない。」
まさにそのとおりだと思います。自分でも考えを改めるようにしましたし、締め切りギリギリにエントリーシートを書いている友人にその話をすると非常に納得&反省してくれます。
■今後の期待■:いつか一緒に仕事ができることを目標にがんばっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.04

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:さすがに言葉の表現が面白くて、さらっと読むことが出来ました。
内容としてもいわゆる一般的な就職書とは違い、広告業界ならではで気になっている点が網羅されており、参考になりました。
読み終えた感想としては、やはり自分は大きく間違ってはいないかなと、多少の自信にも繋がりました。
こう書くと少し失礼かもしれませんが、多くの就職書は3つの事を伝えているのかなと私は思っています。
「業界特有豆知識情報系」と「自分に気付け情報系」と「大前提情報系」の3つです。
これらが総じて言っているのは、全て「情報」でしかないという事。
情報は飲み込んでから「己」を足してみて初めて意見に変わると思います。
自分を媒体にして脳と五感をフル稼働して、あくまで生き物である面接官とのコミュニケーションをどれだけ楽しんでできるかが勝負だと改めて思いました。
■役立ったコラム■:「おかしいです」はおかしい「です」。
私も九州の小さな漁村集落の出身なのですが、思わず「です」をつけて標準語化完了としてしまう事があります。冷静になれば至極当然のことなのですが、コラムを読む事で、意識を強化する事が出来ました。ありがとうございます。
■今後の期待■:模擬面接には必ず参加しようと考えているのですが、その際には是非とも「全員臨死体験させてやる!!」位のシビアな評価を期待しております。
自分自身がどれほどの人間なのか、実際の面接よりも厳しい位の状況で勝負してみたいと強く思っています。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.02

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:
学生のために書かれているという印象で大変ためになりました。何度も読み返したいと思います。
■役立ったコラム■:
エントリーシートは期末試験ではない。
今の学生の誤認識の代表例だと思います。自分もこう思わないように肝に銘じて就活を勧めて生きたいと思います。
■今後の期待■:
学生同士の交流イベントをしていただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »