« 05生:関東 男性 音楽関係 | トップページ | BLOG本感想/関西 男性 »

2009.01.05

06生:関東 男性 新聞社広告部門

■■進路以外での内定社■■:なし

■■落選社■■:広告4社
■■就職活動で学んだこと■■:社会は想像以上に厳しいということと、その一方で意外と甘すぎる部分もあるということ。

■■交通費■■:3
■■書籍・資料代■■:0,5
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2004年05月以降
■■知ったきっかけ■■:検索か何かで、失礼ながら全くの偶然です。他の方々より出遅れていたので2005年3月下旬くらいに出会いました。
■■労協イベントの感想■■:

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,blogコラム
■■労協コンテンツの感想■■:ワンポイントアドバイスと過去ブログはすべて大変参考になりました。とりわけ具体例や実例に基づいたものが良かったです。
■■労働組合に対するイメージ■■:ただでさえ忙しい広告業界においてここまで親身になってアドバイスしてくださる活動に対してただただ頭の下がる思いです。

■今後の労協ご意見■:どちらかと言えば広告労協さんへというよりも、それを利用する方々への感想になってしまいますが、やはりやや一部の就活生の仲間内だけの閉鎖的な雰囲気を感じてしまいます。これはかなり遅い時期にたまたま広告労協さんに出会ったという私の立場が影響している偏見なのかもしれませんが、既存の利用者の方々からは、より多くの就活生とこの素晴らしい場を共有しようという雰囲気はあまり感じられませんでしたし、この場を知っていて利用している人はそうでない人より意識が高くたいていの場合優秀であるみたいな無言の仲間意識みたいなものを感じました。
勿論このようなことは当然かもしれませんが、私が偶然広告労協さんに出会ったことでとても助けられたりしたように、既存の利用者の方もそうで無い方も大部分はその違いは紙一重だと思います。無論、自分で調べる積極性だとか、労協さんの負担増加だとかいうことももっともですが、それらの理由によって利用者と非利用者の区別が過剰に強調されすぎて、結果的に友人関係や偶然や運といったふるいによって、広告労協さんの主旨にあった学生までをもお互いに無意識のまま門前払いしていることも多々あると思います。
分かりにくい例えですが、「広告業界の組合組織による発明という意味でいわゆるマスコミ塾よりオフィシャルな性格を持つ団体が、結果的に利用者の中で仲間内でのサークルのような雰囲気が出てきた」ように感じています。
実際はそうで無いかもしれないし、そうだとしても感想は人それぞれだと思いますが、少なくとも私は少なからず閉鎖性を感じます。

|

« 05生:関東 男性 音楽関係 | トップページ | BLOG本感想/関西 男性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/4137686

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:関東 男性 新聞社広告部門:

« 05生:関東 男性 音楽関係 | トップページ | BLOG本感想/関西 男性 »