« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008.12.30

04生:関西 男性 制作会社

■■進路以外での内定社■■:
広告業界1社、他1社
■■落選社■■:
3社
■■就職活動で学んだこと■■:
 去年の夏の広告会社でのインターンシップに始まり、就職活動で実際に多くの社会人に触れて、社会に出て、学生時代では感じることのできない喜びや、やりがいを感じたいと前向きになれました。 また、反対に学生時代とは全く異なり厳しく、激しい世界であることも理解できました。 友人関係では、「マスコミ」というものを一緒に目指す仲間が多くできました。彼らに支えられたことで頑張れたことが多くあったと思います。広告業界をはじめとするマスコミに内定した仲間はもちろん、他の企業に内定した友人とも今後の繋がりを深めていきたいと思います。 幅広い業種、企業を受けたので自然と日本の経済の動きを感じることができました。一般企業と仕事を創っていく広告業界で働くうえでとてもプラスになったと思っています。
■■交通費■■:
35
■■書籍・資料代■■:

■■セミナー参加費■■:
15
■■来訪頻度■■:
ほぼ毎日
■■知った時期■■:
2003年04月
■■参加イベント■■:
ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:
A社プレゼンアドバイス、B社企業情報が役に立ちました。ありがとうございました。また、進路を決める際に、労協の方々のお話しも参考になりました。
■■利用コンテンツ■■:
就職課掲示板,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:
ワンポイントアドバイスはとても参考になりました。
■■■■労働組合に対するイメージ■■:
真剣に学生の就職支援を行ってくれているのだなあと感じました。
■今後の労協ご意見■:
私は、広告労協のことを知ったのが遅く、友人に労協のことを聞き登録しました。ですので、活用したい学生は多いと思うのですが、労協を知る機会が少ないように思います。実際に、私の周りの広告を目指す友人も、広告労協のことを知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.28

05生:関西 女性 通信会社

■■進路以外での内定社■■: ありません。

■■落選社■■:約30社

■■進路を決めた理由■■:この会社は私に合っていると感じたので、就職活動を終了させました。
研修を通して、同期や会社の方々と接していく上で、そう感じました。卒業して、私がしたかった広告の仕事をするよりも、先に、自分に合っているこの会社 で、自分らしく仕事をして自信をつけようと思います。
それから、目指すものを追求したいです。

■■就職活動で学んだこと■■:就職活動をし始めてからというもの、自分が自分のことを全然考えていなかったということを痛切に感じました。
どんな仕事がしたいか、どうしてそれが好きなのか、何をどういう基準でしてきたのか。自己分析だけではなく、社会や仕事、友人に関しても考えるシーンが多くありました。「無意識を意識化する」ことが大切だと気づきました。

結局は6月に内定を頂いていた会社で働くことになりますが、いままでがんばってことを後悔していません。
就職活動をしていなければ、広告業界を目指していなければ、今の自分はないです。自己分析、圧迫面接、セミナーばかりの日、つらいことも多かったです。同じ業界を目指してがんばっている友人がいたからこそ自分もがんばれたのだと思います。

■■交通費■■:30
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2004年03月
■■労協イベントの感想■■:フォーラムに参加しておきたかった!と思っています。とても残念です。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,カフェテリア,コラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:ブログでの、面接・GDに関する(例えば、役員=お父さん 人事=お母さん論など)コラムが良かったです。
やはり、面接やGDでは自分のことしか見えずひとりよがりになりがちです。
コラムで、第三者の視点を知り、客観的に自分の面接・GDの態度を見直すことができました。

■■労働組合に対するイメージ■■:はじめにHPを拝見したときは近寄りにくいイメージを受けましたが、カフェやオフ会に参加していくにつれて、親しみやすいイメージに変わっていきました。

■今後の労協ご意見■:もっと親しみやすいHPのデザインにしてはどうでしょうか?自治会掲示板や就職課掲示板という名前も少し堅い雰囲気がします。そうすれば、もっと学生が入ってきやすいですし、学生の方からも情報を積極的に提供してくれるようになるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.26

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2010
購入場所:その他書店
■■感想■■:
本書の内容は就活全般に役立つことであり、タイトルが広告業界となっていることで読者層を狭めてしまっているのが実にもったいなく感じる。
つまりそれほど内容に深さがある。著者の、同じ業界人に迎い入れてあげたいという学生に対する熱い想いと誠意が感じられる。
またテクニック本がはびこる今、このような当たり前で見落としがちな点を淡々と指摘していく本の価値は非常に高いように思う。
■役立ったコラム■:P164の「選ぶのは人事~」というコラムが印象に残った。
 
 ここに描かれている内容は私たち学生にはどうしようもないことだし、多くの企業がこれからこのコラムが語っている理想的な採用をしていくことも考えにくい。しかしこのコラムは学生の精神面にゆとりを与えてくれる。
 入念に準備しなくては第一志望の内定は得られないが、入念に準備しても100%内定がもらえる保証はない。そのことがプレッシャーになる学生も多い。
 そんなときにこのコラムを読めば、ああ現場はそうなのかと妙に安心できるのではいか。その安心感の上で今まで培ってきた実力を発揮させれば、実力を相手に伝えることができる。仮にその面接で落ちても実力は発揮できたが縁がなかっただけだと後に引きずらないですむのではないだろうか。


■今後の期待■:
就活生全般に向けた本を執筆して欲しい。

| | コメント (0)

2008.12.24

09生:関東 女性 広告会社

■■進路以外での内定社■■: 広告2社 他1社
■■落選社■■: 広告4社
■■進路を決めた理由■■:
・インターネットという領域に魅力を感じた。
 (ここ10年程度で急成長してきた分野で、広告の中でもまだまだ未開拓であり、
  これから面白くなっていくのではないかと感じたため。)
・iメディアの専門家としてクライアントに提案できる点。
 (=単にiメディアの領域だけでなく、他のメディアも含めてクライアントに提案できる。)
・大手の子会社なので、いままでの広告に関する蓄積があり、活用していくことができると感じたため。
・社員数が少ないところが良かったので。(その方が多くのことに携れるように感じたため。)
■■就職活動で学んだこと■■:
・自分から積極的に、貪欲に動いていくことの大切さを知りました.
・また、自分の考えや価値観、バックグラウンドが違う人とより多く出会い、話すことで 自分が今までに知り得なかったこと、考えもしなかったことに触れることができて それがとても有意義だったと感じています。
・「自分はどんな考えを持っている人間なのか」「なにをしたいのか」「何によって動かされるのか」
 …自分のことは自分がよく分かっていると思っていましたが、実はそんなことなくて 就職活動を通して自分と対話する機会を多く設けることで、やっと知ることができました。
 また、それによって将来の夢や目標が見つかったので、沢山悩んでよかったなと思っています。
・社会人になるにあたっては、入社することがスタートで、自分を成長させる努力をやめてはいけないと思っています。ですので、例え内定先の会社が3年後に倒産したとしても、 自分の足で立っていられるような強い人間、代わりのいない自分になれるように努力していきたい と思っています。
■■交通費■■:10
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知ったきっかけ■■: 広告業界を目指し始めたのが遅く、広告のことをネット上で調べていたら辿り着きました。

■■参加イベント■■:OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:
私が労協を知ったのは5月くらいだったので、OB/OG訪問会にしか参加していませんが、OB/OGのみなさんが親身になってお話して下さったこと、また社内の内情を詳しく教えて下さったことは本当に役に立ちました。
また、広告労協Fさんにも大変お世話になりました。ありがとうございました。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,blogススメ,blog挨拶専用
■■労協コンテンツの感想■■:
役に立った情報
→自治会掲示板の内容
 (イベントの情報はもちろん、募集を行っている企業の情報までも一箇所でまとめて見ることができて便利でした。)
■■労働組合に対するイメージ■■:
労組というもの自体の存在は知っていましたが、給料に関する訴えかけをするところというような漠然としたイメージしかありませんでした。
ですが、本当に働く人のことを考え、就職活動にまで目を向けて活動されていると知って労働者にとっての助け、支えみたいなものなのかな?と感じるようになりました。
■今後の労協ご意見■:
一点申し上げるとすれば、もちろん、お仕事の傍らで労協の活動をなさっていて難しいこともあるのかもしれませんが、少し遅い時期にもセミナーのようなものがあると良いのではないかな?と思いました。

| | コメント (0)

2008.12.22

05生:九州 男性 メーカー

■■進路以外での内定社■■:広告1社

■■落選社■■:広告2社

■■進路を決めた理由■■:自分のキャリアプランを考えたときに有利だと考えたから。また2晩や3晩徹夜して仕事はしたくないと考えたから、あくまで仕事とは自発的に行うもので、それが実現できそうな会社だったから。世界的に有名な経営者への憧れ+ものづくりへのこだわり。
■■就職活動で学んだこと■■:世の中はまだまだ堅いと感じた。社会人は忙しいためか、学生のことをあまり考えていないとも感じた。先輩方は非常にアクティブで、正直初めはカルチャーショックを受けた、ぐらいすごいと感じた、しかし今考えると自分も負けないぐらい成長したと思う。同期のみんなにはたくさんのパワーをもらったし、やる気も注いでくれた、深謝。
■■交通費■■:30
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:0.15
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2003年11月
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:面接はある程度テクニックがあると思います。抽象的にアドバイスするよりは具体的にプレゼンテーションの方法をアドバイスすると就職活動生は非常に助かると思います。しかし、対象の学生が多すぎて不可能だと思います。模擬面は友達が増えたことは非常に良かったですが、本番の面接に対してはあまり役には立ちませんでした。
■■利用コンテンツ■■:コラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:Blogは非常にレベルの高いことを書いていると思います、しかし就職活動を始めた当初は自分の力のなさのためか、理解できないことが多かったと感じています。そしてこんなにも長く続けていることに驚きと共に敬意を表します。
スケジュールは自分の就職活動をイメージする上で非常に役に立ちました。どの程度のスパンで次回の面接や筆記が来るのか具体的描くことができました。カフェでは広告業界を目指す多くの同期と共にやる気を得ることができました。
■■労働組合に対するイメージ■■:正直労働組合のイメージがまだわきません。しかし広告労協に限っては就職活動生の面倒を見ているというイメージが強いです。実際いろいろな交渉はしているのでしょうか?
■今後の労協ご意見■:かなり早い時期にその前の年や前々年の就職活動生の紹介があれば非常に役に立つと思います。なかなか多くの学生を社会人に紹介するのは困難だとは思いますが、労協にお世話になった先輩方はきっと協力してくれるはずだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.20

04生:関東 女性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:
業界外1社
■■落選社■■:
6社
■■就職活動で学んだこと■■:
本当に多くの人と出会え、自分の成長になりました。特に広告業界のつながりは強く、本当に私の支えとなっていました。OB訪問をたくさんしたことも非常にためになりました。未だにOB訪問した先輩などと連絡をとり、ご飯を一緒に食べに行ったりしています。まわりの人に恵まれたこともあるのかもしれませんが、先輩方に数え切れないほど助けてもらいました。もちろんいい人たちに出会えたと思っていますが、その出会いを生かすも殺すも自分次第だと思います。結局は自分が変えて動いて作り出していくもの、それを強く実感しました。人の縁はやはり非常に大事なものでは。
■■交通費■■:
10
■■書籍・資料代■■:

■■セミナー参加費■■:

■■来訪頻度■■:
ほぼ毎日
■■知った時期■■:
2003年02月
■■参加イベント■■:
東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:
本当に助けていただきました。特にワンポイントアドバイスはもちろん、模擬面接会やOB訪問会など現役のかたのお話をお聞きできる点が一番ためになりました。
■■利用コンテンツ■■:
就職課掲示板,自治会掲示板,FAQ,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:
ワンポイントアドバイスがやはり毎回非常に役に立ちました。しかし逆に頼りすぎて、自分の流れを見失うこともありました。あまり全部を受け入れすぎず、自分のスタイルはスタイルとして貫き通すことも大切ですね。
■■■■労働組合に対するイメージ■■:
労働組合とは賃金などの話し合いのためにあるのかと勝手に思い込んでいましたので、このように就職活動に力を貸していただけることがすごく以外でした。すっかりイメージは変わりました。ほかの組合がどうかは分かりませんが・・・
■今後の労協ご意見■:
スケジュールがあったほうがよいと思っていましたが、もう出来たのでかなり内容は充実したのではないでしょうか。ですが、あまりに広告労協がメジャーになりすぎると、労協としてのアドバイスが機能しなくなるのでは、ということが一番心配ですね。皆が見ていたら差はつきませんから。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008.12.18

05生:関西 女性 PR会社

■■進路以外での内定社■■:なし

■■落選社■■:約30社 うち最終落ち4社

■■進路を決めた理由■■:やりたい仕事ができると感じた。
会社の空気、面接官の社員・役員との相性が良いと感じた。
やっていけると思う自信があった!

■■就職活動で学んだこと■■:就職活動を通して自身の甘い考え方を思い知り、一皮むけるよい経験になりました。他大学や同業を目指す同大学の友人と友人関係をつくる大きなきっかけになりました。就職活動は自分自身を成長させてくれました。

■■交通費■■:30
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知った時期■■:2003年12月
■■労協イベントの感想■■:関西祝賀会に飛び入り参加させていただいたのが初めての労協イベントで…。もっとはやく労協イベントに参加させていただいていれば間違いなく自分にとってプラスになっていたと思います。後悔先に立たず、とはこのことかもww

■■利用コンテンツ■■:カフェテリア,コラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:コラムで、常にタイムリーな話題を提供していただきとても役立ちました。スケジュール共用はとても役立ちました。

■■労働組合に対するイメージ■■:労働組合に対するイメージが大変良くなりました。今まで労働組合に対するイメージが悪かったわけではありませんが、とても身近な存在に感じるようになりました。このような就職支援は今後とも継続していただけることを強く望みます。

■今後の労協ご意見■:広告業界への就職、結局は男子学生の方が明らかに有利なんだと感じることが多々ありました。がんばれ女子学生!面接、OB訪問等「え~~やりすぎやろ~~」ってくらいで普通です!
関西勢はやはり不利(選考が東京だからです。)
お金が無くて(ケチッて)選考辞退ということになりかねます。
広告業界を目指す関西学生はそのことを肝に銘じてしっかり貯蓄しておくべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.16

04生:関東 女性 調査会社

■■進路以外での内定社■■:
業界外1社
■■落選社■■:
7社
■■就職活動で学んだこと■■:
OB訪問や親のアドバイスを含め、友人との励ましあいなど、いろいろな人の協力を得て、乗り切ることができたと感じている。本当にこれだけの短期間にさまざまな会社を見て、選考を通じて会社の人・同じ選考を受けている学生と出会い、縁やつながりの重要性を痛感した。私は、あまり新たな友人関係を築くことはなかったが(連絡先を交換した人は一人もいません…)以前選考で会った人と偶然電車で会い、励ましあったり、選考の帰りに食事をして情報交換をしたり、精神的に助けられることは多くありました。あとは、当然のことですが、時間に余裕を持って行動する習慣が身につきました。
■■交通費■■:
4
■■書籍・資料代■■:
1.5
■■セミナー参加費■■:
0.5
■■来訪頻度■■:
3日に1回程度
■■知った時期■■:
2003年01月
■■参加イベント■■:
東京・関西フォーラム
■■労協イベントの感想■■:

■■利用コンテンツ■■:
リアルタイムアンケート,FAQ,コラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:

■■■■労働組合に対するイメージ■■:
大手の会社になれば、学生に対して事務的で閉鎖的なイメージを与えがちですが、イベントに参加したものにとっては、顔の見える(イメージしやすい)関係を築くよい機会だったのではないかと思いました。以前より、親切であたたかみを覚えるようになりました。
■今後の労協ご意見■:
掲示板に関しては、もう少し気軽に入れれば利用頻度が上がると感じました。具体的な例を挙げられなくて申し訳ないのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.14

06生:関西 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:なし

■■落選社■■:広告2社

■■進路を決めた理由■■:・早く就活を終わらせたかった。
・第一志望だった。

■■就職活動で学んだこと■■:・自己分析を通じて、自分についてより深く知ることができたと思います。
・面接を通じて、人とのコミュニケーションに必要な技術的なスキルを磨けました。
・OB、OG訪問を通じて、広告業界の若手社会人とのつながりを得ました。
・就活セミナーに参加して、他大学の友人ができました。

■■交通費■■:10
■■書籍・資料代■■:4
■■セミナー参加費■■:3.5
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2004年01月
■■知ったきっかけ■■:広告業界紹介本にURLが書かれていました。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,その他勉強会
■■労協イベントの感想■■:・面接の前に広告労協Fさんが毎回提供してくれたワンポイントアドバイスは、とても役に立ちました。
・模擬面接で厳しい意見(話が長すぎ)を言われたので、その点を意識して面接にのぞんだことがよい結果につながりました。
・京都フォーラムは、全体的に素晴らしいイベントだと感じました。
・勉強会(朝日広告社&大広)は、直接役には立ちませんでしたが、広告会社について理解を深めることができたので、参加してよかったです。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,blogコラム
■■労協コンテンツの感想■■:スケジュールが、実際のものとは若干ズレが生じたり、一部間違っていたりするので、就活生からの情報を鵜呑みにせずに、多面的に把握をする必要があると思います。
■■労働組合に対するイメージ■■:元々イメージを持っていなかったので、変わったという印象はありません。ただ、通常の労働組合が行っている活動とは異なる分野(就活生への情報提供)に力を入れているという点で、労働組合の活動範囲の理解を改めました。
■今後の労協ご意見■:厳しい意見になるかもしれませんが、模擬面接やフォーラムでの労協スタッフの発言についてですが、学生の素晴らしい点については、素直に褒めるべきだと思います。厳しい意見は自分にとってプラスになりましたが、厳しいだけでは人はついてこないと思います。
あと、できるだけスタッフの内輪にならないように、外部に対して見せ方を考えるべきだと思いました。そのあたりの空気は外部のメンバーは敏感に察知するので、特に注意すべきだと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.12.12

05生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:広告外1社
■■落選社■■:広告10社
■■就職活動で学んだこと■■:まず、自分の未熟さを感じました。自分のことを知らない自分に腹が立ちました。ですが、そのような時に支えとなったのが就職活動中に知り合った仲間たちです。就職活動は、決して孤独な作業ではなく、周りとの関係を築き、お互いを高めながら「楽しく」やるものだと感じました。そして就職活動で築いた仲間はこれからも重要なものになると考えます。
■■交通費■■:8
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:本命会社の面接の際のワンポイントアドバイスは大変役立ちました。リアルな情報を頂くとともに、記載内容そのままの質問等もあり、落ち着いて対応できました。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,スケジュール共有
■■労働組合に対するイメージ■■:社員ではない、私たち就活生をここまで真摯に受け入れていただいたことに感謝しています。
採用活動が不透明と言われる広告業界において、ここまで親切に熱心に対応してくださる社員の方々の存在は、これから広告業界に入る私にとって本当に心強いです。
■今後の労協ご意見■:本当に有用な情報および応援をありがとうございました。これほど熱心に就活生をサポートしてくださるのは、広告労協だけだと思います。これからも、真剣に広告業界を目指す学生たちのサポートをお願いします。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.10

05生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:なし。
■■落選社■■:広告2社
■■就職活動で学んだこと■■:受ける会社によって雰囲気が違うことがよくわかった。OB訪問をすればその会社の社風までわかる。A社のOB訪問をした際、罵られながらも忙しい合間に何度も会って自分という人間を分かろうとしていたOBの方の姿勢をみて、人と人とのコミュニケーションの上に成り立っている会社であるということを実感した。
■■交通費■■:0.7
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:0.5
■■来訪頻度■■:5日に1回程度
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会
■■労協イベントの感想■■:「指差し確認」この一言につきます。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:広告業界の採用スケジュールがわかりやすく表示されていたのでとても役立たせていただきました。ありがとうございました。
■■労働組合に対するイメージ■■:労働組合というものは、社内の活動を中心として行っているものだと思っていたので(特にストライキとかメーデーとか、反抗的なことをしている団体だと勝手に思い込んでて私の中ではあまり良いイメージはありませんでした・・・すみません)、就職活動中の学生に対してここまで親切なサポートをされていることにびっくりしました。フォーラムを大いに活用させていただき、模擬面接会で直接いただいたアドバイスは本当に心の支えになりました。ありがとうございました。
■今後の労協ご意見■:強いて申し上げますと、模擬面接会を「2回」やるとより学生のためになるのではないかと思います。同じ学生、同じ指導官の下に、1回目の面接から少し間をあけて2回目の面接会を行うというものです。1回目で受けたアドバイスを活かして2回目でどのような進歩がみられるのか。またそこに新たな発見があるのかもしれません。コミュニケーションをメインのビジネス領域としている広告業界ならではの就職支援プランとして勝手ながら提案させていただきました。失礼いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.08

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2008
購入場所:東京F
■■感想■■: 業界人さんの視点は社会人として学生を見る視点であり、客観視をなかなか出来ない私たち学生にとって勉強になることばかりです。本を読むこと自体がOB訪問のような感覚を覚えました。広告業界に限らず学生が読むべき本だと思います。
■役立ったコラム■:話の「編集」。
先月インターンの面接で落とされることが続き、何が原因かを考えていました。その時にこのコラムを読み、私は「ただ上手く話す」ことだけをしていたことに気がつきました。人気のある企業になればなるほど話は簡潔に、伝えたいことをダイレクトに話さなければ、魅力的な人材には見られないことを改めて感じました。

■今後の期待■:先日OB訪問をしたときに、広告労協の模擬面接を勧められました。ぜひ参加させて頂き、自分を磨いていきたいと思っています。宜しくお願いします。

また失礼ですが、このサイトが少しわかりにくいように感じています。

| | コメント (0)

2008.12.06

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2010
購入場所:大学生協
■■感想■■: 広告業界を目指すという以前にまず「社会人の常識」という面が強く、とても参考になりました。就職活動だけではなく「相手の立場になって考える」ということは、社会で本当に大切なことだと教えていただきました。

■役立ったコラム■: 「学生のプレゼン、社会人のプレゼン」というコラムが印象に残りました。ちょうど大学の授業でプレゼンを作っていますが、まったく本の通り、自分のためにしているプレゼンだと思いました。 プレゼンなど、作る技術は大学で養えても、社会に出てからは根本の意識が違う。そのことを知らされました。

■今後の期待■: 今後もコラムをぜひまとめて出版していただきたいと思っています。

| | コメント (0)

2008.12.04

05生:関東 女性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:2社
■■落選社■■:広告9社
■■進路を決めた理由■■:
・志望業界である
・社員の方にお会いして、活気ある印象を受けた
・これから変わろうとしていて、大変そうだが面白そうだと思った
■■就職活動で学んだこと■■:
・学生意識の強いまま将来を考えるのと、実際に社会に出ることを意識して考えるのとでは、大きな違いがありました。自分の未熟さを改めて痛感するとともに、社会の現実、社会人としての礼儀、仕事などに対する自分の甘さも痛感しました。熟考と実践を繰り返し、少し成長した気がしています。
・ビジョンは違えど、同じ業界を目指す人々との将来に対する話は、大変刺激的でした。今後も、共に頑張っていく関係でありたいと思います。
■■交通費■■:20
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2004年05月以降
■■参加イベント■■:ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:ワンポイントアドバイスは、昨年以前の雰囲気や内容を知ることでイメージしやすく、ややリラックスして面接を受けることができました。またOB・OG訪問会は、大学の就職部に広告業界のOB・OG名簿がほぼ無かった私にとって、大変ありがたいものでした。実際に働いている方に会社や選考の事を伺うのは大変有意義でしたし、何名かから伺えるので、会社の雰囲気などに対しても偏りのない考えを伺うことができ、良かったです。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,リアルタイムアンケート,リンク集,コラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:掲示板には、自分では見つけていなかった募集情報なども載っており、大変役立ちました。このコンテンツを通して、多くの学生が多くの会社を受ける機会を得、自分に合う会社を見つけられれば良いなと思いました。

■■労働組合に対するイメージ■■:今までは、現在の社員の労働環境などに関して、内側で活動をするものだと思っていました。しかし、業界の未来に繋がるこのような活動を外に向けてしている事をしり、社会的存在であるのだということを感じました。

■今後の労協ご意見■:私にとって、OB・OG訪問は本当にありがたいものでした。大学の就職部にOB・OG名簿がしっかりある大学ばかりではないと思うので、社員の方々も忙しいとは思いますが、このような機会を増やしていただけたら、今後広告会社を受ける学生にとって役立つと思います。私も、今後機会があれば、積極的に参加させていただきたく存じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.02

05生:関東 男性 広告制作会社

■■進路以外での内定社■■:無し!
■■落選社■■:広告12社
■■就職活動で学んだこと■■: 色々な意味での「縁」の大切さ。
じぶんを表現する方法。
第一志望をあきらめないその熱意。
そして回りの人たちの暖かい応援。
■■交通費■■:5
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知った時期■■:2003年02月
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■: 模擬面接会は大変ありがたかったです。質問が的中してました。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,カフェテリア,コラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■: 突然リニューアルしててびっくり。
■■労働組合に対するイメージ■■: 正直始めは「かなり怪しい」と思ってました(すいません、笑)実際は純粋に応援していただいていて大変助かりましたし、
本当に嬉しかったです。
■今後の労協ご意見■: 模擬面接は絶対に続けて欲しいと思います。あと、ワンポイントアドバイスも非常に助かりました。大変だとは思いますが、是非とも続けて行っていただきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »