« 06生:関東 女性 ベンチャー | トップページ | BLOG本感想/関東 女性 »

2008.11.06

05生:関西 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■: 2社

■■落選社■■: 広告業界だけで、30社ほど。
その他の業界はほとんど受けていません。

■■進路を決めた理由■■: 社長さんから、社員の方に至るまで、皆さんが凄く親切だったからです。社長面接の前に、人事部長から厳しくありがたいアドバイスまで頂けました。人事部が彼女の母親で、社長は父親だと感じました。
 後、やはり広告の仕事をしたかったからです。
■■就職活動で学んだこと■■: 就職活動するにあたって、自分は商品だと感じました。なので、相手が欲しがっていなければ買ってもらえません。逆に言えば、買ってもらえるようにすればいいのです。自己PRや志望動機は、買ってもらうための方法。就職活動がまさしく、広告の仕事に直結しているのだなと感じました。
 そして、情報を積極的に得ようとする態度が重要だということを、改めて認識しました。面接でOB訪問をお願いし、その態度がかなり高く評価されていたようです。
 情報はネットや本からでも得られます。しかし、重要な情報ほど高く(様々な意味で)、見付けにくいものはありません。そんな情報は、中々世の中に出ません。だからこそ、人間同士の対話の中で情報を得なければならないと感じました。人のつながりは大切です。

■■交通費■■:25
■■書籍・資料代■■:3
■■セミナー参加費■■:2
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2003年10月
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会
■■労協イベントの感想■■: 京都フォーラム・模擬面接会
 一年ほど前、京都フォーラムに参加しました。その時は何となく参加したのですが、前日の模擬面接にも参加すれば良かったなと思いました。
 その後、東京にて少人数で行われた模擬面接会に参加できたのですが・・・。臨死体験どころではありませんでした。まさに死亡してしまいました。頭は真っ白。自分で話してて、自分で何を言ってるのか分からない状態。しかし、それだけの体験をさせてもらえたからこそ、「これではいけない」とも思わせて頂けました。労協の皆様には感謝してもしきれないほどです。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,FAQ,リンク集,コラム
■■労協コンテンツの感想■■: 「まず、名乗る。」というコラムの重要さは身を持って体験しました。やはり社会人の方は、学生が携帯電話に出た瞬間「もしもし、○○です。」と名乗ってくるとは思っていないようです。だからこそ名乗るのです。そうすれば、人事部に対し他の学生と差を付けられます。
 面接の場合もそうです。椅子の横に立って、「どうぞ座ってください」と言われて、「失礼します」と座るのではなく、「☆☆大学の○○と申します。本日は宜しくお願いします。失礼します。」と言ってから座るように心がけました。実際には途中ぐらいからですが・・・(汗)この様に名乗るだけで、心に余裕も持てました。
 違う話になりますが、中堅代理店ぐらいになると、面接中に「先輩紹介してもらえませんか」とお願いすれば、意外と紹介してもらえることもあります。
 そして、「トー君」はコラムにはない情報を色々と教えてくれたりしました。


■■労働組合に対するイメージ■■: 最初は、HPも今のようにしっかりとしたものではなく、大丈夫かなと思いました。その後、フォーラムなどへの参加から、スタッフの皆様の大変な努力によってなりたっている団体なのだなと感じました。実際に参加し、フォーラムの内容を他の会社などが主催するものと比べれば、その差は歴然です。直接の利益なしでそれを可能にする力の凄さを感じました。

■今後の労協ご意見■: 首都圏以外(地方)の学生が、広告業界を目指すのにはかなりのお金と時間が必要でした。だからこそ、もっと地方の学生を助けてあげてほしいです。自分がして頂いた分、私も出来る限りのことはしたいです。
 サークルの部室のように、予約なしで常に集まれる場所が地方にあれば、もっと学生が集まって話せる機会が増えると思います。金銭的に難しいと思いますが。

|

« 06生:関東 女性 ベンチャー | トップページ | BLOG本感想/関東 女性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/3016127

この記事へのトラックバック一覧です: 05生:関西 男性 広告代理店:

« 06生:関東 女性 ベンチャー | トップページ | BLOG本感想/関東 女性 »