« 05生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | 04生:関西 男性 広告代理店 »

2008.10.15

05生:関東 男性 コンサル会社

■■進路以外での内定社■■: なし
■■落選社■■: 広告15社

■■進路を決めた理由■■:
広告に限らず自分が選んだ会社でもやりたいことはできると考えました。
長々と就職活動を続けてきた中で、自分のやりたいことが
本当にゆっくりではありますが形になってきました。
その結果、自分のやりたいことは「人の行動に価値をもたらすことだ」と考えたからです。
それでもまだ未練はあります。
むしろ想いが募ってきています。
■■就職活動で学んだこと■■:
・自分にとってなにが大事かということ。
・将来のことを考えることがいかに大事かということ
・相手の立場にたつということ

大学入学以降、僕は未来のことをまったく考えていませんでした。
漠然と父と同じ仕事をやるのかなと思っていたぐらいです。
「将来どうするかなんて今わかるわけがない、考えて決めるものではない、いつか見つかるものだ。」
そんな風に考えていました。
しかし、いざ就職活動が始まると自分の考えの甘さを強烈に実感するようになり、苦悶の日々が続きました。
「働くとはどういうことか?「なぜ働くのか?」「そもそもなぜ就職活動をしているのか?」
などなど、うちにこもった自分との戦いの日々でした。
こんなことを考えているという事実が、大学卒業という区切りへの認識の甘さを自分にわからせてくれるものでした。

過去を振り返り、自分の価値観や強みを確認する。
いわゆる「自己分析」ですが、これは決して就職活動のためにある種のフレームを用いて行うものではないと思います。
「自分がどのように生きていくか」
「自分にとって大事なことはなんなのか」
ということを確認することなんだと思います。
その結果、就職活動をするという結論が出たならば、独りよがりになるのではなく、自分のやりたいことがどんな会社ででき、その会社にとって自分はどんなことがアピールできるのかが言えるのだと思います
このような考え方(あくまで自分個人の考え)ができるようになるまで本当に時間がかかってしまいましたが、その時間は必要なものだったと思うのでよかったと思っています。

就職活動を終えたいまでもこのようなことを日々考えていますが、それは日々変わりゆく自分にとってとても大切なことなんだと思っています。

つまるところ、「思考を止めない」ということが僕が学んだ一番大きなことです。


■■交通費■■:約5
■■書籍・資料代■■:約3
■■セミナー参加費■■:約2
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2003年12月
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:
模擬面接会で、はっきりと自分の悪い点、良い点を指摘していただいたことで自分の考え方や甘さを確認できました。
もっと厳しくてもいいのではないかとも思いましたが。
また、お忙しい中学生のイベント(飲み会)に足を運んでいただけたことに感動しました。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,カフェテリア,コラム
■■労協コンテンツの感想■■:
なによりも、カフェテリアで仲間をつくり、社会人の方々とコミュニケーションをとれたことが大きなことだったと思います。
そして、12月まで就職活動をしていた僕にとって、就職課掲示板は生命線でした。
■■労働組合に対するイメージ■■:
当時は「春闘」などのような団体運動的なイメージしかありませんでしたが、こちらにお世話になったことと、同時期にプロ野球の問題などがあったことで公平を維持する上で重要な機関であると認識ました。

■今後の労協ご意見■:
この活動を維持し、拡大していくために、今活動を行っている方々以外にもいろいろな方面(同業の方々など)に働きかけていくことがよいのかなと思います。
それは僕たち次第の部分でもあると思いますが。
あとは、これは付随的な部分ですが転職に関する情報もあると社会人と学生の交わりも増えるのではないかなと思います。
しかしこれはまた別の話しですね。

|

« 05生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | 04生:関西 男性 広告代理店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/2473716

この記事へのトラックバック一覧です: 05生:関東 男性 コンサル会社:

« 05生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | 04生:関西 男性 広告代理店 »