« 09生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | 09生:関東 男性 広告代理店 »

2008.07.20

09生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:広告外1社
■■落選社■■:2社
■■進路を決めた理由■■:
1.個人としても、会社としても「ひとつ上のランクを目指す」目標を持って仕事ができる環境であること。
2.OB・OG訪問で先輩社員にお会いし、多様で個性的なパーソナリティを尊重する会社の風土が実感できたこと。
■■就職活動で学んだこと■■:
1.社会人として働くときに何が求められるか、という点。
いかに自分が受験企業で働きたいという熱意を持っていても、自分がその企業でどう役に立てるのか、を端的に説明できなければいけないことを痛感しました。
主観的な熱意だけでなく、冷静に相手企業と自分をマッチングさせるアピールポイントを見つける作業を学びました。

2.自分の好みだけで作ってきた友人関係の外側にある人を知れる。
学生時代の人間関係は、自分の好きなように付き合う人間を選べていましたが、OB・OG訪問や説明会などで、普段かかわらないような人と接触でき、いろいろなタイプの人のことを知れるいい機会だと感じました。ここで自分のコミュニケーション能力の課題も見えたと思います。
■■交通費■■:1
■■書籍・資料代■■:1.5
■■セミナー参加費■■:0.5
■■来訪頻度■■:5日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:
修士1年の4月ごろ、先輩からの紹介で教えていただきました。
■■参加イベント■■:ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:
マスコミ合同フォーラムやOB・OG訪問会などに参加させていただき、業界の基本や実際に働いている方のパーソナリティを知ることができたのは、その後の活動で大いに役に立ったと思います。
何より活用させていただいたワンポイントアドバイスでは、端的にその企業が求めている要素を教えていただき、自分と企業の希望がマッチングするようなエピソードを用意することができました。
■■利用コンテンツ■■:自治会掲示板,blogススメ
■■労協コンテンツの感想■■:
ワンポイントアドバイスは本当に役に立ったとともに、その企業の求めているポイントを知ることで、企業の理解も深まりました。
最終面接前に直接お会いしてアドバイスをいただけたことも、内容だけでなくモチベーションの面でもとてもいい影響をいただけたと思っています。
■■労働組合に対するイメージ■■:
最初に先輩から労協の存在を聞いたときは、なんとも得体の知れない就職支援サイトがある、という印象でした。明らかに他の就職支援サイトや、広告企業が流すオフィシャルな情報より深い情報が手に入ることを知り、なぜそこまで親切な対応や情報を提供するのだろう(しかも無料で!)と、その理由をいぶかしがることさえありました。
それから夏に最初のOB/OG合同訪問会に参加させていただきました。そこで労協が純粋に業界のために、企業と人材のマッチングをスムーズにする、という理念を持っていることを知り、驚いたことを覚えています。
以降は「ここまでやるのか」と感じた労協の姿勢そのものが、サービス産業としての広告業界の「凄み」であると感じて、業界への志望度が高まりました。
■今後の労協ご意見■:
圧倒的で具体的な情報量と、無料であることなど、
これ以上の就職活動への支援体制があるのだろうか、と感じていました。

ただやはり同時に感じたのは、支援の内容がとても充実していることとは別に、最初に労協を知って理解するまでの入り口についてです。
私の場合知人からの紹介で労協を知りました。その知人も人づてで聞いたのがきっかけだったとのことでした。より広く広告業界へ志望する方々に、これだけすばらしい情報が伝われば、なおいいのではないかと思いました。
というのも、もし労協を知っていなかったら、違う結果だった可能性も十分あることを思い出して、冷や汗したこともあるからです。

私にとって他業界との比較も具体的にでき、本当に有意義な情報をいただけて、感謝しております。ありがとうございました。

|

« 09生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | 09生:関東 男性 広告代理店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 09生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | 09生:関東 男性 広告代理店 »