« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008.02.13

エントリーシートは、期末試験ではない。(再掲)

私にはひとつ気になっていることがあります。もうすぐエントリーシートの提出期限が一斉にやってくる時期になっており、「エントリーシート書いた?」というノリの話がよく聞かれます。これは、「期末試験対策した?」「やっべー、まだだよー」という会話と同様のレベルの感じがしてなりません。

内定する、ということは、役員面接で通過することです。

途中で何回エントリーシートや筆記や面接を通過しようと、役員面接で落選すればなんら意味はありません。過去のコラムに書いた通り役員面接は特殊な位置付けだとしたら、役員面接に送り込む学生を採用当局が絞り込む「役員面接前面接」が、極めて重要な位置付けとなります。しかも選考はすべての過程が1、2カ月程度で終わる、急なスケジュールになっています。

はっきりいいましょう。広告業界では採用倍率から考えても、エントリーシートで「かつかつ受かる」レベルの人が内定することはありません。じゃんけんに4回連続で勝てば内定、という訳にはいかないのです。

SPIのような筆記試験は別にすれば、広告業界の採用試験のすべてのフェーズは、同じ「コミュニケーション力」という競技です。甲子園で本気で優勝を目指すチームは、地区予選の初戦突破に特別な対策を練ることはありません。手を抜く事なく、優勝するための練習を生かし、普段どおりの試合をするだけです。

人事幹部や役員との面接の場で、どう自分が会社に貢献できるかを説得し、相手に納得してもらうかを、徹底的に追求する。これだけが、内定し、それだけでなく実際に仕事で活躍するために、あなたがしなけらばならないことです。徹底的に考え、自分なりの結論を得たのなら、エントリーシートはその一部分として必ず簡単に書けます。

広告業界は常に「競合プレゼン」に晒されており、「完勝」を目指して全スタッフがそれぞれのパートで全力を挙げます。一度でもベストを尽くしたことのない人には、絶対に通用しない業界です。

内定を手にする学生は、大学の試験でいえば「全優」を狙うレベルで努力している人と言えるでしょう。単位は試験対策程度で取れるでしょうが、内定はエントリーシート対策程度では遠く及ばないのです。

普段の試験対策の「ノリ」でエントリーシートに取り組んでいる学生の方がいれば、まず、心構えから考え直してみてください。今なら、まだ間に合うかもしれません。

※このコラムは、地方の就活生に贈ります。中途半端にエントリーシートに通っても、最後まで駆け抜ける力がなければ、途中の莫大な移動費用が無駄になります。役員面接まで一気に内定するつもりで、十分自己革新して臨んで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.10

04生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:
PR会社1社
■■落選社■■:
6社
■■就職活動で学んだこと■■:
「レジャーランド」と揶揄される日本の大学において、就職活動はいわば答えの用意されていない「卒業試験」。この半年間、私は自分自身と真正面か向き合い、何がやりたいのかひたすら考えました。ストイックに突き詰ていったとき、「広告」という二文字が見えました。これこそが、この4年間で得られた、私の卒業試験の答えなのかもしれません。ナーバスになっていた時期、お互いを支える友人を広告労協の催しで見つけられたことが、本当に救いでした。また彼らとの出会いから、たくさんのことを吸収することが出来ました。彼らに、労協のスタッフ様方に感謝、感謝です。
■■交通費■■:
3
■■書籍・資料代■■:
1
■■セミナー参加費■■:
0.5
■■来訪頻度■■:
ほぼ毎日
■■知った時期■■:
2003年02月
■■参加イベント■■:
東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:
非公式かもしれませんが、A社のプレゼンテーションや最終面接のスピーチを労協様や現役社員の方にチェックしていだいたことが心の支えになりました。そのためか、当日はさほど緊張せずに、自信を持って選考に望めたのだと思います。本当にありがとうございました。
■■利用コンテンツ■■:
就職課掲示板,FAQ,コラム
■■労協コンテンツの感想■■:
<よく利用したコンテンツ>面接や説明会でテンテコマイであった時、03年度の後半に作られた「スケジュール共有」がとても役立ちました。ESの締め切り日まで記載されていたので、私のスケジュール帳がわりでした。 <印象に残ったコラム>3月15日付けの「考える体力とスループット」のコラムを読んで、目が覚めました。学生気分から抜け出しました。そして、自分の一日一日が濃厚なものになりました。今でも時々読み返し、日々精進しております。
■■■■労働組合に対するイメージ■■:

■今後の労協ご意見■:
今年の就職フォーラムの開催時期を少し早めに行ってみてはいかがでしょうか?私の周りの後輩はすでに就職活動に向け動いており、電・博・ADKのインターンシップの選考を受けている様子です。彼らのような学生のためにプチフォーラムを開催するのはいかがかと思いました。(すでに行われているのでしょうか?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.05

05生:関西 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:なし
■■落選社■■:たいがいES落ちですが、15社ほどだと思います。
■■就職活動で学んだこと■■:自分という人間の身長が以前より正確につかめました。非常に運がいいことに凄いと思える人と沢山出会えたため、思っていたより自分の身長は高くないということ、多少無意識のうちに鯖を読んでいたことがわかりました。
それと同時に自分で気付かない自分のいいところ、特徴を教えてもらえました。思っていたより背は低かったけど、思っていたよりルックスはよかったという感じでしょうか(笑)己を知るいい機会でした。
素敵な人は沢山いるもんだと世の中に希望が持てました(笑)

■■交通費■■:25
■■書籍・資料代■■:0
■■セミナー参加費■■:0.2
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2004年01月
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:京都フォーラムに参加し、この業界を真剣に志そうと思いました。当初狭い職種しか興味がなかったのですが、フォーラムでコミュニケーションを生業とする広告業そのものに関心が持てました。
ワンポイントアドバイスもそうですが、自分にあったアドバイス、励ましをいただけたことが、アドバイス以上に励みとなりました。
それからなんといってもオフ会ですね(笑)沢山の仲間と出会い、私の就活は大きく変わりました。出会った同期の皆様、そしてその場を設けてくださった労協スタッフの皆様に感謝してもし足りません。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,カフェテリア,FAQ,リンク集,コラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:もっとも有効に使わせていただいたのはスケジュールです。
予定がわかりやすく、「明日までには何出さないと駄目だったかな?」と毎日チェックしていました。
あとカフェテリアです。
真面目な話からラフトークまで、息抜きにも志気をあげるのにもとても有効でした。ここで出会った仲間が多いので、ここが私の就活ホームと言っても過言ではありません。
■■労働組合に対するイメージ■■:労働組合そのものというより、労働組合に属する方にお世話になったという感じでしたので労働組合に対するイメージが変わったということはありません。
ただ、不誠実な対応をする企業に対して意見を言えることがわかり、その存在意義は十二分に理解しました。
■今後の労協ご意見■:まずコンテンツの整理が必要かと思います。
沢山ありすぎてすっきりしていないので、見やすくスマートにすればもっと便利かと思います。
あと、コンテンツの内容も明瞭にし、質問は就職課にすべきなのか、自治会ですべきなのかなど、はっきりさせればもっと栄えるかと思います。
もっと横だけでなく、縦のつながりもあればいいなと思います。
それは私達学生が自ら動いていくものだと思っていますが(笑)
これからさらに労協生は増えていくと思いますので、現状のサポートをできる限り維持していってください。私達も自治会の充実を志します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »