« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008.01.27

05生:関東 女性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■: なし
■■落選社■■:広告2社
■■就職活動で学んだこと■■:たくさんの人と出会えたこと。
■■交通費■■:10
■■書籍・資料代■■:3
■■セミナー参加費■■:12
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:フォーラム、模擬面接会、どちらも本気で広告業界を目指すきっかけとなりました。
■■利用コンテンツ■■:自治会掲示板,コラム
■■労協コンテンツの感想■■:東急の1次面接とADKの筆記面接が重なった日の携帯コラム、試験場でたまたま見て感動しました。
■■労働組合に対するイメージ■■:他の業界に関しては全くわからないので何とも言えませんが、広告労協の学生支援に対する熱心さには驚きました。
■今後の労協ご意見■:ワンポイントアドバイス、本当にどうもありがとうございました。「通過おめでとうございます」「頑張ってください」などの何気ない言葉が、すごく嬉しかったです。周りの友達が同じ会社を志望している人が多く、選考状況に対する一喜一憂を表ではあまり出せない状況だったので・・・ 広告労協と出会ってわたしにとって一番良かったことは、内定者の人たちと個人的に仲良くなれたことです。フォーラムや模擬面接後の飲み会、オフ会で出会った先輩方にESを見ていただいたり、面接のアドバイスをしていだたいたことで、就職活動全般や広告業界に対する思いがミーハ-なものから本気へと変わりました。今後は、もっと就活生徒OBや内定者(もちろん皆多忙なので難しいとは思いますが)の交流の機会が増えたらいいのではと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.20

04生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:
広告業界以外で1社
■■落選社■■:
広告業界1社
■■就職活動で学んだこと■■:
奇麗事だけではなく、どれだけありのままの自分をキチンと伝えられるかが勝負だと感じました。
■■交通費■■:
0,5
■■書籍・資料代■■:
0,5
■■セミナー参加費■■:

■■来訪頻度■■:
5日に1回程度
■■知った時期■■:
2003年01月
■■参加イベント■■:
東京・関西フォーラム
■■労協イベントの感想■■:
セミナーに参加して、「これだけたくさんの人が広告を志望しているのか」という実感を得たことで、今まで以上に本気になりました。
■■利用コンテンツ■■:
就職課掲示板,コラム
■■労協コンテンツの感想■■:
就職掲示板では、規模の小さな広告代理店などの情報を得ることができ、役に立ちました。(あまり本などには載っていないので。)
■■■■労働組合に対するイメージ■■:
まったく変わりました。労働組合ってこんな学生にとって役に立つことを主催しているのか!と思いました。正直言ってあまり労働組合に対していいイメージは持っていなかったので。(すいません。)というより、大学生で労働組合についてよく知っている人はあまりいないとは思うのですが。
■今後の労協ご意見■:
もっと最新の情報をよりリアルタイムで得ることができれば、さらによかったとは思います。例えば、電通と言う会社はこういうものです、と言う本音の部分を。それを言ってしまっても、某掲示板のように情報が錯綜するということはあまりないと思うので。信頼性が高く、サイトにきている学生も冷やかし半分で覗いているという人はいないという現状をさらに利用できる価値はあると感じました。わがままのようですいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

04生:関西 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:
なし
■■落選社■■:
5社
■■就職活動で学んだこと■■:
 まず自分が社会について無知であることを知りました。これまであまり社会に深く関わることなく生きてきましたが、今回の活動を通じて自分が経済や金融、政治、企業活動などについてあまりにも無知であることがわかりました。しかし就職活動をすることで上記のような社会の動向について興味を持つことができました。またそのことによって自分が社会人として自覚しなければいけないことに気づきました。 また人間関係の重要性についても再認識しました。たくさんの人に支えられながら自分は生きてきて、これからもそうして生きていくことが大切なのだと思いました。また現在の人間関係が今後社会にでて仕事をする際に、重要なコネクションになるのではと今考えています。 とにかく多くのことに気づきそれについて真剣に考えることができた、それが私にとって就職活動です。
■■交通費■■:
20
■■書籍・資料代■■:

■■セミナー参加費■■:

■■来訪頻度■■:
2日に1回程度
■■知った時期■■:
2003年05月以降
■■労協イベントの感想■■:
もっと早い段階で知って参加したかったです。
■■利用コンテンツ■■:
自治会掲示板,FAQ
■■労協コンテンツの感想■■:
私は昨年の掲示板に一番助けられました。各企業の特徴や選考状況など参考にすることで、効果的な選考の準備をすることができました。あとワンポイントアドバイスにはその内容もそうですが、精神的にも助けられました。
■■■■労働組合に対するイメージ■■:
まさか労働組合が就職活動をしている学生をサポートしているとは夢にも思っていませんでした。労協について知った時期が最近であるため、具体的にはまだまだ分からないことが多くありますが、自分にとって労協は仏様のような存在です。
■今後の労協ご意見■:
早い段階からセミナー等を開催しておられるようなのですが、東京中心に行われているという風に知り合いから聞きました。関西でもそういったイベントがあればいいなとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.07

04生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:
広告業界1社、他業界2社
■■落選社■■:
広告代理店は落選ナシ。
■■就職活動で学んだこと■■:
ありきたりに聞こえるかもしれないが、「自分」を知る良い機会になった。「自己分析」をやることで、自分の武器と弱点を知った。これを知っておくことは社会に出ていく上でとても重要だと思う。
■■交通費■■:

■■書籍・資料代■■:

■■セミナー参加費■■:
0.5
■■来訪頻度■■:
2日に1回程度
■■知った時期■■:
2002年10月
■■参加イベント■■:
東京・関西フォーラム,東京・関西就職塾,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:
労協の情報は、信憑性が高いことが最大の利点だと思います。過去の出題傾向を詳細に知ることができ、とても参考になりました。あと、東京就職塾に参加させてもらいましたが、人によってモチベーションに差があると感じました。もっと厳しくて良いと思います。(何が目的なのかにも因りますが。)
■■利用コンテンツ■■:
就職課掲示板,リアルタイムアンケート,リンク集,コラム
■■労協コンテンツの感想■■:
最新の業界の動向や売り上げランキングなどのデータはとても参考になりました。あと、大広やマッキャンのクライアント一覧も参考になりました。
■■■■労働組合に対するイメージ■■:
初めは正直「怪しい」と思っていました。しかし、どこの代理店ということではなく、この業界にもっと優秀な人材が入ってくるように、という考えには賛同します。特に噂の多い業界なので労組がこういう活動をすることには意義があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

05生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:(広告業界外)3社
■■落選社■■:広告17社
■■就職活動で学んだこと■■:毎日朝から満員電車に乗って就職活動をすることで、社会人の生活というのが少し実感できました。朝から夜遅くまで、満員電車に揺られて働いている私の父親や世のお父さんたちは偉いと感じました。

また、就職活動を通して自分が本当にやりたいことは何か、私は今までどう考えて何をしてきたか、ということを初めてきちんと考えた気がします。それによってこれから社会人になる決意ができました。就職活動後半になって通過率が上がってきたのも、自己分析が進んだからではないかと思います。
■■交通費■■:5
■■書籍・資料代■■:0.7
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2003年12月
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,OB
/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:東京のフォーラムに参加したときにもらったパンフレットを、私は就職活動の間ずっとカバンに入れて重宝していました。いつも見ていたのは一番後ろにある「広告代理店売上ランキング」です。
各広告代理店の企業情報というのは大手を除いてはほとんどなく、HPを見てもどれも変わり映えがしません。そんな中労協から得られる情報とこのランキングがとても役に立ちました。順位や売り上げの構成比から得られる情報はその会社を志望する上で重要なものなので、何回も目を通しました。採用実績の欄でもその会社が毎年新卒採用を行うかどうかの目安を知ることができました。
欲を言えば売上高のデータが2000年なのでもっと新しいものがあれば良かったです。またこのランキングを基に全ての会社名を検索にかけて企業HPを探したこともあるので、労協のHPからこれらの企業HPにリンクが貼ってあれば助かります。
ワンポイントアドバイスも企業の生の情報を知ることができ、とても役に立ちました。私はOB訪問をした数がそんなに多くなかったのですが、生の情報はOB訪問以外に得ることは難しいのでこのアドバイスには毎回助けられました。
また広告労協F様にはA社のプレゼン面接の資料を個人的にチェックしていただいてアドバイスをもらいました。おかげ様でこの面接はうまくいきました。感謝しています。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,コラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:ほとんどの会社のエントリーを、就職課掲示板の募集開始情報を見てしていました。これがなかったらとても大変でした。
またblogはほぼ毎日読んでいました。興味深い話題が多く、毎日これを読むのが楽しみでした。毎日欠かさず書くという、単純だけどものすごく難しいことを続けていることに本当に頭が下がります。
私は就職活動の後半、広告業界への志望動機として「国内総生産(GDP)と国内広告費の相関関係」のコラムをネタとして拝借させていただきました。この知識がなかったら、私の就職活動の結果もまた変わっていたかもしれません(笑)
■■労働組合に対するイメージ■■:今までの労働組合に、就職活動生の支援というイメージは全くありませんでした。その中での広告労協の活動は本当に素晴らしいと思います。このクオリティの就活支援というのは、有料でもいいくらいです。積極的に労働組合の活動に協力する人というのは多くはないのかもしれません。しかし、広告労協にお世話になって就職していく人が増えれば、広告業界に限らず他業界でも労働組合の活動に協力的になる人が増えていくと思います。
■今後の労協ご意見■:今のままでも本当に十分すぎるくらいです。
あえて付け加えれば、どの程度の規模の会社までサポートしていただくことができるのか曖昧だと感じました。B社の選考ではアドバイスを頂いたりしてとても参考になりましたが、(規模ではB社より上位の)C社やD社などでは労協からのアドバイスは特にありませんでした。
「こういう会社ならサポートすることができるが、こういう会社は現状ではサポートするのが難しいから就職活動をする中で情報が得られたら労協まで教えて欲しい」とことを予めどこかで明言されるのはいかがでしょうか。
あと個人的な意見ですが、最近blogのデザインが変更されましたが、私は前のデザインほ方が好きでした。

本当に就職活動ではお世話になりました。このページを毎日見ていたことによって、何度もくじけそうになった「広告業界への就職」へのモチベーションを保ち続け、かなえることができたのだと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »