« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007.11.30

04生:関東 女性 制作会社

■■進路以外での内定社■■:
なし
■■落選社■■:
7社
■■就職活動で学んだこと■■:
CM制作の仕事を、具体的に認識できるようになりました。何より感じるのは、自分を知ることができたということです。自分が、本当にしたいことは何なのか、なぜ、それをしたいのか。自分はどういう人間か。何ができる人間か。それを繰り返し考え、また、様々なことを吸収するうちに変化するそれらのことを認識することは、実に自分にとって有益なことでした。そして、同じく志を持つ人と知り合うことも、就職活動をとおしてこそ得られたものだと思います。
■■交通費■■:
1
■■書籍・資料代■■:
0.5
■■セミナー参加費■■:
0.3
■■来訪頻度■■:
ほぼ毎日
■■知った時期■■:
2002年09月以前
■■参加イベント■■:
ADフォーラム
■■労協イベントの感想■■:
私が参加したのは、岡さんが講演なさった回ですが、その時期、焦りが自分の中にあり、気持ちが揺らいでいたのですが、あの講演で、再び奮い立つことができました。
■■利用コンテンツ■■:
就職課掲示板,カフェテリア,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:
最もお世話になったのは、カフェテリアです。広告業界の様々な業種を志す人たちと、話ができ、モチベーションを保つことができました。くじけそうな時に励ましてもらったことも数知れずです。就職活動をしていると、自分一人では抱えきれないような辛い事態にも直面しますが、そんな時、カフェテリアに集うみなさんの言葉で救われました。 スケジュール共有の情報にも助けられました。もちろん、自分で情報を収集することも忘れませんでしたが、知らなかった情報を得ることもしばしばでした。
■■労働組合に対するイメージ■■:
労働組合というものに関しては、依然としてかたいイメージを抱きます。しかし、広告労協に関しては、このような就職支援をなさっていて、おそらく労働組合の中でも特異な存在なのだろうな、という印象を持っています。
■今後の労協ご意見■:
制作会社の情報が少ないので、その充実があると、これから目指す人たちにとってありがたいことだと思います。このような就職支援活動が、労働組合の流れになっていくと、すばらしいですね!本当に、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.28

05生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■: ありません。
■■落選社■■: 広告3社
■■就職活動で学んだこと■■:
得たものはたくさんありますが、一番大きいのは「自分について深く考え、知ることができたこと」だと思います。

私は、就職をする中で、始めの就職は自分のこれからのキャリアの基礎になり、また、40年会社にお世話になる覚悟(転職の時代とはいえ、あくまで覚悟は必要だと思っていました)が必要だと思っていました。

では、自分のこれからの人生をある程度決定するのが就職活動だとすると、自分の本当にしたいことを考え、その仕事に就く必要があると思いました。

そのためには自分について深く知ることが必要だと思い、自分について真剣に考えていました。(自分について考えたメモがたくさんになっています。)

そうして、広告の仕事を選び、強く憧れた訳ですが、とにかく、自分のしたい仕事を考える中で「自分についてわかった」ことが一番大きかったと思います。

そうすることによって、志望動機もすんなり言えるようになりました。(広告業界以外は志望動機はうわべだけのものになってしまいましたが。)

とにかく今までの人生の中でもとくに大きい経験になったと思います。

■■交通費■■:1
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:
本当に広告労協の方々には感謝しています。現時点でこの進路報告でしか感謝の意を表せないのがもどかしいくらいです。恐らく、広告労協との出会いがなければ内定はいただけませんでした。

イベントについてですが、フォーラムはとてつもなく実になりました。理由は2つです。
1、実際の社員の方々の話を伺えたことで、士気があがったこと。
2、どうしてもOB訪問ができなかった企業でも、面接でフォーラムに参加し、社員の方々の話を伺った話しをすることができたこと。
特に士気が上がったのは非常に大きかったです。生の業界人の方々の話を聞いたことで内定を超えて、その先の仕事をしたいと思うようになりました。

また、ワンポイントアドバイスには選考の際に非常にお世話になりました。
A社の筆記試験はアドバイスどおりに勉強をしたことで通過できたと思います。それだけでなく、B社最終面接の際には特別にアドバイスをいただきありがとうございました。アドバイスだけでなくやる気も上がりました。このときは広告労協F様に個人的感謝してもしきれません。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,リンク集,コラム,携帯版HP,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:
とおりすがりさんのミニコラムはビジネスセンスが磨け、よかった思います。
私自身も、短いコラムでもビジネスセンスが十分に養えた気がしています。
■■労働組合に対するイメージ■■:
労働組合というのが、今まで生活の中になかったため、「春闘」のイメージしかありませんでしたが、今では「労働組合は業界で働く人々の働きやすさを目指すために存在しているんだ」と思うようになりました。
■今後の労協ご意見■:
特にはございません。本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.26

05生:関西 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:なし。
■■落選社■■:広告27社
■■就職活動で学んだこと■■:初めは、就職活動のエントリーシートを書く時「なぜ、バブルの時代に楽をして入社した人に自分を表現して、かつ苦労して会社に入らないかんのよ?」という気持ちでした。けど、この時代だからこそ21歳で自分というモノが一体何なのかを見直す事ができ良かったと今は思います。
就職活動を私はこのようにとらえています。企業は「鍋」学生は「具」です。鍋はふたを開けて既存の味を良くする具を求めます。また、具は自分自身が一体何の具で、どんな味がだせるのか、をアピールします。私は来年の4月からは、必ずいい味をだしていきます。
■■交通費■■:約20
■■書籍・資料代■■:1.5
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:3日に1回程度
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:模擬面接会(評価シートで書かれてある事、挨拶さんの口頭でのアドバイスは今後のES・面接に役立ったと思います。)
創芸のワンポイントアドバイス(このメールがなければ1次役員面接まで行けなかったと思います。)
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,カフェテリア,リンク集,コラム,携帯版HP,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:管理人さんの去年か一昨年のESの駄目だしコメントを載せているページが、役にたったと感じます。コラムで印象に残ったのは、「人事=お母さん、役員=おとうさん」と「江角さんの年金について」そして挨拶さんのコメント「芥川賞最年少受賞者・作品名は必ずどこかの採用試験にでる」という予想です。ライダース・パブリシティの筆記試験に出ていました。
■■労働組合に対するイメージ■■:まだまだ労働組合については、つかめていない感じがするので、これからも新規採用情報を報告したり、チャットをしたりして、具体的にイメージしていきます。
■今後の労協ご意見■:http://www.netadreport.com/agency_jp.html
広告売り上げベスト50位にすぐリンクできますし、毎年売り上げ成績が変わる事に更新されています。去年も活用していましたが、今年はより活用しました。上から順に開いていって、新規採用情報を集めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.24

04生:関西 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:
業界外2社
■■落選社■■:
4社
■■就職活動で学んだこと■■:
たくさんの友人を作ることは、就職活動においてもやはり大切なことだと感じました。それは決して情報を得るためということではなく、その場限りの出会いを友人関係にまで高めていくことがコミュニケーション能力の向上にも繋がると思ったからです。同じ業界を目指す友人との会話を通じて夢を膨らませ、つらい就職活動の中での貴重なモチベーションとすることもできました。
■■交通費■■:
15
■■書籍・資料代■■:
1
■■セミナー参加費■■:
1
■■来訪頻度■■:
2日に1回程度
■■知った時期■■:
2002年09月以前
■■参加イベント■■:
東京・関西フォーラム
■■労協イベントの感想■■:
ライブのフォーラムでは労協の皆様の人間性に少しでも触れられて良かったです。そのことが、後々WEBフォーラムのコンテンツでのアドバイスを素直に受け入れ活かすための良い布石になりました。一度も会ったことの無い方々が運営するサイトと、一度でも会って魅力を感じられた方々が運営するサイトではきっと活用の仕方にも大きな差が出てくると思います。
■■利用コンテンツ■■:
就職課掲示板,リアルタイムアンケート,コラム,携帯版HP
■■労協コンテンツの感想■■:
いよいよ志望企業であったA社の試験日を迎え緊張でガチガチになっていた時に、たまたまケータイ版のフォーラムサイトを開きコラム「A社筆記を受験するフォーラム04生へ」を読んで、一気に晴れた気持ちになれました。労協の皆様が応援してくださっているということを考えるととても心強かったです。結果的に努力不足でその日の試験は落ちてしまいましたが、2月のフォーラム以来ずっと、ケータイ電源の指差し確認をしています。また挨拶専用様の「言語教室」は、日頃の言葉遣いにだけでなく実際のB社の筆記試験にもそのまま役に立ちました。
■■■■労働組合に対するイメージ■■:
労働組合は、賃上げ・労働条件の改善など会社の内側に働きかける活動をするイメージしか持っていませんでした。広告労協の活動はイメージとは違って内側と外側の両方に働きかけるものであり、その活動から組合の方々の人間性をはっきりと感じることができました。
■今後の労協ご意見■:
ウェブ上ではなく、ライブでのイベントを東京・大阪以外の地域でも開催すべきだと思います。私は大学が京都にあるため大阪のフォーラムに参加できたのですが、他地域の学生にも労協主要メンバーの方々のお話をぜひ生で聞いて欲しいです。一度でも実際に労協の方々とお会いしておけば、文章ゆえの誤解も少なくなるでしょうしWEB模擬面接などのイベントにもかなり参加し易くなると思います。忙しい労協の皆様ですから地方各地での講演は大変なご苦労かと思いますが、地方支社にいらっしゃる組合員の方々のご協力でなんとか実現できないものでしょうか?広告志望の学生の中でフォーラムのことを知っている学生はかなりたくさんいました。これからますますフォーラムの認知度も高まっていくでしょうから、費用に多少の負担がかかってしまっても学生は参加を熱望すると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.22

04生:関西 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:
業界外2社
■■落選社■■:
3社
■■就職活動で学んだこと■■:
 OB訪問でいただく指摘、活動中における私自身のメンタル状態などを通して、私自身の強みと弱みが何であるか(大胆であるが、その大胆さを補うほどメンタルが強くない等)。それらを踏まえて今後社会人予備軍として、どのような準備をすべきかを考えるようになりました。 また、数々の就職活動イベントを通して、働く事に対する意識の高い学生と知り合い互いに刺激しあえる関係を築く事ができました。
■■交通費■■:
10
■■書籍・資料代■■:
1
■■セミナー参加費■■:
0
■■来訪頻度■■:
1週間に1回程度
■■知った時期■■:
2002年11月
■■参加イベント■■:
東京・関西フォーラム,東京・関西就職塾
■■労協イベントの感想■■:
 関西就職塾において、私の足りない部分を指摘していただいた部分が大きかったです。以来、客観的に分析できない私の欠点を意識的に無くす事に勤めました。 A社の一次、二次面接、GD前にいただいたアドバイスも有効でした。自身を持って臨む事が出来ました。
■■利用コンテンツ■■:
就職課掲示板,自治会掲示板,コラム
■■労協コンテンツの感想■■:
コラムOB・OG訪問よりも大切な事が印象に残っています。ご指摘とおり、社会人の方々との接触機会が少ない私にとっては考えさせられるものがありました。以来就職活動を通して積極的に社会人の方々とコミュニケーションを持つ機会を持つように心がけました。その中で幾つかのパラダイムシフトがあり、私にとっては有効な機会でありました。
■■■■労働組合に対するイメージ■■:
 jobwebなどの他の就職支援組織と比較して組合員の方々の顔が見える事が最も良い所であると思います。そして何よりも個人を大切にサポートしてくれる点が、どの組織よりも優れていると感じました。最初にこのHPに登録した時は、正直jobweb等と同じ感覚で(とりあえず登録しとこうという感覚です)登録していました。
■今後の労協ご意見■:
 基本的に今の体制で充分過ぎると思いますが、あえて意見を言わせていただくと関西の学生に対してのバックアップを強化していただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.16

04生:海外 女性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:
広告業界1社
■■落選社■■:
6社
■■就職活動で学んだこと■■:
広告労協を通じて知り合った友人や業界の方々とは、本当に知り合えて良かったと感じています。 また、面接や説明会などで知り合った友人達から、たくさんの情報提供を受けました。 就職活動という場で、自分のやりたい事をちゃんと言葉にしてみる機会を与えられて本当に貴重な時間を過ごせたと思います。
■■交通費■■:
15~20
■■書籍・資料代■■:

■■セミナー参加費■■:
0.5
■■来訪頻度■■:
3日に1回程度
■■知った時期■■:
2002年09月以前
■■参加イベント■■:
東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:
面接対策会無くして内定はあり得なかったとおもいます。面接をしていただいて、改めて考える事や調べたい事がはっきりしてきたように思います。また、その他のワンポイントアドバイス等は、その一通のメールの情報を持っているだけで本当に勇気付けられました。面接に臨む前の心細い気持ちが勇気づけられたと思います。
■■利用コンテンツ■■:
就職課掲示板,カフェテリア,リンク集,コラム
■■労協コンテンツの感想■■:
なんといっても、内定二社で悩んでいた時本当にカフェ等でお世話になりました。就職課掲示板は海外大学に通っていた私にとっては、唯一の情報源であったといっても過言では無いです。まわりからの情報が全くなく、OBさんも一人もいない状況で、こうして業界の方々から情報提供して頂けたという事に本当に感謝しています。 ありがとうございました。
■■■■労働組合に対するイメージ■■:
すごく、身近ですごく恩返ししたいです。
■今後の労協ご意見■:
スケジュール共有コーナーがあるなんて05生はうらやましいっです^^。関西でフォーラムを開いて頂けたのは、一関西人としてとても嬉しい出来事でした。そして、ワンポイントアドバイスも本当に心強かったので是非後輩のみなさんにも活用してほしいなぁ、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.14

04生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:
代理店1社、他4社
■■落選社■■:
3社
■■就職活動で学んだこと■■:
就職活動で大切な事は、1人で決められたことができるか、という事だと思います。周りを見ていると、一緒に説明会に行こう、だとか、一緒に志望動機を考えよう、だとか、周りと一緒になって行動している人が目に付きました。 もちろん、有力な情報をシェアすることは大切ですが、基本的には1人で自分の力で乗り越えていくものであると思います。 私は就職活動を通じて、自分のやりたいことに向けて、何ができるかを常に模索する力を得たと思います。必要な情報を見分けること、自分1人で努力すること、全ては自分の理想を叶えるための手段だと思います。
■■交通費■■:
3
■■書籍・資料代■■:
1
■■セミナー参加費■■:
1
■■来訪頻度■■:
ほぼ毎日
■■知った時期■■:
2002年09月以前
■■参加イベント■■:
東京・関西フォーラム,東京・関西就職塾,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:
ワンポイントアドバイスというシステムは非常にいいツールであると思いました。現実の模擬面接とメールでの対応と全ての人に考慮されていて、広告会社を受験する学生にとっては力強いものだと思います。 実際に私自身、ワンポイントアドバイスにかなり助けられたと思います。
■■利用コンテンツ■■:
就職課掲示板,自治会掲示板,リアルタイムアンケート,FAQ, リンク集,コラム,携帯版HP
■■労協コンテンツの感想■■:
業界の売上や、広告会社の現状を一般の書籍よりも詳しく書かれていましたので、とても参考になりました。 自治会掲示板の締め切りを共有しようとはじまった書き込みはとても参考になりました。
■■■■労働組合に対するイメージ■■:
ここまで学生に親切な方がいるのかと驚くばかりでした。最後の回は参加できませんでしたが、就職塾に参加でき、本当によかったと思います。 今後も就職塾のメンバーと連絡を取っていければと思っています。
■今後の労協ご意見■:
個人でしっかりと管理すればよいお話ですが、エントリーシート等の締め切り日の共有は今後も続け、就職活動の最初からどんどん稼動していくべきであると思います。 労協としてはより多くの学生がここを利用することを望んでいるのかも知れませんが、私はここの本当の魅力は“誰もが知らない” ところにあると思います。 よりコアな人間だけが集まっているからこそ、よい情報が集まっているのだと思いました。 今後、人数の増加と情報の錯乱に困惑されると思いますが、広告業界を目指す学生のスタンダードになるよう、今後も私自身なにかお手伝いができればと思っております。 今まで本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.04

05生:関西 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:なし。
■■落選社■■:広告4社
■■就職活動で学んだこと■■:学生としての自分の甘さ、そしてビジネスというフィールドで活躍されている方のまぶしさ、かっこよさを学んだ気がします。
■■交通費■■:20
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:私は関西の模擬面接会に参加させていただきました。そのときに応募フォームに不備がありました。にも関わらず労協のスタッフの方々は私を呼んでくださいました。学生としての自分の甘さを痛感しました。また改めてそのことの御礼とお詫びをしたいなと思います。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板
■■労協コンテンツの感想■■:「役員面接では交通費を払ってあげてください」というコラムが本当に心に響きました。私は就職活動で地方学生の不利というものを経験しました。採用のほとんどが首都圏の学生、という会社も多かったです。私自身がそういう経験をしているときにちょうどあのコラムを読んだわけです。
フォーラムに参加した際にも、地方学生に対する配慮を呼びかけている、という話を聞いたのを覚えています。労協の方々の姿勢には本当に感銘を受けました。精神的に大きな助けだと思います。
■■労働組合に対するイメージ■■:労働組合というと、ただただその会社の社員のために存在するものであると思っていました。しかし労協の方々は社員のことだけではなく、学生の就職活動を助けることにも重点をおかれていました。もちろん、私の認識不足だったのですが、それが意外でした。今就職活動を行っている学生はこれからの広告業界を担っていく存在であるとともに、仮に他業界に就職した際にも大事なクライアント企業の社員たる存在になる、そういうことをお聞きしまして、そのビジョンの広さにも感銘を受けました。
■今後の労協ご意見■:私個人の意見としましては、今のままで十分だと思いました。 労協の方々からは、本当に参考になるアドバイスをたくさんいただきました。私が内定を勝ち得たのも、労協スタッフの方々あってこそだと思います。
ただ、やはり基本的には就職活動は自分で情報を集め、OBを探して奔走するものであると思います。それが「その会社への熱意」「志望動機」だと思います。もちろん、私がたまたま環境的に恵まれていただけなのかもしれません。これからも学生の力だけでは知ることが出来ない情報等を提供していただけたら、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.02

05生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:広告外3社
■■落選社■■:広告4社
■■就職活動で学んだこと■■:社会人としてのルールはマナーはある程度身についたと思います。またOB訪問を通して、広告業界で働いている人が何を考え何に悩んでいるのかということがよくわかりました。
■■交通費■■:10
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:2
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:各社ごとの面接対策アドバイスは非常に役に立ちました。また、私は電通GD対策に参加させて頂きましたが、実際のGDと同じような環境でとても勉強になりました。結果としてGDで敗退となってしまったことは非常に残念ですし、労協様からのアドバイスを活かすことができなかったのかと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,コラム
■■労協コンテンツの感想■■:「役員=お父さん、人事=お母さん」論。
本命の最終面接の際にも、このコラムの内容を意識して臨みました。
■■労働組合に対するイメージ■■:ギブ&テイクという基本原則をしっかり守ればとても有意義な関係が築けると思いました。
■今後の労協ご意見■:実際に労協様は活用し就職活動をした方々の声を載せるとより労協様のイメージがしやすくなるのでは、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »