« 05生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | ヴィレッジヴァンガード、スタッフ御中。 »

2007.10.19

05生:関西 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:広告1、広告外1
■■落選社■■:広告3社以上
■■就職活動で学んだこと■■:痛感したのが「学生生活を大切にしなければいけない」ということです。私はこれが欠けていたので2年間就職活動をするはめになりました。(それだけじゃないんですけどね。) 就職活動のために大学生活をデザインするなんて考えは大嫌いだし、薄っぺらな人間になりそうな気もする。けれども大学生活を通して自分自身を成長させようという意識は必要で、今更ながら大学に入学した当時「学生生活適当に過ごそう」と考えていた自分に後悔している。その分、内定者という期間を含め社内で若手と呼ばれるうちから意識を高くして自己研鑽に励みたい。
■■交通費■■:15
■■書籍・資料代■■:0.5
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,東京・関西就職塾,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:私は昨年の京都就職塾と関西での就職フォーラムに参加させて頂きました。またワンポイントアドバイスは主に大広と朝日広告社についてのものを頂きました。中でも私にとって最高のアドバイスになったのがA社1次面接ワンポイントアドバイスでの、ある一文です。これ以降は面接を10回以上受けましたが落選は1回しか経験しませんでした。本当にワンポイントアドバイスのおかげです。ありがとうございました。
■■利用コンテンツ■■:コラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:とおりすがりの業界人さんのコラムはほぼ毎回拝読していました。面白かったのが「夏に雪かき機を売る方法」というコラムです。問題が出された後に自分なりに考えてみました。後日模範解答のようなコラムがあったと記憶していますが、それが実は私が考えていたプランと全く同じでした。私は「なぜ消費者は夏に雪かき機を買わないのか?」というところから考え始め、「それは夏に買っても雪かき機が無駄になるかもしれないリスクがあるからだ」というところから「それなら冬に雪が降らなければ割引をしよう」、そういえば保険論という講義で「天候デリバティブ」というのがあったな、それが使えるかも、などと考えていました。それが見事に?的中して自分にとってちょっとだけ自信になりました。そんなことが就職活動をする上で支えになったりもしました。また機会がありましたらケーススタディのような問題をお願いします。楽しみにしております。
■■労働組合に対するイメージ■■:こんなこと言うといけないのかも知れませんが、私はあまり「労働組合」に接したという実感を持っていません。むしろ社会人の先輩、広告業界の先輩が私たちの就職活動を支えてくれているというのが実感に近いです。強いて言うならば労働組合は経営陣と「闘っている」というイメージが強かったのですが、労協の活動に接することで学生を(そして本来的には従業員を)「守ってくれる団体」というイメージが強くなりました。なんか抽象的ですいません。
■今後の労協ご意見■:通常「マスコミ」と分類される広告業界は一見、華やかに見られます。私も広告の世界を目指すきっかけとしてはそういう華やかさに惹かれたということは否定できません。しかし就職活動を終えてより深く広告業界を眺めてみると、華やかさの裏には弱肉強食の厳しく汚い世界があるということもまた事実であると思うようになりました。今や広告業界を志望している学生のほとんどが労協の活動を知っています。だからこそ労協はそういう学生に対して華やかさではなく厳しさを伝える場であってほしいと思います。広告の素晴らしさを教えてくれる人やモノはたくさんあります。だからこそ労協は「広告の世界で働く覚悟はあるか?」と学生に問う場であってほしいと思います。まだ働いてもいない学生が生意気言ってすいません。でも本音です。今後お世話になった労協の活動で何かお役に立てることあればご連絡下さい。喜んでお手伝い致します。
最後になりますが労協の皆様の益々のご活躍をお祈りしています。

|

« 05生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | ヴィレッジヴァンガード、スタッフ御中。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/1000587

この記事へのトラックバック一覧です: 05生:関西 男性 広告代理店:

« 05生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | ヴィレッジヴァンガード、スタッフ御中。 »