« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007.09.30

08生:関東 男性 印刷会社


■■進路以外での内定社■■:広告外1社

■■落選社■■:広告4社ほか

■■進路を決めた理由■■:最初広告に限定して就職活動をしていましたが、納得のいかない結果が続き、夏休みも就職活動を続けました。
そんな中、もしかしたら、企業とエンドユーザーの間に入る「モノ」を作りたいのかもしれない、と思うようになってきて、印刷会社も受けてみました。そこで、縁があって、内定を頂き、この会社に決めました。

■■就職活動で学んだこと■■:本当に、自分だけの力では何も出来ないと感じました。本当にGIVE & TAKE精神だな、と思いました。それを学ばせてくれたのは、広告労協でした。

就職活動中では、本当に貴重な友達作りが出来ました。
私は、まず、就職活動では、試験・面接等で必ず隣の人に挨拶して約10分は会話をしました。そして、そこで仲良くなったりしたら、一緒にお酒を呑みに行くというスタイルを取りました。広告労協でも、良い友達が作れて、「あ、きっとこれからも友達だな」って確信が出来る位の仲間だと思っています。

■■交通費■■:5
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:4日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:友人の紹介

■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■: ワンポイントアドバイスは本当に参考になりました。参考にして、そして自分はどうするべきかという姿勢を学びました。

フォーラムに関しては、とても実りあるものでした。しかしながら、模擬面接に関してはもう少し少人数制でやっても良いかもしれないとも感じました。


オフ会は、とても楽しくて、また集まってやりたいな、って思います。

スタッフの方は本当に優しい。いや、ほんまに優しい!!

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,blog挨拶専用,スケジュール共有,書籍ススメ
■■労協コンテンツの感想■■:カフェテリアは、様々な方々の意見を聞くことが出来ました。また、時折スタッフの方も参加してくれて、貴重な話を聞かせてくれたりして、楽しかったです。

■■労働組合に対するイメージ■■:最初は単なるボランティア団体だと思っていたけれど、スタッフの皆様が一人一人真剣に学生のことを考えて下さっていて、私も、協力していきたいなと感じるようになりました。

■今後の労協ご意見■:携帯版の更新が何日か遅れていたので、そこを改善した方が良いかなと思いました。

| | コメント (0)

2007.09.28

08生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:広告1社

■■落選社■■:広告14社他

■■進路を決めた理由■■:内定をいただいた2社で迷いましたが、OBの意見を参考にしたり、人の良さで決めたりしました。
しかし何より、規模は小さくも「総合広告代理店」に行きたいと思ってずっと就職活動を行ってきたため現在の会社を選びました。規模の面では他方の方が勝ると思い、少し迷いましたが、自分のやりたい事とずれるのでやめました。
■■就職活動で学んだこと■■:
①人に伝える能力の大事さ
②人脈形成の大事さ
であると思っています。

①OBと会う中で、ロジックの大事さを思い知りました。志望動機、自己PRのリンクだけでなく、話す事・ESに書くこと全て一本筋が通っている事が大事なんだと気づきました。「自分はこういう人間だからこうなんだ」という事が全ての話に一貫している、という事が大事だと気づきました。

②OBがいなかったら、①のように気づくものも気づきませんし、何よりも落ち込んだときのモチベーションアップにもなりました。
■■交通費■■:10
■■書籍・資料代■■:5
■■セミナー参加費■■:
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知ったきっかけ■■: 知り合いのOBから教えていただきました。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:ワンポイントアドバイスがあるとないとでは全く心持ちが違いました。何もないときより少し安心していたように思います。
また、OB・OG訪問会を開催していただいたり、OBを探すのが難しい時に非常に良かったです。ありがとうございました。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,FAQ,リンク集,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:広告業界の知識を多少深める意味でも、広告業界基礎資料などがすごく役に立ちました。
■■労働組合に対するイメージ■■:当初労働組合とは、形ばかりで何もやってないのではないかと思っていましたが、全く正反対でした。そう思っていた自分が恥ずかしい限りです。就職活動生のためだけにも上記のような活動をしていただいて、人のためをお考えになった、すごくあったかい組織だと感じました。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
■今後の労協ご意見■:あえて挙げるとするならば、「業界知識の提供」、「ワンポイン
トアドバイスの充実」、などでしょうか。

| | コメント (0)

2007.09.26

08生:関東 男性 広告制作会社

■■進路以外での内定社■■:なし。

■■落選社■■:広告11社

■■進路を決めた理由■■:同社の制作しているCMで大好きだったからです。もうその作品に係わることはできないにしても、大好きなCMを制作している会社で働きたいと考えたからです。

■■就職活動で学んだこと■■: OB訪問等しなかった私は、面接でもその点を指摘され、主体性・積極性に欠けていることを痛感し、それが働く上で一番重要なことなのだと感じました。これまでやらなければいけないことを先送りにし騙し騙しやってきたことのツケが回ってきたのだと、これまでの自分の怠惰な生活態度を後悔しました。ただ、前向きに捉えれば、主体的、積極的に行動さえすれば何とでもなるんだということも実感しました。
 そんな私を評価し、採用してくれる会社があったことで、これまでの就職活動でやってきて自分自身評価できる部分に自信をつけ、これまでよりも自分を律することができるようになりました。具体的には、今やるべきことを書き出し、優先順位をつけ、それらを達成するための細かな目標を明確にするようになり、今自分がすべきことから逃げない自分に少しずつなっていると実感しています。
 「10年後の自分」は全く想像できません。しかし、目標を持ってそれに向かって目の前にあることに対して、主体的かつ積極的に努力していれば、たとえ、自分が思い描いていた10年後と違う結果であれ、充実した10年後を送っているのだろうと思うようになり、社会に出ることが非常に楽しみなりました。
 実際に働くようになると「俺、何でこんなことしてるんだろう」とか「こんなことするために広告業界に入ったんじゃない」と思うようなことをしなければならないことが多分に予想されますが、そういったことも含め「やってやろーじゃねーか!」という「本気モード」のスイッチを入れて就職活動を終えることができました。

■■交通費■■:1,5
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:0,5
■■来訪頻度■■:5日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:ADKのHPを検索したときにリスティング広告で知りました。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム
■■労協イベントの感想■■:

■■利用コンテンツ■■:自治会掲示板,blog挨拶専用,書籍ススメ

■■労協コンテンツの感想■■:社会人としては当たり前のことなのかもしれませんが、「まず、名乗る。」は私にとって目から鱗でした。就職活動を始める前にこのコラムに出会えたことに本当に感謝しています。実際に企業から電話があった時、まず、名乗ったことでいきなり本題を伝えられたときは何だか痛快でした。このコラムが私が「働く」ということを真剣に考えるきっかけだったような気がしています。

■■労働組合に対するイメージ■■: 労働組合に対するイメージは変わったというよりは、その重要性を再確認しました。というのも、今年3月までアルバイトをしていた会社は労働組合がしっかりしていて、アルバイト中にその機関紙を読む機会があった私は、組織の中で個人の権利を埋没させないために労働組合の重要性を感じていました。
 広告業界の更なる活性化のため、ボランティアで就活生支援までしてくださる広告労協の活動は実際広告業界で働いてからも、自分の権利を正当に主張するためになくてはならないものだと感じました。延いては、広告業界の健全な活性化に繋がるのだと実感しました。

■今後の労協ご意見■:制作会社のコンテンツも、もう少しあると就活生の選択の幅が更に広がるのかもしれないと思いました。

| | コメント (0)

2007.09.24

08生:関東 女性 広告代理店


■■進路以外での内定社■■:広告外1社
■■落選社■■:広告7社

■■進路を決めた理由■■:○社会に出て勉強がしたいと思ったから
○規模は小さくても広告会社であることに変わりはないから
○何事もやってみなければわからないと思ったから
○内定先は、地理と関係することなどを手がけ、面白そうだと感じたから

などです。
■■就職活動で学んだこと■■:○自分から働きかけることで、人脈や経験が深まるということ
○人生思いどおりにはなかなかいかないということ
○直接目には見えずとも、社会はいろいろな要素から成り立っているのだということ
○学生(特に筑波大生)がいかに浮世離れしているかということ
○学生の考えは甘いということ
○東京は想像以上に人が多いということ

などです。
■■交通費■■:15
■■書籍・資料代■■:3
■■セミナー参加費■■:2
■■来訪頻度■■:1週間に1回程度
■■知ったきっかけ■■:よく覚えていませんが、広告業界へ就職のためのイベントを探していて、たどり着いたのだと思います。

■■参加イベント■■:模擬面接会,ワンポイントアドバイス,その他勉強会
■■労協イベントの感想■■:実際に広告業界に携わっている方々の、普段は聞けないようなナマの声が聞けて、広告業界やその企業を知る上で大変勉強になりました。


■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,カフェテリア,リンク集,blogススメ,blog挨拶専用,書籍ススメ
■■労協コンテンツの感想■■:カフェテリアで、様々な方々の毎回毎回のお言葉がすごく印象的でした。パッとは出てきませんが、語録を作って大切にとってあります。 自治会掲示板の情報も、ひとつでも見逃すと非常に悔しい思いをするくらい役立ちました。広告業界就職のための情報をまとめてくれているサイトはあまり見られないので・・・。


■■労働組合に対するイメージ■■:最初の最初は、正直申し上げて少し怪しいと思っていました。(すみません)

しかし、労協の方々の活動に接していくうちに、お忙しい中就活生のために時間を割いてくださって、本当にありがたいと同時に、結果を出さなければ申し訳ないという気持ちになりました。

■今後の労協ご意見■:意見というより、メッセージをこの場を借りて申しあげます。

大変お世話になったのにも関わらず、ご報告が非常に遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。

院に進むことで非常に悩んでいたのですが、最近、やはり就職しようと決意いたしました。
自分は就活を精一杯頑張ってきたつもりで、その末に出た結果なので、あまり悲観せずに就職してからも頑張りたいと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2007.09.22

08生:関東 男性 広告代理店


■■進路以外での内定社■■: なし

■■落選社■■:広告10社

■■進路を決めた理由■■:クリエイティブに力を入れようとしているため。(自分はコピーライター志望のため)様々なクライアント・媒体を扱える大手代理店の一つであるため。HDYの今後に期待しているため。
■■就職活動で学んだこと■■:●理想論ばかり語ると、嫌われる。
ある程度、広告の現状を理解し、広告の将来とそこで自分がなすべき事といったような、現実的な話・PRができると強い。


●集団面接は、他受験者の話と、それに対する面接官のリアクションを観察して利用すると良い。
例えば・・・私は読売広告社の最終が集団面接でした。
私の順番は最後だったのですが、私の前に答えた受験者の志望動機に対して面接官(役員)の反応は「ウンザリ」といったカンジでした。
それは、どの受験者も必要以上に話が長く(一人5分くらい話してました)、動機が、いわゆる「キレイ事」だったからです。(人の心を動かしたいとか、感動するモノをつくりたいとか。)
私は2分程度の話を用意していました。内容も「キレイ事」に近いものです。しかし、面接官のリアクションを見て、急遽話す内容を変えました。(30秒程度で、広告界の現状と自分がそこでしたい事といった現実的な内容)私のときだけ、明らかに面接官の反応・食いつきは違ったと感じました。
■■交通費■■:5
■■書籍・資料代■■:5
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:4日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:昨年度、先輩の紹介で。

■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム
■■労協イベントの感想■■:昨年度はH社の「検診後落選」の件、今年度は内定社の最終直前に相談に乗っていただきました。

沢山の登録者がいる中で、昨年度も今年度もスグに返信を頂いたばかりでなく、丁寧にア
ドバイスして頂いて、本当に感謝しております。
特に、内定社の件では、過去の質問集を送っていただき、直前にしっかり準備して行けたおかげで、冷静に最終面接に臨むことができました。
■■利用コンテンツ■■:スケジュール共有,書籍ススメ
■■労協コンテンツの感想■■:スケジュール共有は、忘れていた会社のES締め切りなどを確認するために使っていました。
「みんなの就職日記」をよく見ていたのですが、デマ情報も多いですし、広告業界専願の人ばかりではない(マスコミ志望で広告は選択肢の一つという人が結構いる)ため、仲間意識が生まれにくく、情報交換も活発ではありません。
労協で会社ごとの板が設置されていれば、利用者は情報交換も活発にできて(おそらく広告を本気で受けてる人ばかりだから)、助かると思います。

■■労働組合に対するイメージ■■:労働組合は、現時点での労働者の利益を確保するために行われるものだと思っていました。就職前の学生を支援するという労働組合があるとは知りませんでした。
本当に広告を愛する人達だからこそ、本気で広告を仕事にしたいと望む学生を応援してくれるんだなと、感じました。
■今後の労協ご意見■:労協のセミナーに参加したり、HPなどから得る情報は本当に為になるものです。
これを知って就活するのとしないのとでは、大きく違うと思います。
しかし、就活をしていて、意外にも労協の存在を知らない学生が多いと知りました。労協の改善点というよりは、労協にお世話になった人や、労協にかかわった人が、どのように労協の存在を周知させていくかが課題かと思います。

ブログなどで、広告界の現状(書籍「広告会社は変われるか」みたいなぶっちゃけ話)が聞けると、面接で話すネタに深みが出て良いと思います。


| | コメント (0)

2007.09.20

08生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:広告1社、広告外1社

■■落選社■■:広告41社

■■進路を決めた理由■■:内定を頂いた広告会社で最上位だったから日経新聞のパワーを活かしつつ、グループ会社ではないので他の媒体もうまく活用できると考えました
日経と冠がついているにもかかわらず、柔らかいと言いますか、固くないと言いますか、明るい印象に魅かれました。中堅の広告会社にしてはテレビ媒体の取り扱いが多い。


■■就職活動で学んだこと■■:出来た友人関係としては、労協生に関しては連絡先を交換したりした後も、連絡が続きます。しかし企業の面接で出会った方に連絡をしても無視されて無返信の学生が相当数いたことが残念でした。8割か9割は返ってきませんでした。

OBの方のやさしさ。赤の他人ですが、快く引き受けていただいたことがうれしかったです。そのような人間関係を築いていきたいと思っています。

■■交通費■■:5
■■書籍・資料代■■:2.5
■■セミナー参加費■■:1.5
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知ったきっかけ■■:アルバイト先の先輩が労協を知っていたことです。就職課にあったフォーラムのパンフレットを拝見いたしました。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会,その他勉強会

■■労協イベントの感想■■:模擬面接などをしていただいて、他の場所では中々出来ない経験をさせていただきました。そこで指摘されたことを参考にし、自己PRなどを修正したことが内定につながったと思います。ワンポイントアドバイスでは事前にどのような形式なのかどのような質問があるのか、どのような雰囲気なのかなどをイメージして面接に望むことができました。どうもありがとうございました。
■■利用コンテンツ■■:自治会掲示板,FAQ,blog挨拶専用
■■労協コンテンツの感想■■:フォーラムパンフレッドの1番後ろに掲載されていた売り上げランキング表は毎日のように眺めていて、参考にさせていただいております。
自治会掲示板情報で、マス読メルマガに掲載されていない募集情報がとても役立ちました。
ワンポイントアドバイスは上記の通りです。
挨拶専用様や通りすがりの業界人様のブログへのリンクも活用させていただきました。
■■労働組合に対するイメージ■■:失礼なお話ですが、最初は労働組合と聞いて賃金戦争や春闘などばかりやっているいかがわしい団体かと思っていました。しかしフォーラムに参加させていただいてから、就職活動支援をしていただき、少しずつ広告業界のことを考えていて知識もある団体だと思いました。あととても面倒見が最高によいというイメージがあります、助かりました、ありがとうございました。

■今後の労協ご意見■:FAQの会社・業界といったところを参考にさせていただいてとても助かりました。

しかし来年以降の学生のために意見させていただきますと、少し古いことと1部の会社しか情報がないことが残念でした。
毎年新卒募集をしているような大手や準大手だけではなく、中堅会社の情報などもあるとパワーアップしますし、来年以降の学生も喜ぶのでなないでしょうか?また優秀な人物を業界に呼びたいという労協の趣旨にも合致するかと思います。

カフェテリアですが、少し敷居が高いように感じました。もちろん情報が欲しければ自分から取りに行くのは当然だと思いますし、大人数には向かないシステムかもしれません。しかし頭の片隅に入れておいていただきたいことは、「カフェに行きづらいなー」と思う学生がいるかもしれないということです。
私自身は何度かお邪魔させていただいた際に的確に質問にお答えいただき、とてもお世話になりました。ありがとうございました。

今後ともぜひこのような就職活動支援を行っていてほしいと思います。本当にお世話になりました、労協スタッフの方々やOBの方々本当にどうもありがとうございました。私もお世話になった恩を返したいと考えておりますので、まずは09生支援で恩返ししていきたいと考えております。
今度ともよろしくお願いいたします。


| | コメント (0)

2007.09.18

08生:関東 女性 PR会社

■■進路以外での内定社■■:広告外2社

■■落選社■■:広告8社

■■進路を決めた理由■■:・選考過程で英語の面接があり、職場で今ある能力を使える可能性を感じました
・幅広い業界と携わることができる仕事がしたいからです
・人脈が広がる可能性が最も高いと思いました
・自分が働いている姿が最も想像つく会社でした
■■就職活動で学んだこと■■:・そんなに辛いものではないです!
・様々な業界のあらゆる会社を訪問できるのはこの時だけで、それを逃すのはもったいないです
・要領の良さと人間味が決め手である気がしました。
・最終選考に近い面接になるほど肩の力を抜くといいと思います。
・「就職活動」というキッカケで貴重な方たちとお話をすることができました。

■■交通費■■:1.5
■■書籍・資料代■■:0.7
■■セミナー参加費■■:0.2
■■来訪頻度■■:1週間に1回未満
■■知ったきっかけ■■:OB訪問をした際に先輩から聞きました

■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会
■■労協イベントの感想■■:フォーラムは様々な会社のお話が一度に聞くことができ、大変貴重な経験でした。出演されていた先輩に後日OB訪問をしましたがフォーラムでの話から派生して色々と質問がしやすかったです。また、フォーラム当日に「広告業界就職ノススメ」を購入したのですが、著者ご本人から受け取ることができ、模擬面接でもお会いする機会があったので、見ず知らずの著者のものを読むよりも遥かに説得力がありました。一人で参加したイベントでしたが、隣に座った方と友達になって今でも連絡を取り合ったりと、「情報」以外に得るものが沢山あると感じました。

■■利用コンテンツ■■:書籍ススメ
■■労協コンテンツの感想■■:広告労協のことを知ったのが2月頃と、遅かったのですが、フォーラムに参加して大変充実した時間だったので、その後のイベントはチェックしていました。

■■労働組合に対するイメージ■■:先輩から聞いた話だけでは全く雰囲気が掴めなかった「組合」でしたが実際参加してみて、同じく就職活動をしている生徒たちが沢山いて安心できる環境でした。また、同期が頑張っている姿をみて励まされたり、友達をつくって交流を広げる場にもなり、学校やアルバイト先などのように一つのコミュニティである親近感が湧きました。

■今後の労協ご意見■:広告労協を支えている幹部の方たちとお会いする機会があるほど、参加しやすいので今後とも生徒同士や先輩方と交流する機会があると親しみやすくなると思います。


| | コメント (0)

2007.09.16

08生:関西 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■: 広告2社
■■落選社■■:広告5社
■■進路を決めた理由■■:
総合広告代理店であること。
今後、広告業界で働くにあたって、様々な媒体を扱ってみたいと思ったから。
■■就職活動で学んだこと■■:
考えること、行動すること。の両方。
■■交通費■■:40
■■書籍・資料代■■:0.5
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:
広告関係のキーワード検索でヒット。
■■参加イベント■■:ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:
OB訪問会での現役社員の話は大変参考になりました。特に、日経社に関しては、最終面接直前のOB訪問会での情報がかなり大きなウェイトを占めていたように思います。
■■利用コンテンツ■■:自治会掲示板,カフェテリア,書籍ススメ
■■労協コンテンツの感想■■:
カフェテリア。
“本当に広告業界で働きたい”という高いモチベーションを持った学生と交流できたこと。いい刺激になったし、カフェから実際に新たな友人もできました。
特に、大手の選考が終わり、夏場にかけては、周りの友人も就職活動を終えていて、非常に孤独でした。しかし、その時期にカフェにいる学生は、上記のような、特にモチベーションの高い学生が多く、支えになったような気がします。

■■労働組合に対するイメージ■■:
最初は怪しい団体だと思っていました。すみませんでした。
■今後の労協ご意見■:
難しいと思いますが、地方学生へのフォローでしょうか。私にも、入社まで、関西に在住している間に、出来る限りのお手伝いをさせて下さい。

| | コメント (0)

2007.09.14

08生:関東 女性 広告代理店


■■進路以外での内定社■■:ありません。
■■落選社■■:広告10社

■■進路を決めた理由■■:自分が一番したいことができる会社だと思ったからです。「企画力」がある会社だと聞いていたので、私の独創性を活かしたいと思いました。
また、業界での順位や、大手クライアントをもつことができる点で魅力的だと感じました。
■■就職活動で学んだこと■■:やはり、精神面が強くなったと思います。
面接などでも受け慣れ、落ち慣れしてきたので、自分のうたれづよさを知りました。

あと、サポートしてくれる周りの環境に改めて感謝しました。私一人では就職活動を乗り越えることができなかったと思います。
■■交通費■■:5
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知ったきっかけ■■:大学の授業が教えてくださいました。

■■参加イベント■■:模擬面接会,ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:

模擬面接会

この模擬面接会に参加してから、面接が受かり始めました。自信につながりましたし、アピールすべきポイントを教えていただいて、とてもためになったと思います。模擬面接ありきの内定だと思います。

ワンポイントアドバイス

面接の対策を立てたり、筆記試験の準備に参考にしたり、かなりお世話になりました。過去の経験がこれだけあると、安心して選考に進むことができます。

OB/OG訪問会

会ではないのですが、日経社のOB訪問(労協出身)をする際に、通りすがりの業界人さんが同行してくれたのが心強かったです。やはり「生」の声は何度聞いても勉強になると思いました。ありがとうございました。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,FAQ,リンク集,blogススメ,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:もう少し早く「広告業界就職のススメ。」を知っておけばよかったと後悔しました。FAQの会社についての質問は業界研究でもかなり役に立ちました。
■■労働組合に対するイメージ■■:はじめはあまり活動していないのかな、と思いましたが、お忙しい時間をさいて、ここまで活動しておられることに驚きました。Give And Takeの精神、ステキだと思います。
■今後の労協ご意見■:約半年間、お世話になりました!広告業界を目指す後輩にも、労協のこと、教えたいと思います。ありがとうございました!

| | コメント (0)

2007.09.12

08生:関東 男性 広告代理店


■■進路以外での内定社■■:広告1社
■■落選社■■:広告多数

■■進路を決めた理由■■:
唯一受かったから。
大学で建築設計を学んでいて、アウトプットする立場に立ちたかったから。
大きな仕事の経験をつめると感じたから。
下請けで、多忙な職場だとは聞いていてビビッていたが腹をくくった。
■■就職活動で学んだこと■■:
沢山の就職活動生に出会って、皆それぞれ素晴しい人生を送ってきているのを知って感動した。自分は理系で、広告に行く人が周りにいなかったですし、大学でもOBの有無やそういった情報は一切なかったので、全て自分から積極的に情報を取りにいき、その中で自分と同じ大学出身ではない社員の方に会うようにアポをとり頑張った。そうやって主体的に自分から目標のために動いていった事が良い経験となった。
■■交通費■■:?
■■書籍・資料代■■:?
■■セミナー参加費■■:?
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:
広告業界に入っていた友人の紹介
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:
最初にフォーラムに出たときに出来た友達や、知り合った社員の方がいなかったら広告業界にはいけなかっただろうと感じています。またワンポイントアドバイスなど情報が不足している私にとってはありがたいものでした。
理系の学生の私にとって、労協は合格の全てといっても過言ではありません。本当にありがとうございました。
■■利用コンテンツ■■:自治会掲示板,blogススメ,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:
ワンポイントアドバイスはとても参考になりました。
あれがあると無いとでは、面接に対する入り方が大分違うと思いました。

■■労働組合に対するイメージ■■:
見ず知らずの学生のために一生懸命になってくれている事に凄く好感を持ちました。

■今後の労協ご意見■:
セミナーをもう少し増やしてもらえたらよかったかもしれません。

| | コメント (0)

2007.09.10

08生:関東 男性 メーカー

■■進路以外での内定社■■:広告外3社
■■落選社■■:広告3社

■■進路を決めた理由■■:・OB訪問で社員の方の人柄や仕事に対する考え方に共感がもてたから。
・職種別採用を行なっており、広報やIRの仕事に関心があったから。
・もともと好感を持っていた企業だったから。
■■就職活動で学んだこと■■:・頑張ればいいわけじゃないけれど、頑張ることが大切だということ。
 頑張ったからといって必ずしもいい結果が出るわけではない。
 頑張っている人は周りにもたくさんいる。
 でも、後から後悔しないくらい頑張って取り組むことが、最終的に
 大きな視点での「満足」と「結果」に結びつくのではないかと強く感じた。
 社会人になっても、この経験を困難に立ち向かう原動力にしていきたいと思う。
■■交通費■■:10
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:3日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:06年11月の東京でのマスコミ業界就職フォーラムで挨拶さんや業界人さんと出会ったことがきっかけです。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,その他勉強会
■■労協イベントの感想■■:・模擬面接会でのアドバイスが役立ちました。
 他のOB訪問でもアドバイスは頂いていたのですが、私の話し方に対し一度に複数の現役社員の方からアドバイスを頂くことができ、とても効果的だったと思います。「セカンドオピニオン」のように、同じ話を聞いていただいた複数の社員の方からアドバイスを頂くのは、労協の模擬面接会ならではのよいところだと思いました。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,カフェテリア,blogススメ,blog挨拶専用,書籍ススメ
■■労協コンテンツの感想■■:「カフェテリア」
挨拶さん、業界人さん、そして労協OBOGの皆さんの広告に対する話を生で聞くことができました。特にネット広告については、書き込まれたURLをその場でチェックし、「プロも認める広告」の「うまさ」をリアルタイムで感じ、意見交換できたのはチャットのうまい活用法だったと思います。
■■労働組合に対するイメージ■■:特に変わっていません。ただ、これまで以上に親近感を覚えました。広告業界以外の業界に就職しますが、必ず労働組合には加入します。
■今後の労協ご意見■:サイトのメニューの数がとても多くなってきていると思うので、前年度以前の情報や過去ログはまとめて「過去専用」のリンク集を作ったらより見やすいサイトになるのではないかと思います。

| | コメント (0)

08生:関東 男性 広告制作会社


■■進路以外での内定社■■: 広告2社
■■落選社■■: 広告6社

■■進路を決めた理由■■:
広告業界を志していた中でも、実際の制作に携わりたいと思っていました。そこでCM制作(プロダクションマネージャー)職として内々定をいただけたことが大きな理由の1つです。
他にも、大きな会社で大きな仕事をした方が、自分の成長にもつながると思ったことと面接を通して現場社員さん達から魅力を感じたことも理由に挙げることができます。
■■就職活動で学んだこと■■:
まず就職活動は自分に嘘を吐かずにやるべきだと感じました。
他にも他人への配慮・気遣いなどの大切さが大事であるということと、後はやるもやらないも自分次第ということを大きく感じました。
■■交通費■■:6
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知ったきっかけ■■: ネットサーフィンをしていたら、誰かのブログから見つけました。

■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会
■■労協イベントの感想■■:
東京フォーラムに参加しましたが、モチベーションが上がり、「より広告業界のことを知りたい」「広告業界に入りたい」と思うようになりました。
ワンポイントアドバイスも自分の業界・企業研究だけでは足りなかったところを補うことができ、とても参考になりました。
■■利用コンテンツ■■:自治会掲示板,カフェテリア,blogススメ,blog挨拶専用
■■労協コンテンツの感想■■:
業界人さん、挨拶専用さんのブログは学生意識から脱却するためにもとても役に立ちました。身に染みました。
カフェテリアでは最近広告に対する意見交換や討論、同じ就活生間での励ましあいなどとても楽しいときを過ごせました。
■■労働組合に対するイメージ■■:
最初は固い組合なのではないかと思っていましたが、みなさんとても優しくアドバイスをくださり(時には厳しく)、アットフォームな雰囲気を感じました。
■今後の労協ご意見■:
今まで通り、学生に対して厳しく・優しくアドバイスをいただければ幸いだと思います。諸事情あると思いますが、ブログがあるのなら更新頻度は高いほうがいいと思います。

| | コメント (0)

2007.09.08

08生:海外 女性 音楽会社

■■進路以外での内定社■■:広告外1社

■■落選社■■:広告10社

■■進路を決めた理由■■:1)広告業界で最終的に進んでいた会社に落選したこと。
2)広告業界の大手の秋採用を受け続けるか悩んだが、4月までの残りの時間を入社に向けて自分磨きや挨拶回りにあてた方がいいと思ったこと。
3)人事との相性。
4)広告業界と同じぐらい強い興味がある業界だったこと。
5)人生の中で広告業界より音楽業界の方が身近な存在で人脈も多かったこと。
■■就職活動で学んだこと■■:社会人としての高い意識、自己理解、人間としての成長
■■交通費■■:45
■■書籍・資料代■■:3
■■セミナー参加費■■:
■■来訪頻度■■:3日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:業界人さんのブログから飛んで、フォーラムの案内を見つけて参加したこと。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:フォーラムをきっかけに私の就職活動は変わりました。とてもいい刺激と勉強になりました。模擬面接会ではもっと厳しくコメントを頂きたかったです。留学している身として特にメールでのワンポイントアドバイスとOB紹介がとても助かりました。
■■利用コンテンツ■■:自治会掲示板,カフェテリア
■■労協コンテンツの感想■■:掲示板の過去ログなどがとても勉強になりました。カフェテリアでは頻繁に通った頃は毎日のようにお世話になりました。
■■労働組合に対するイメージ■■:身近な存在になりました。
■今後の労協ご意見■:自治会掲示板が就職課掲示板と一緒になってからチェックしやすくなりました。
カフェテリアの日時別で過去の訪問人数などが見れると、通いやすくなると思います。自治会掲示板に書き込まれた際にメールでお知らせが届くと便利かもしれません。

| | コメント (0)

2007.09.06

08生:関東 男性 広告制作会社


年度:2008
■■進路以外での内定社■■:なし
■■落選社■■:広告17社

■■進路を決めた理由■■:広告業界を中心に進めていくうちに、驚きのあることをしたい、斬新なことをしたいという思いが強くなりました。セールスプロモーションやイベントは、広告の手法や形式の自由度が高いので、もっともそれらを実現するために、ふさわしいと考えました。中でも多くの成功事例とノウハウの蓄積がある同社を本命に定めました。
■■就職活動で学んだこと■■:本気で取り組むことの大切さ。4月に本命の会社を筆記試験に落ち、大きなショックを受けました。その後、自己分析、筆記試験の勉強に多くの時間を費やしました。筆記、面接とも徐々に進むことができるようになり、最終的に4月以降の本命から、内定をいただけました。就活は生半可な気持ちは通用しない。本気で取り組むべきだと身を持って感じ、また今後社会に出ても、このような姿勢で物事に取り組んできたいと思っています。
■■交通費■■:10
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:インターネットの検索から。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■:パンフレットでは知れない会社の情報を知ることができました。また模擬面接会で、実際の面接官の方に立場の近い、労協の方々の持つ印象を知ることができたため、その後の面接対策に生かすことができました。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,FAQ,リンク集,blogススメ,書籍ススメ
■■労協コンテンツの感想■■:書籍版「広告業界就職のススメ」。広告業界での就職活動の、実際知ることができ、厳しい姿勢で取り組む決意を持つことができました。


■■労働組合に対するイメージ■■:学生との活発な交流などを知り、とても開放的であると感じました。
■今後の労協ご意見■:ベンチャー系の広告会社の情報があればさらに充実すると思います。

| | コメント (0)

2007.09.04

08生:関東 男性 広告代理店


■■進路以外での内定社■■:広告1社

■■落選社■■:広告3社

■■進路を決めた理由■■:広告代理店志望だった。内定した広告代理店は選考前の イベントに参加できて志望度があがったため。

■■就職活動で学んだこと■■:自分と向き合うことの大切さ。どんな人間でどんなことをやりたいのか、これを見つけることができたと思う。
■■交通費■■:5
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知ったきっかけ■■:キーワード検索
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス

■■労協イベントの感想■■:ワンポイントアドバイスは面接前の対策で非常に心強かった。模擬面接では、自分の弱点を早期から認識でき、有意義だった。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,カフェテリア
■■労協コンテンツの感想■■:カフェテリアではほぼ毎晩お世話になりました。 限られた人数で目標とする業界の方々のお話を聞ける貴重な機会でした。
■■労働組合に対するイメージ■■:もっと閉ざされた組織という印象があったのですが、顔が見える組織という印象に変わりました。
■今後の労協ご意見■:可能ならば、少人数制のOB訪問会などをもっと積極的に企画していただけると非常にありがたいと思います。中にはなかなかOB訪問できない方がいるというのが現実なので・・・。

| | コメント (0)

2007.09.02

08生:関東 女性 流通会社


■■進路以外での内定社■■:なし。
■■落選社■■:広告8社

■■進路を決めた理由■■: 自分が「なぜ広告をしたいのか。」「広告会社にこだわる理由。」「他業界で、自分のやりたいこと(主に販促)は出来ないのか。」ということを考えた際に、この進路を決めました。
 どこの会社に行っても、「販促」「広告」という物は存在していると思う。時間はかかるかもしれないが、この部署に異動し、そこで「販促」「広告」を行なうことは可能であると思いました。


■■就職活動で学んだこと■■: いかに、自分の考えが甘かったのか。あと、打たれ弱いことがよくわかりました。
「自分にはこれ(広告)しかない。」という考えに固執しすぎて、周りが見えていなかったことも今になってよく解かりました。
 労協のカフェテリアでは、毎晩叱咤激励をいただきました。カフェ参加当初は、まだまだ「学生」という意識が強すぎていたなぁと、今になっては思います。社会人への自覚が出来たのは、間違いなくこの場であったと私は思います。

■■交通費■■:10
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知った時期■■:2005年05月以降
■■知ったきっかけ■■: 広告業界を目指す友達から教えていただきました。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,OB/OG訪問会,その他勉強会
■■労協イベントの感想■■:●「ADKを学ぶ勉強会」では、ADKがどういう会社であるのか、どういう人物を求めているのかということを学ぶことが出来ました。また、担当しているテレビCMを見ることができ、自分なりにADKのイメージが確立できたと思います。また、ADKに行きたいというモチベーションの向上にも繋がりました。
●「日経社」に関するアドバイスはとても役に立ちました。
 特に、プレゼン面接の際のアドバイスは、このアドバイスがなければ、日経社の意図がつかめないまま、プレゼンを行なってしまうことになったかもしれません。
■■利用コンテンツ■■:自治会掲示板,カフェテリア,書籍ススメ
■■労協コンテンツの感想■■:●カフェテリア
 カフェテリアでは、毎晩お世話になりました。初めの頃は、「顔の見えない人たちとチャットってどうなんだ?」と思っていました(笑)
でも、実際、カフェテリアに行くようになり、色々アドバイスや、実際に業界で働いていらっしゃる方と話をしているうちに、「学生」から「社会人」の意識が芽生えてきたと思います。
 選考に落ちたときは「何故落ちたのか」を一緒に考えていただいたり、自分がやりたいことが「マーケ」ではなく「プロモーション」であったことが判明したのはカフェテリアでの会話でした。
 日経社のプレゼン面接の際には、プレゼン内容も見ていただき、アドバイスも頂くことができました。
 また、他業界の内定が出たときも、悩みを聞いてくださりとても参考になりました。甘い子供の考えに、多くの刺激を与えてくださったと思います。
 私の大学は広告業界を目指す学生は皆無であり、カフェで同じ業界を目指す学生とも知り合うことができ、このことも私にとって大きな出来事であったと思います。


●「広告業界就職ノススメ」
 この本は、広告業界を目指す学生にとっては必需品であると思います。もちろん、就活生にとって大事な要素が多く含まれているものでした。
世間には多くの就活本なるものが存在しますが、私はこの本に出会えてよかったと思います。
 例えば、「まず、名乗る」「携帯で名乗る」のコラムです。
「私の携帯に電話しているのだから、本人が出るのは当然じゃないか。」と思い、今まで名乗ったことはありませんでした。しかし、このコラムを読んだ後名乗るようになりました。小さなことかもしれませんが、こういうことが出来るか出来ないかで、社会人になる意識があるかどうかがわかるのだなぁ、と思いました。
 
■■労働組合に対するイメージ■■: 初めは、まったくよく解からない存在でした。広告業界自体、裏の存在であるので理解するのが難しいと思いました。
 しかし、フォーラムを始め、カフェテリア、模擬面接や勉強会などに参加することにより、どういう組合であるのかが少しは理解できたと思っております。
顔が見えない団体というイメージを持っていましたが、先に述べたのもに参加することで、持っていた不安が無くなった事は事実であります。
 社会人として、最も親身になってくださると同時に、最も厳しい(たぶん社会人としては普通の事だと思いますが…)こともおっしゃってくださり、自分の意識が変わったことは間違いありません。

■今後の労協ご意見■:●書籍としての「広告業界就職ノススメ」の第二弾を希望します。

●同じ業界を目指す学生同士の交流会を早い時期から開催されるといいかと思います。
●ワンポイントアドバイスはやはり、大手の会社に偏りがちになってしまうので、中堅や小規模の会社のものもあるといいかと思います。(大変だとは思いますが…)

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »