« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007.07.30

08生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:広告1社

■■落選社■■:広告3社

■■進路を決めた理由■■:広告代理店志望だった。内定した広告代理店は選考前のイベントに参加できて志望度があがったため。

■■就職活動で学んだこと■■:自分と向き合うことの大切さ。どんな人間でどんなことをやりたいのか、これを見つけることができたと思う。
■■交通費■■:5
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知ったきっかけ■■:キーワード検索
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:ワンポイントアドバイスは面接前の対策で非常に心強かった。模擬面接では、自分の弱点を早期から認識でき、有意義だった。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,カフェテリア
■■労協コンテンツの感想■■:カフェテリアではほぼ毎晩お世話になりました。限られた人数で目標とする業界の方々のお話を聞ける貴重な機会でした。
■■労働組合に対するイメージ■■:もっと閉ざされた組織という印象があったのですが、顔が見える組織という印象に変わりました。
■今後の労協ご意見■:可能ならば、少人数制のOB訪問会などをもっと積極的に企画していただけると非常にありがたいと思います。中にはなかなかOB訪問できない方がいるというのが現実なので・・・。

| | コメント (0)

2007.07.28

08生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:なし

■■落選社■■:広告16社

■■進路を決めた理由■■:外資系広告会社の「戦略から入るクリエイティブ」には、日本の広告会社にはない強みや面白みがあると思ってもともと志望度が高かったんです。その上、選考を通じて選考基準が戦略な部分やロジカルな部分を重視している事を感じる事ができ、思ったとおりだと思い、志望がどんどん高まっていきました。
それによって会社の雰囲気が自分に合っていると感じました。
そして最後の決め手は人です。
人事の方、面接官、役員、OBの方と話した際、自分が一番働きやすい環境で仕事をできると感じました。
■■就職活動で学んだこと■■:広告業界の経営資源は人です。
多くの人と出会い、新しい価値観に触れる事で、自分の世界は広まっていきました。たくさんの人脈ができた事は確かです。コネクションなんてなくても、行動力と成長したい気持ちさえあれば、どんどん上に行ける世界で頑張っていける、スタート地点に立てたように感じています。
■■交通費■■:15
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:3日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:知り合いに聞きました。2007年の3月ぐらいだったように思います。

■■参加イベント■■:ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:面接の際の不安な気持ちをワンポイントアドバイスで少し和らいだように感じます。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板
■■労協コンテンツの感想■■:夜中でも素早い対応に、担当の方には感謝の気持ちでいっぱいです。

■■労働組合に対するイメージ■■:広告業界は見えない部分が多かったので、そこを答えていただいた労協のイメージはすごく良いです。

■今後の労協ご意見■:特になし。

| | コメント (0)

2007.07.26

08生:関西 男性 メーカー

■■進路以外での内定社■■:

■■落選社■■:広告3社

■■進路を決めた理由■■:博報堂1次面接を受けた後に自分には無理だと感じ、メーカー就職に変えました。その後に、ADK・大広ともにES落選。寂しいですが、結果として適切な判断だったのだと思います。

■■就職活動で学んだこと■■:1年前まではメーカー就職以外考えていなかったのですが、今年1月に専攻以外の他業種の就職を考えたことで、社会を成り立たせる要素・業界、その一面を垣間見ることができ、視野が広がったと思います。
■■交通費■■:2
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:0.1
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:広告業界に就職を考えた時に情報を探していた時に見つけました。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム
■■労協イベントの感想■■:丁寧なアドバイスをいただき、前年度の面接内容や広告業界の動向・生の声など就職対策に有用な情報を提供いただき、参考になりました。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板
■■労協コンテンツの感想■■:

■■労働組合に対するイメージ■■:
■今後の労協ご意見■:広告業ではクリエーティブだけでなくメディア、プロモーション職にも創造力は必要だとの話に感銘を受けました。
結果としてメーカー就職になりましたが広告同様にメーカーの技術職など、物に限らず何かを生み出す職は全て創造力が必要とされる現場であると思います。

私は最初、「人を楽しくさせたい」「社会に大きな影響を与えたい」と考えて広告業に就職を考えました。ですが、誰しも就職を考える上で実現したい夢というものがあると思いますが、ほとんどの場合、それを実現する手段は少なくとも一つの職種・業界ではないと思います。逃げのように思えるかもしれませんが、「本当にこの業種でないとダメなのか」「就職できない場合もある、その覚悟はできているか」--よく考えて悔いのない就職活動を行うことが大事なのではないかと思いました。

来年からは自分の場で力を発揮したいと思います。
就職活動におけるアドバイス、どうもありがとうございました。

| | コメント (0)

2007.07.24

08生:関東 女性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:【内定社】
広告1社、広告外2社

■■落選社■■:広告2社

■■進路を決めた理由■■:【表面的な理由】
実は最終的には別の会社と悩んだのですが第一にずっと何よりも広告の仕事をやりたく、広告の仕事を1度もやらずに人生を終えたくないという思いがありました。また、社風や仕事のやり方がより好き(合うかは別?)な気がしていました。※相談会でのお言葉はややひっかかってはいたんですが

【決定的な理由】
尊敬している大先輩を含め、大変お世話になった先輩が何人もおり、仲の良い友人が何人もインターン内定していたことから縁を感じていたことと、そして会社の空気が自分に合うと感じました。そのような背景から、もし仮にどこか他から内定を頂いたとしても自分はこの会社に行くだろうと思い、就活を終えました。


■■就職活動で学んだこと■■:・自分の強みや弱みが明確にわかり、今後どのように成長していけばよいのか見えました。
・就職活動の際にご指導頂いた全ての人の温かさが本当に身にしみました。
・「○○な1人」をしっかり狙えば学歴はあまり関係ないと思います。
・広告で求められているような面白い発想が好きな人間は多く、自分は特殊ではないということ。
・やりたい事に関しては仕事の枠にとらわれすぎずに考えたほうが良いこと。
・諦めないこと。

箇条書きですみません。

■■交通費■■:4万くらい?
■■書籍・資料代■■:2万弱くらい?
■■セミナー参加費■■:1万弱?
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知ったきっかけ■■:Yahooの検索です。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,その他勉強会
■■労協イベントの感想■■:本当にお世話になりました。
利用させて頂いたのは以下4つです。
・広告業界就職フォーラム
何度も本などで読んで広告業界で必要とされていそうな人物像はみえている気がしていましたが、いらっしゃっていたパネリストの話などでますます明確に見えたと同時に自分の広告への想いを確信しました。
また、先輩の声の載っている冊子は大変参考になりました。
・博報堂第一志望者勉強会
電博の違いのみならず業界の勉強にもたいへん参考になりました。会社別の志望動機はこれにより固まりました。
・模擬面接会
温かいお言葉をいただけたことで、私のような学生でも少し自信を持ってもいいのかもしれないと思えました。このときに皆様から頂いたお言葉が、その後の実際の面接の心の支えとなりました。
・各社ワンポイントアドバイス
面接の前の事前質問想定集作成に大変役立ちました。また、先輩方の聞かれている内容から向こうが求めている情報が生生しくみえて良かったです。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,リンク集,blogコラム
■■労協コンテンツの感想■■:○コラムは全て読みました。サイトすべてが本当に参考になりました。
△このフォーマットの入社年の欄もそうなのですが、更新や情報が遅いことが時折あるのでもう少し整備されればよりいいと思いました。たいした不便でもないのですが…

■■労働組合に対するイメージ■■:労働組合というと社員が給料を守るために動くというものだと思っていたのですが、もっと自然な労働者として出来ることを仲間としていくための組合であると初めて感じました。

■今後の労協ご意見■:本当にお世話になりました。
改善点はあるとすればホームページの整備でしょうか。
・ブログが全部でいくつあるのかが見にくい?
・貴重な情報が埋もれがちであるように思う
しかし、企業ではなく労協ですし、情報を探す力をつけるためにもそこまで整備しないし宣伝も無理にしないとおっしゃるのも納得です。

ということで、特に不満はありませんでした。すばやいご返信もいただけ、本当に頼らせていただき、お世話になりました。

今後も、私から広告労協に還元できるものはしていきたいと思っております。機会があれば協力させてください。

広告業界を支え、世の中の発展に寄与できるような人物になるべく残りの学生生活も大切にすごそうと思います。本当にありがとうございました。

p.s.
ちなみにインターンの最終選考で落ちても本選考にはあまり影響はないようなので来年以降の後輩にも教えてあげてください^^

| | コメント (0)

2007.07.22

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2008
購入場所:その他書店
■■感想■■:
 一つとして、興味を惹かれないものはありませんでした。
意識改革を迫られたものや、思いもしなかった視点で溢れていました。広告業界に限らず、就活生全員が読むべきものではないかと思い、友人数人に紹介したほどです。
 就活に関して、専門家ではなく企業人からの観点で書かれたご意見が、このようにまとまった形で伺える機会がもっとあると就活生全般の意識も変わるのではないでしょうか。

■役立ったコラム■:「エントリーシートは、期末試験ではない。」
 ぐさりときました。図星だったのです。まさに今まで経験してきた試験のようなものとして就活をしていました。いかに要領よくやるかだけを考えていたように思います。
「全優」を狙う。とてもわかりやすい喩えでした。心構えから変えなければならぬと、常に言い聞かせ、自分を鼓舞しています。

■今後の期待■: 企業の方は、自社のアピールをされることはあっても、就活生全般に対し、心からのアドバイスをしてくださったり、ましてやフォローをして下さるかとは珍しいのが現状だと感じます。
 広告労協は、この現状のなか、類まれなる良心的で信頼できる機関です。フォーラムなど、参加型のイベントのようなものの活動頻度を高めて下さると幸いです。

| | コメント (0)

2007.07.20

BLOG本感想/韓国 女性


新卒年:2008
購入場所:その他書店
■■感想■■:
大変参考になりました。

特に、就職活動を続けるにつれて内容を実感できました。

広告業界だけでなく、一般の企業にも通用できる内容も豊富に書かれていたので就活生全般に必要な本だと思います。

人とコミュニケーションを取るということ、その為にどうするべきかなど、大変解りやすく解説されていると思います。

■役立ったコラム■:
「まず、名乗る」のコラムです。


 実際に先に名乗れるか、もしくは言われる前に挨拶ができるかが その後に続く会話に大きく影響すると思いました。
 礼儀としても重要ですが、自分自身が会話の流れを掴むためにも忘れてはいけない部分だと思います。

■今後の期待■:
広告業界を目指す学生の為に貴重なお時間を割いて頂いて大変感謝しております。

今後とも、学生の大きな力となって頂いたいと思います。

| | コメント (0)

2007.07.18

BLOG本感想/関東 女性


新卒年:2009
購入場所:その他書店
■■感想■■:就職活動をするにあたって大切なことが細かくかかれており、とても参考になりました。

■役立ったコラム■:コラムSPI対策 高速掛け算メソッド「繰り上がり分離法」

半信半疑でやってみたら、ほんとうに簡単&正確に計算できてびっくりしました!教えていただいてありがとうございます。

| | コメント (0)

2007.07.16

BLOG本感想/関西 男性


新卒年:2008
購入場所:その他書店
■■感想■■:①一つのコラムに一つのテーマ。
このスタンスが常に保たれており、非常に読みやすかったです。テーマを率直に伝えるストレートな文章は非常に理解しやすく毎回関心してました。

②一冊のボリュームが軽く、何度も読み返すことができました。
一度に全ての内容を頭に入れることは難しいことですが、何度も読み返すことができたため結果的にある程度の内容が頭に入っていました。

③広告業界の人が書かれている生の情報という点が非常に良かったです。
ネット社会となりあらゆる情報が溢れる現在ですが、その発言者が特定できなく、信憑性がわかりません。そんな中、本書では、発言者を信頼することができるため、信頼できる情報元でした。

■役立ったコラム■:「役員=お父さん、人事=お母さん」論。

【理由】
学生目線では絶対分からない視点を知ることができたから。そして、その視点を知っていることで、各段階での面接に対するスタンスが明確になり、結果的に無事内定をもらうことができたから。
■今後の期待■:これからも、広告業界を目指す就職活動生に親切な組合であってください。(そして、広告業界に入ることになったので、これから宜しくお願いします。)

| | コメント (0)

2007.07.14

BLOG本感想/北海道 男性


新卒年:2008
購入場所:その他書店
■■感想■■:
 今までの自分がいかにぬるま湯に浸かっていたかを思い知らされました。広告業界というより、就職活動そのものに対しての良書だと思います。
■役立ったコラム■:  「バイオリンの発表会」

 面接で苦しんでいる私にとって、心に響くアドバイスでした。上手く言おうとするあまり、聴くに耐えない演奏をしていたのかもしれないと自分自身を振り返ることができたと思います。

 自分の能力を最大限発揮できるよう選曲のセンスも必要ですが、聴く側の楽曲の好みというのも会社によって違うのではないかとも感じました。

| | コメント (0)

2007.07.12

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2009
購入場所:その他書店
■■感想■■: 広告業界以外にも通用しそうな事柄も多く、参考になりました。
■役立ったコラム■:
「警備員に道を聞くこと」
自分の担当する現場の近所に詳しくない警備員。実際そういう人も多いと思いますが自分はできる範囲で幅広い知識を身につけてゆきたい、と思いました。「この内容ならこの人に相談」から「この人に相談すれば安心」へ。
■今後の期待■:
記事の数が多く、参考にさせていただいております。これからもお世話になります

| | コメント (0)

2007.07.10

BLOG本感想/関西 女性

新卒年:2009
購入場所:その他書店
■■感想■■:この業界の人がどのような人材を求めているかだけでなく、就職活動においてどのような心がけが必要か、どこを見られているのかというポイントが分かった気がしました。

■役立ったコラム■:5%のロシアンルーレット。希望が見出せたように思います。

■今後の期待■:毎年の就職活動に来ている学生たちの特徴や印象を教えて頂きたいで
す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.08

BLOG本感想/九州 男性

新卒年:2008

購入場所:その他書店
■■感想■■:就職活動に取り組む上での姿勢を正してくれた一冊でした。
この本を活かすも殺すも自分しだいであるとも感じました。
■役立ったコラム■:「位置」より「幅」。

表現方法の変え様によって、全く印象の違うアピールになることを理解できました。自分の学生時代を十二分にアピールするために、表現を熟考するキッカケとなりました。

■今後の期待■:同じ道を志している仲間と、文字ではなく実際に対話し、意見を交換できる機会(場)があれば良かったと振り返っています。そのような機会の提供をぜひ検討いただきたく思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.06

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2008
購入場所:その他労協
■■感想■■:
普段あたりまえに考えていたことにもキッカケがある事を気づかせてくれた
■役立ったコラム■:
OBOG訪問のススメ
実際にOBの方に接触することで会社がどんなものか具体的に想像できそれがほんとにやりたい事をきづかせてくれた
■今後の期待■:
関西でももっとイベントも盛り上げてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.04

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2008
購入場所:その他ネット書店
■■感想■■:就職活動に踏み出すに当たって社会人になる為の自覚が必要だと感じました。

■役立ったコラム■:話の「編集」。が印象に残っています。
自分はあまりモノを言わないタイプの人間だと思っていたのですが、何かについて話せということになるとどうしても長くなってしまうことに気が付きました。
喋らない性格と話の長さはさして関係ないのですが。ともかく、時間の限られた面接の中で、また社会に出て行く上で簡潔かつ的確に物事を伝える能力というのは非常に重要なことだと実感していますし、今はその力を身につけていこうと意識的に取り組んでいます。

■今後の期待■:横着なことを言うようですが、ホームページが見づらいので形式を変えるとよりよくなると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.02

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2008
購入場所:その他
■■感想■■:単に就職活動におけるテクニックを語るのではなく、学生から社会人への精神的な橋渡しをしてくれる一冊だと思います。その一方で、就職活動における学生の弱い立場を
論理的な社会人からの分析をもってアドバイスしており、広告業界志望者にかかわらず、ぜひお勧めしたい一冊です。

■役立ったコラム■:「機関車トーマスの価値観」です。
今日、「自分のしたいことを職業にする」ことが理想だという考えが広まっていますが、このコラムを読み、「自分の望み」以上に、「社会・企業の『役に立つ』」ということが社会で生きていくために必要なのだということを再確認しました。

■今後の期待■:広告労協と業界人さんには、今後もこれまでの活動を続けていっていただきたいと切に願っております。もし広告業界に就職できたら、ぜひとも私も仲間に入れてください。私なりのやり方で、広告労協の活動に貢献させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »