« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007.06.30

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2008
購入場所:その他書店
■■感想■■:他書のような、ただ広告業界に就職するだけのテクニックだけではなく、どの業界にも通用するテクニックや考えが分かり易く記載されていたので、読んでいて勉強になりました。

■役立ったコラム■:『広告業界に圧迫面接はない』
一般的に少しでも自分が不利な質問をされただけで、「圧迫面接」と捉えてしまう学生が私を含め多く存在しています。しかし、コラムを読んで、冷静に対処すれば聞いてくる内容は当たり前の質問でしか、広告業界の特性上受験者に対して好意を持って接してくれていると知り、面接に対する緊張が和らぎました。

■今後の期待■:イベントをもっと増やして欲しいです。そして、共に広告業界就職を目指す仲間を作る機会が増えたらいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.28

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2008
購入場所:その他書店
■■感想■■:広告業界以外の業界を志望する場合にも役立つ本であると思いました。また、人事側からの意見が置く盛り込まれており学生が何をすべきなのかが明確に書かれていると思います。
■役立ったコラム■:
広告業界に圧迫面接はない。
というコラムが印象に残りました。
大半の志望者はクライアントであるメーカー等に勤務するから、というのがその理由だそうですが、相手の反応が分かりにくい中でのコミュニケーションほど難しいものはないと感じたからです。

■今後の期待■:
広告業界は大変倍率の高い業界で、その業界を目指す人間に求められる意識、考え方は他の業界にも通じると思いました。これからも就活生全体の参考となる本を期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.26

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2008
キーワード:現
購入場所:その他書店
■■感想■■:
はっとさせられる内容ばかりで非常に勉強になりました。これからますます就職活動が本格的になってきますが「広告業界就職ノススメ。」で得たモノを広告業界に進むエネルギーにかえてがんばりたいと思います。
■役立ったコラム■:
「役員=お父さん、人事=お母さん」論。
例えが非常に具体的で役員面接が身近に感じられると同時に、かなりイメージが膨らみました。
■今後の期待■: 今後とも広告業界を目指す人々にアドバイスをいただければと思います。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.24

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2008
購入場所:京都F
■■感想■■:
就職活動に対しての考え方がわかり、自分の就活に対する意識が変わりました。
■役立ったコラム■:
「エントリーシートは期末試験ではない」
やっつけ仕事のような感覚でやりそうな自分にとって一番胸に響きました。真剣に選考される方にはこちらも真剣に丁寧に作成したものを提出しなければいけないのだなと気付かされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.22

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2008
購入場所:その他
■■感想■■:広告業界就職のススメとありますが、就職活動全般で知っておくべき内容だと思います。
注意すべき点のみ書かれてあって、決して「答え」は書いていなく、読者に考えさせるということろがよかったと思います。
■役立ったコラム■:「おかしいです」は、おかしい「です」。本書を読んでいなければ、エントリーシート等で間違いなく使っていた表現だと思います。
そして、どこのエントリーシート講座・面接講座でも教えてはくれなかったので、本当に本書を読んでよかったと思います。
■今後の期待■:フォーラム・模擬面接ととてもお世話になっています。
これからも無理なく活動を続けてほしいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.20

BLOG本感想/九州 男性


新卒年:2008
購入場所:東京F
■■感想■■:
これまで広告業界の就職活動を実際に行なってきた先輩方の経験や面接官の視点から、 様々な情報が端的にまとめられていました。本書を読ませていただいて、ハッとさせられることが多かったと思います。また、学生の視点で例え話が盛り込まれている点が非常に分かりやすく、本書を通じて広告業界独特の雰囲気を感じることができました。できれば、この情報を独り占めしたかったです。(笑)
■役立ったコラム■:
「満員電車の中で一番不快なマナー違反は?その解決策は?」
こうした何気ない公共問題に対する質問から、どんな広告マンを目指すのか、アピールできなければならないのだと痛感しました。面接官が我々学生に求める視点を理解することができました。同時に面接対策の重要性を強く感じさせられました。
■今後の期待■:
現役の広告マンや学生が、様々な広告やキャンペーンに対して評論し合える場を提供して欲しいと思います。広告のプロとしての視点・一般消費者としての視点・広告業界を目指す学生の視点から意見をぶつけ合うことで、より良い広告のあり方を創造していけるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.18

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2008
購入場所:その他労協

■■感想■■: 色々な就職関連書籍を見てきました。が、この『広告業界就職ノススメ』は、考え方をまず変えないといけないということを教えてくれました。特に、この本を手に取るまでは、私にとって志望動機はとてつもなく難しいものだと考えていました。しかし「役に立つ」ことをアピールしろという言葉に、何も難しいことはないのだと理解しました。
■役立ったコラム■: 「満員電車の中で一番不快なマナー違反は?その解決策は?」
理由は、業界や職種研究、志望意欲を高めるうえでとても貴重な課題を与えてくださったからです。
■今後の期待■: 先日は、大阪でのフォーラムや模擬面接会でお世話になりました。
とても貴重な二日間で、忘れることの出来ないイベントのひとつとなりました。中でも、広告の複雑な仕組みや職種を細々と丁寧に教えていただきましたことは、本当にありがいお話でした。またとない機会を作っていただき、また今後も少しでもイベントを立ち上げてくださいますようお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.16

BLOG本感想/東海 男性


新卒年:2008
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界だけでなく、就職活動において、就職して働く上で大切なことであると思う。現代と過去とを比較して、時代が変わったことによってコミュニケーションにおける違いが出ている点に触れて書いている点が面白いと感じた。

■役立ったコラム■:エントリーシートは、期末試験ではない。

広告業界を目指す上で、最も大切なことが書かれていると思ったから。自分がなぜ広告業界を目指し、どうして役に立つかを相手に納得してもらう。地方学生の私は、少しでもお金のかからない方法で受験したいため、このコラムがとても心に沁みました。自分自身と向き合い、会社研究して、熱い思いを伝え、内定を勝ち取ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.14

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2008
購入場所:その他書店
■■感想■■:
まだ全てを読み終えてないのですが、今の時点での感想を述べさせていただきます。

つい先日、この本のことをネットで見つけ、梅田の紀伊国屋書店へ走りました。僕は広告業界について何の勉強もしていません。ただ「広告が好き」という気持ちと、広告業界への憧れの気持ちだけで就活シーズンに突入してしまい、非常に焦っております。
そんな僕にとってこの本は、とてもタメになるものであると同時に、さらにプレッシャーを与えてくれるものです。
コラムのテーマ一つ一つが胸と脳に刺さりこみ、読み進むにつれ、今の自分がいかに無力かということに気づきかされます。
この「気づき」を与えてもらったことを「バネ」に変えてみようと思います。
前代未聞のスロースタートかもしれません。
しかし、この本に書かれていたことを忘れずに、自分の限界に挑戦するつもりで、広告業界で働くことを目指そうと思います。

■役立ったコラム■:エントリーシートは、期末試験ではない。
まさに今の自分に言われている言葉であると感じました。
自己革新しなければならないと痛感しました。(遅いですが…)

■今後の期待■:
僕のようなスロースターター向けのフォローがあれば大変ありがたいと思います。(やはりないでしょうか…)
広告労協のHPをうまく使いこなせていないのですが、これからどんどん利用していきたいと思います。(もっと早くに知っていればと悔やんでおります。)
よろしくお願いします。

今回のアンケートについて、機械的な処理をされるものであると勝手に思い込み、失礼な回答をしてしまいました。本当に申し訳ありません。
自分の購入した本の著者の方に、しっかりとアンケートを読んでいただけるとは思っていませんでした。何かうれしい気分です。
この広告労協の働きが営利目的ではなく、血の通ったボランティアで支えられていることを体感できたような気がします。
本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.12

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2008
購入場所:その他書店
■■感想■■: 全体的にとても読みやすく、すらすらと読めてしまいました。この本は広告業界のみならず、就職活動をする学生皆にとっても、とても参考になると思いました。

■役立ったコラム■: 「エントリーシートは、期末試験ではない」です。現実に今、エントリーシートで悩んでいる自分は、まだまだ自己分析や企業研究が十分でないことを実感しました。このままだと広告業界に内定をもらうことは難しいだろうと感じ、改めてまた自己分析やら企業研究をしようという考えになれたからです。

■今後の期待■: 予備校のようですが、面接対策など各企業の面接試験前にやって頂けたらなと思います。感想になってしまいますが、広告業界就職フォーラムに参加出来てとても良かったと思います。ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.10

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2008
購入場所:東京F
■■感想■■: 広告業界どころか就職活動にとどまらず、社会人になる前に知っておくべきこと、身につけておくべきことが満載で、今後も時々読み返したいと思います。

■役立ったコラム■: 「広告業界のことー代理店と媒体社の微妙な関係」
深夜番組の発展による新たな広告展開の件を読み、テレビ局内でアルバイトをしていることもあって、納得したところから視野を広げ、微妙な関係を感じ取ることができました。

■今後の期待■:現在公開して下さっている10%の情報を深く受け止め、考えて質問し、どんどんコミットしていきますので、よろしくお願いいたします☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.08

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2008
購入場所:アマゾン
■■感想■■:納得させられることばかりです。
今まで自分の中では社会常識を備えている方だと思っていましたが、まだまだ配慮すべき点が多く残されていることを実感しました。

就職活動に限らず、これから社会に出るものとして学べきことがまだまだあることを知ることが出来ました。

■役立ったコラム■:「選ぶのは人事、選ばれるのは役員」

面接の相手によって、アピールすべき点、考慮すべき点が異なるというお話は私に強く印象に残りました。

今まで面接はこちらから熱意を伝えるものだと思っていましたが、一方通行なものではなく、対話、すなわち双方向コミュニケーションなのだと教えられました。考えてみれば当たり前なのですが、面接を特別なものと思い込んでいたのかもしれません。

何事も何を求められているのか、隠された意図を冷静に分析する必要があるのだと思いました。

■今後の期待■:OB・OG訪問をする機会等を提供していただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.06

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2008
購入場所:その他書店
■■感想■■:為になる情報がたくさん載っていたので良かったです。

面接対策の内容が充実していたので、筆記試験が終わったあとにまたじっくり読ませていただきます。

■役立ったコラム■:「他社の受験状況を教えてください」

面接で思わず「うっ」となってしまう問いかけだったので、きちんとした対策があって良かったです。

■今後の期待■:とても参考になりました。業界内の現在の情報を外に出すという行為は、それなりにリスクがあることだと思います。ですから、広告労協の行っていることはなかなか他の人には真似できない素晴らしいことだと思います。これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.04

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2008
購入場所:その他書店
■■感想■■:広告業界の常識的視点からアドバイスしている内容であり、広告の採用活動が始まる前にこのような本を読むことが出来てよかったと心から思いました。

■役立ったコラム■: 「役員=お父さん、人事=お母さん」論は非常に新鮮な考え方であるように感じました。なぜなら、これまで最終面接である役員面接について、普段の面接の延長線上にあるように感じていた考えが一新したからです。
■今後の期待■:広告業界に内定した先輩方の意見や考え方について、本に載せてほしいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.02

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2008
購入場所:その他書店

■■感想■■:就職活動がイベント化している昨今、「エントリーシートは、期末試験ではない。」のコラムは若干ドキッとさせられました。全体として、広告業界に限らず就職活動全般に共通して言えることが載っているいるので、勉強になりました。

■役立ったコラム■:「携帯で、名乗る」
現在では、携帯電話では番号表示がされ、誰からかかってきているかわかります。就職活動を始める以前は、知らない番号から着信があれば、出ないというのが普通でした。
現在は、企業から電話を受けることも増えたので、知らない番号でも出る必要があります。今は電話に出る際は、友達であろうとも名前を名乗るようにしています。
■今後の期待■:先日、大阪で行われた模擬面接会及び広告業界就職フォーラムに参加させていただき、ありがとうございました。よい経験をさせていただきました。
直接現場の社員に話を聞けてより仕事がイメージしやすくなりました。
また集団OB訪問会のようなものがあれば嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »