« 06生:関東 女性 ネット広告代理店 | トップページ | 06生:関西 女性 広告代理店 »

2006.11.14

06生:関東 男性 新聞折込会社

■■進路以外での内定社■■: なし

■■落選社■■: 50社以上

■■進路を決めた理由■■: 強みに拘らず、個人の裁量の元で仕事ができる会社だと思ったから。

■■就職活動で学んだこと■■: 自分の親より年輩の方と面と向かって話す機会は、おそらく長い人生を通じてそうそうあるものではありません。
はじめはただただ萎縮して何も話せなかったり、どこかの面接対策本に「相手の意図することを汲み取れ」と書いてあったせいかそこばっかりに気が集中してしまい、結局相手が何を言ってたかさえも分からないことも多々ありました。
 結局最後に行き着いた先は、とにかく真剣に聞き本音で話すというごくごく当たり前のことでした。しかしその当たり前のことを体感するまでには、多くの失敗も含んだ経験が必要不可欠だということも身にしみて感じました。
■■交通費■■:10
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2005年01月
■■知ったきっかけ■■: はっきりとは覚えてませんがどこかのサイト(みん就だったと思う)とリンクしていてそこからたどり着きました。

■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■: 広告会社自体で説明会を開いているところは少なく、会社案内などをみても表面的なことしか書いてありません。実際に働いている人たちの声が聞ける機会があるというのは、学生にとってとても有益なことだと思います。
 
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,カフェテリア,blogコラム
■■労協コンテンツの感想■■: 「5%のロシアンルーレット」のコラムは印象に残りました。思い込みの怖さを知ると同時に、確認の大切さを知りました。このコラムを読んで以降、要らない不安で頭を悩まされるといったことは全くありませんでした。

■■労働組合に対するイメージ■■: 労働組合のイメージは、近現代史で学んだ春闘などの労働闘争のイメージしかありませんでした。しかし労協の行っている事を知って以降、私は勿論、広告業界を志す学生にとっても心強い存在になったと思います。

■今後の労協ご意見■: 広告業界自体大きい業界ではないので、他業種に比べて採用人数も少なく、大手の広告会社の採用期間が一通り終了してからも、就職活動を続けている人も沢山いると思います。
そんな中、労協のHPが07年生向けにシフトしたのを見てすごく不安になりました。スケジュールを見ても空白が多く、こんな時期まで就活してるのは自分だけなのかと少し疑心暗鬼になりもしました。そんな経験から、秋以降も就活を続けている人のバックアップももう少し充実して欲しいと思いました。
しかしながら、いつまでも労協頼みでは前に進めないと開き直れたのも事実ですが...

|

« 06生:関東 女性 ネット広告代理店 | トップページ | 06生:関西 女性 広告代理店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/7151571

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:関東 男性 新聞折込会社:

« 06生:関東 女性 ネット広告代理店 | トップページ | 06生:関西 女性 広告代理店 »