« 06生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | 06生:関東 男性 PR会社 »

2006.11.02

06生:関西 女性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:
なし
■■落選社■■:
広告業界・広告業界外、合計で約50社

■■進路を決めた理由■■:
第一に、内定を頂いたからです。選考段階で自分の何かを認めて頂けた、もしくはその会社に合っていると思って頂けたのではないかと感じました。
また、広告業界の中でも、自分が興味を持っていたセールスプロモーションの分野を得意としている会社だったからです。
■■就職活動で学んだこと■■:
ひとりの人間の価値観は、他の誰とも同じではないことを実感しました。会社はたくさんあって、進路も人それぞれ、考え方や将来を選ぶ基準も人によってバラバラです。
その中で自分自身がどうありたいか、何をしたいのかという、自分だけの価値観や信念を持つことが大切だと感じました。
目標に向かって粘り強く就職活動を続ける周りの仲間がそれに気付かせてくれました。そして自分だけのものを大切にしようと思えました。

また、時間が短い面接の中で、いかにして言葉で自分自身を伝えるかが重要だと感じました。

就職活動は正直しんどかったです。先が見えず不安になったり、鳴らない電話をいつまでも待つ自分が虚しくなったりしました。でも一緒に笑ったり悲しんだりして励ましてくれる人がいたから頑張れました。また、同じように広告業界を目指す仲間が近くにいたことも支えになりました。人の大切さを学びました。

■■交通費■■:15
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:0.2
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知った時期■■:2005年04月
■■知ったきっかけ■■:
同じ広告業界を目指す友達からの紹介で。
■■参加イベント■■:模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:
模擬面接では大変お世話になりました。自分の面接観が変わるきっかけになりました。また、他の学生が受け答えする内容や、それに対するアドバイスも参考になって良かったです。
私は同じように広告業界を目指していた友達と共に参加したのですが、普段一緒にいて性格や仕事ぶりも知っている友達の模擬面接を横で見ていて、不思議な感じがしました。自分の方がその友達のことをよく知っているのに伝えられない、実際にその仕事ぶりを見せたいのに見せられないというもどかしさを感じたのです。やっぱり面接の10分程度の短い時間で、自分という人間の魅力を伝えきるのは難しく、だからこそいかにして相手に伝えるかがポイントだと感じました。

ワンポイントアドバイスは、その内容だけではなく、事前に心の準備ができているという意味でも心強かったです。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,blogコラム
■■労協コンテンツの感想■■:
最も印象に残ったコラムは、「まず、名乗る。」です。就職活動だけではなく、今後社会人としての行動にも役に立つ内容が満載でした。もっと広告労協のことを早くから知っていたら良かったのに…と思わせるHPでした。

■■労働組合に対するイメージ■■:
このHPを見ているだけの時は、どんな人が何のためにやっているのかよく分かりませんでした。情報は信頼できるけど、ネット上で顔の見えない誰かが情報を提供してくれているという感じでした。
模擬面接の時に初めて銀座のビルの一室を訪れた時も、正直エッ?!と思いました。(今だから言える話です。ごめんなさい・笑。)
でも模擬面接で実際にFさんや業界人さんにお会いし、お話しすることができて、それは変わってきました。本当に親身になって学生のことを考えてくださって惜しげもなく情報を提供してくださるのでありがたく嬉しく思いました。
■今後の労協ご意見■:

全ての学生にただアドバイスを与えるだけではなく、真剣に広告業界を目指す学生が主体的に関わっていけるような広告労協のHPやイベントであり続けることを望んでいます。ネット上の関係ではなく、実際に広告労協の方と学生が会って話せる機会がもっと増えたら良いと思います。Give and Takeが大切だと思います。本当にお世話になりました。そして、これからもよろしくお願いします。

|

« 06生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | 06生:関東 男性 PR会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/7898982

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:関西 女性 広告代理店:

« 06生:関西 男性 広告代理店 | トップページ | 06生:関東 男性 PR会社 »