« 06生:関東 男性 広告代理店 | トップページ | 07生:関東 男性 教育会社 »

2006.11.24

07生:関西 男性 放送局

■■進路以外での内定社■■:広告外1社

■■落選社■■:広告8社

■■進路を決めた理由■■:テレビ局という媒体社で営業として働けるから。広告会社を受験していくうちにメディア側の仕事にも魅力を感じたから。広告にかかわる仕事であるから。

■■就職活動で学んだこと■■:やはり家族の理解、友人の支えがないと乗り越えられなかったと思います。就職活動は一人では絶対にできないと思いました。大学の仲間、広告労協で知り合った仲間、OB訪問で話を聞いてもらった社員の方々とのコミュニケーションが自分を成長させていったのではないかと考えております。

■■交通費■■:20
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:0.5
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2004年12月
■■知ったきっかけ■■:広告業界の就職本の紹介記事をよんで知りました。

■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,その他勉強会
■■労協イベントの感想■■:広告労協にかかわる人は何故こんなに親身になってくださるのだろうといつも考えていました。フォーラムや模擬面接会、関西06生による模擬面接や勉強会を通じ「『人』あっての広告業界」であるということがよくわかりました。またいつも丁寧にワンポイントアドバイスメールをくださる広告労協Fさんの温かさにも感動しながら就職活動を乗り越えることができました。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,リアルタイムアンケート,blogコラム,携帯版HP
■■労協コンテンツの感想■■:「まず名乗る」というコラムをよんで、最初に自分の名前を伝えることの重要さに気づきました。 これは就職活動においてとても重要なことであるにもかかわらず、学生はあまり気づいていないという事も実感しました。

■■労働組合に対するイメージ■■:労働組合の存在意義や重要性を感じることができました。広告業界というあまりオープンではない業界をより知ってもらう為の労働組合の活動は、未来の広告業界のために大変重要だと思います。このような活動も労働組合が行うという事実に触れて、広告業界の未来は明るいと感じたと同時に硬かった労働組合のイメージもやわらかくなりました。

■今後の労協ご意見■:私は最後の最後までカフェテリアに踏み込む勇気が持てませんでした。さらに踏み込みやすい環境になればいいのではと思いました。(しかし、これは私個人の問題で、これ以上改善することは無いとおもいますが)

|

« 06生:関東 男性 広告代理店 | トップページ | 07生:関東 男性 教育会社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/12480907

この記事へのトラックバック一覧です: 07生:関西 男性 放送局:

« 06生:関東 男性 広告代理店 | トップページ | 07生:関東 男性 教育会社 »