« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.30

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:  自分の考えはまだまだ甘かったということを痛感しました。この本がきっかけで、一つひとつのことに対し今まだ以上により深く丁寧に取り組もうと思いました。
■役立ったコラム■: 私が最も印象に残ったコラムは『5%のロシアンルーレット』です。
なぜなら、当たり前のことが書いてあったからです。私の場合は、当たり前のことほど忘れてしまうケースが多いので、このコラムを読んでより慎重に準備し行動しようと改めて思いました。
■今後の期待■:  OB・OGの方が少ないので、思うようにOB・OG訪問ができていないのでそういった機会を作っていただければ幸いです。ただ、OB・OGとアポイントをとる過程も重要だと思っているので、自分でも最大限の努力はしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.28

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:今まで、自分が広告業界をどんな甘い考えで志望していたかがわかりました。
本書を読んで、どうにかなるだろうと思っていた自分が恥ずかしくなりました。もっと自分には熱意を行動として表現しなければならないと思いました。大変役に立つ情報が満載で、この値段で買った本の中で最も満足しました。
■役立ったコラム■:「4.なぜ他社に落ちたと思いますか?」の「あなたが興味ある広告を3つ挙げてください」というコラムです。
今まで、いろいろ広告を街を歩いて調べたりしましたが、もっと業界人の目で、研究する必要を感じました。
今まで宣伝会議などはぱらぱら立ち読みで済ませていましたが、今から早速買ってこようと思います。
■今後の期待■:もっと少人数でのOB・OG訪問など企画してくださるとさらに嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.26

BLOG本感想/関西 女性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:広告業界に興味をもっており、題名に惹かれて購入しました。しかし内容を見ると、広告業界に限らずすべての就活生に必要な話ではないかと思いました。
例えば「まず、名乗る」の内容も必要な知識だと思います。
この本を読んだ後に社会人の方の携帯電話に電話をする機会があったのですが、その方もまずは名乗っていました。
ひとつのコラムが短いのであっという間に読むことが出来ました。これからも就活かばんに入れて、読み込んでいきたいと思っています。
■役立ったコラム■: 「おかしいです」はおかしい「です」
このコラムを読んですぐに参加したセミナーでエントリーシートを書く機会がありました。そのときに「~したいです」と書きそうになり、このコラムのことを思い出しました。
このコラムを読んでいたことでおかしな日本語を使うことなく、エントリーシートを書くことが出来ました。
■今後の期待■:フォーラムをもう少し多めに開催していただけるとうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.24

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
とてもためになります。特に人事がおかあさん、役員がお父さんの考え方には賛同です。これをマスト品として就職活動乗り切ります
■役立ったコラム■:
割り勘OB訪問
学生、社会人の方の利害が一致した画期的な方法だと思いました
■今後の期待■:できればOB訪問なども積極的に企画していただきたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.22

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 広告労協就職フォーラムには、年が明けて広告業界に興味を持ち始めた時に、ネットで偶然に見つけた。おかげで2月12日のフォーラムに参加でき、この本を手にしているわけだが、フォーラムにも、労協にも感じるのは、熱い、ということである。広告業界への愛だけで、このような事を企画し、本を発刊するにまで至った事に、広告業界を志望するものとしてとても嬉しく感じ、さらにこの業界に魅力を感じるようになった。
■役立ったコラム■: おかしいですはおかしい「です」、というコラムが大変役に立った。自分でも今まで何度も、嬉しいです、やりたいです、と言った使い方をしてきていたので、このコラムを見た瞬間に「やべっ!」と感じた。しかし、早い段階で気付くことができて良かった。言葉遣いに関しては不安に感じることは今まで無かっただけに、これからは慎重に言葉を選ぶようにしようと思う。
■今後の期待■: これからも就職フォーラムなどを充実していって欲しいと思います。フォーラムは終わりましたが、他にも企画があれば是非参加したいと思います。また、模擬面接はどうすれば受けることができるのですか?できれば教えて頂きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.20

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:
就職活動の捉え方が好転した。大学受験とおなじ感覚で挑もうとしていた私にとって、考え直す機会を与えてくれた。いい本だと思う。
■役立ったコラム■:
「エントリーシートは期末試験ではない。」まさに、期末試験的にエントリーシートを捉えていたため。
■今後の期待■:
すぐに読めてしまうところも本書の魅力だと思うが、もっと分量(と情報量)があると嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.18

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
広告業界を目指す私としては、バイブルのように思えました。各セクションが短く、とても刺激的なものばかりでしたので読み入ってしまいました。業界の方が書かれているので更に具体的だったのだと感じます。
■役立ったコラム■:
機関車トーマスの価値観です。
この時期になって、自分が役に立つ人間であることを面接の場で伝えるという最も大事な事を忘れており、それを教えてくれたことです。
しかしながら、あまりにいいコラムばかりで、優劣のつけようがありません。正直、内容の8割は役に立っています。
■今後の期待■:
欲を言えば、本当に広告業界を志望する人たちに対して、模擬面接や志望書の添削などして頂けると有難いです。
また、フォーラム当日に購入した人には、これとは別に一話いただけるというようなことを聞いた覚えがあります。是非読ませてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.16

BLOG本感想/関西 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界だけではなく、一般的に就職活動を行うことに関しての心構えが書いてあり、もう手放せません。本の大きさもちょうどよいので、いつでも持ち歩いています。
■役立ったコラム■:「位置より幅」
何をやったかが大事だと勘違いしていた私に、大変自信をくれました。行ったこと自体は小さなことでも、自分にとって大きな成長になったということに自信を持とうと思います。
■今後の期待■:フォーラムやイベントをまた開催していただきたいです。しかし地方学生なのでなかなか東京にばかり行けません。インターネット上でコラムなどを読ませていただけるのはすごく助かっています。とおりすがりの業界人さんはもうほとんどブログを書かれなくなるとのことですが、閉鎖するのではなく何かしらの情報の発信や別な方のコラム等を読ませていただきたいです。お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 一つ一つのコラムが短くまとまっていてとても読みやすいです。
■役立ったコラム■:
 私が印象に残ったコラムは、「満員電車の中で一番不快なマナー違反は?その解決策は?」です。
このような変わった質問には、広告業界の機能を理解しているかという理由があるということがわかりました。
■今後の期待■:
 ぜひコラムを続けて頂きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.10

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:
他の書籍と異なり、実際に広告業界に勤めるとおりすがりの業界人さんの視点から書かれていることから、より具体的に広告業界について理解できたと思います。また、就職テクニックというものではなく、むしろ社会人として当たり前であることを、いち早く気づかせてくれたことに感謝します。
■役立ったコラム■:「まず、名乗る」というコラムです。
私は、最初にこのコラムを見たとき、いつも電話を掛けるときは、自分は名乗っているから、関係ないと思いましたが、大事なのは電話が掛かってきたときに、名乗ることなのですね。
今までの自分を振り返ると、確かに名乗っていませんでしたし、企業側の視点に立つと、不愉快であると思ってしまいます。
このコラムのおかげで、如何に自分の名前を名乗ることが大切かを、再認識することが出来ました。
■今後の期待■: 私は、地方在住者なので、OB訪問の機会が東京の学生に比べて少ないと思います、
自分の足で探すといっても、なかなか卒業生にOBがいないというのは、不便なことが多々あります。
もしよろしければ、集団OB訪問会というものを開催しては下さいませんでしょうか。もし、開催出来たならば、遠方からでも是非参加したいと思います。
よろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.08

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:広告業界に所属している人から見た就職活動が書いてあるのところが他の就職本にはなかなか見られずページをめくるたびに感心させられました。
■役立ったコラム■:「おかしいです」は、おかしい「です」。
自分に言葉遣いへの配慮が足りないと感じたからです。~したいです。~おもしろいです。恥ずかしながら当たり前のように使っていました。社会人と話すときに礼儀がなっていないと怒られることが多々あり、どうして自分がこんなにおこられるんだろうと生意気ながらも思っていました。しかしこれを見て言葉遣いがなっていないのか、と感じてしまい本格的に自分の言葉遣いを考え直すきっかけになりました。
■今後の期待■:広告業界に本当に入りたいと思えるやる気を喚起していただける機会がほしいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.06

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:京都F
■■感想■■:とても参考になるものばかりでした。また何度も読み直したいと思います。
■役立ったコラム■:「広告業界に圧迫面接はない。」
学生の間では圧迫面接という言葉をよく聞きます。しかし、確かに言われてみると、就活生の多くが夢を果たせずクライアント側にいくことになると思います。また、厳しい質問をしているというより、面接する方の質問に合った解答をしていない学生側に問題があると思いました。とても役に立ちました。
■今後の期待■:これからも広告業界を支えるべく、頑張っていただきたいと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.04

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:購入した東京フォーラムの帰りの電車の中で最初に開いたのですが、トピックスのタイトルが印象的で、就職のためだけではなく、『読み物』としても楽しめるものでした。
これまでにも就職活動のノウハウ本などに目を通しているのですが、当たり障りのないトピックスが並んでいるものや、何ページにも渡って内容が盛り込まれており、実際読み終わったときにポイントの掴めないものが多いように感じでいました。それとは違い、見出しで十分にポイントが掴め、読み進めるうちに具体的なポイントもつかめる・・・と、読む側として心地のよいリズムですすめられました。
■役立ったコラム■:最後にあった―「選ぶのは人事、選ばれるのは役員」論―が印象的でした。
採用担当者に向けた内容ではありますが、受験側から見ても、共感できるものでした。これは実際に就職活動を始めてみて思ったことなのですが、はじめにエントリーを開始するときには、ネームバリューのある会社ということで、大手から取り掛かる人が自分を含め回りにも多いと思います。 しかし、大手はエントリー人数が多いこともあり、説明会などが形式的なものも多いように感じられます。一方、就職活動をすすめる中で、それまで知らなかった多くの会社に出会い、エントリーすると、そこで開かれる説明会には、社長さんや人事の責任者など役員クラスの方が来て、実際に会社のビジョンや現状を語ってくれること多くあります。すると、社長さんや役員の方の人柄に賛同できるという理由から、志望順位が大手よりそれらの中・小企業の方が上に来ることも多いようです。
■今後の期待■:私の通う学部は、新設なので、まだほとんどの企業に対してOB・OGのツテがありません。なので、サークルに入っていない私は現場の方のお話を聞ける機会が少ないという不安を抱えています。そこで、今回のフォーラムやこのサイトのブログなどによって得られる働く方の意見は、大変ありがたいものです。これからもこのような活動を続けていただけると大変嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.02

BLOG本感想/北海道 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:既にblogで読んでいた内容ばかりで、あらためて買う必要はないかと思っていたが、あらためて読んだことで、就職活動における心構えを再発見・再確認することができたと思う。
■役立ったコラム■:「携帯で、名乗る」
自分の意識を一番改めさせられたコラムでした。マナーは十分身についていると思っていたが、携帯に出るときに名を名乗るということは考えもしていなかったからです。採用者側の視点からとても有用なアドバイスをしていただけたと感じました。
■今後の期待■:広告労協のWebサイトの更新を止めることなく、長く継続させていって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »