« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006.06.30

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 得をした!と読んで感じた。知っててよかったと思えるような、教えの数々が書かれている。「広告業界就職のススメ」を読み「あっそうか」「そうだなぁ」と当たり前のことに気づいてなかった自分を知った。広告業界を目指す人にはもちろん、就職活動生全員の助けになる本だ。
■役立ったコラム■: 「携帯で名乗る」
 "ビジネスの世界では名乗ることからスタート"しかし携帯では名乗っていなかった!広告業界就職ノススメを読むまで、携帯で名乗っていないことに気がついていなかった。小さな衝撃だった。企業からだと分っているのに、相手に「○○さんですか?」と何度も確認させていた。言ってもらわなければ気づくことさえできない程、携帯で名乗る習慣がない。携帯で名乗るという基本的なマナーを学び、今後の小さなアピールにつながった。
■今後の期待■: 今後もOB、OG訪問のかわりになるようなイベントや催しを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.28

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:アマゾン
■■感想■■:分かっているようで分かっていなかったところがこと細かく書かれていて、分かりやすかった。とても参考になりました。
■役立ったコラム■:「エントリーシートは期末試験ではない」というところが印象に残りました。お恥ずかしいことながら、僕もこれを読む以前はエントリーシート=期末試験(?)みたいなところがあったのですが、これを読んで少し目が覚めました。『全優』を狙います!
■今後の期待■:面接練習会やエントリーシート対策などがあればやって欲しいと思います。済みませんが、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:blogで拝見しており、プリントアウトして、就職活動の気晴らしに読んでおりました。一冊の書籍になることで、携帯することが楽になり、電車の中で読みやすくなりました。
■役立ったコラム■:
「5%のロシアンルーレット」です。
マナーモードでもいいか、という怠惰なキモチを破棄してくれました。このコラムを読んで以来、説明会のときでさえも、携帯電話の電源を切っております。
■今後の期待■:情報は金になる、ということを知るのが、就職活動の隠れテーマだと考えております。情報をギブする人が、いつも同じ人になっているのなら、いっそのこと、隠し情報を労協からテイクする、というのはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.24

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 広告業界に就職するため、というよりも、広く就職活動全般に関して参考になる内容が多かったと感じました。
 社会人になるための初めの一歩として当たり前かつ学生に足りない部分を見事に指摘されていると思います。とても参考になりました。
■役立ったコラム■: 「5%のロシアンルーレット」
動揺は見透かされる。この言葉に尽きると思います。心理状態はあらゆる行動に影響するので、抜かりない行動を心がけようと思いました。
■今後の期待■: 今後も就活生のサポートを続けていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.22

BLOG本感想/関東 男性


新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:自分が今まで参考にしていた就職本とは全く違う内容でした。広告業界だけでなく、社会人の視点を養うのにとても役立つと思います。私の就職活動を間違いなく後押ししてくれる1冊です。
■役立ったコラム■:話が「長い」学生の方へのアドバイス
私は某キー局の面接で「君、話長いよ~。」と言われ、ショックでした。それから練習したものの、自分ではアピールが低いと違和感を感じていました。コラムの中で、自分では話が多い人になってみて下さい、という一言で悩みが吹き飛びました。気持ちが楽になり、自信を持って面接に向かおうと思います。
■今後の期待■:模擬面接会、参加できなくて残念でした。また機会が頂けたらぜひ挑戦したいと思います。労協のみなさんの活動に感銘を受けました。業界に入る事ができたら、労協が続いて行くようにぜひ参加をしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.20

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:京都F
■■感想■■:広告業界を目指す際に役立つことということはもちろんですが、他業界を受ける際にも必要な知識だと感じました。ぜひ広く認知して欲しい書籍です。
■役立ったコラム■:「学生のプレゼン、社会人のプレゼン。」です。
授業や研究室などで何度かプレゼンをしましたが確かに相手のためにしたものではありませんでした。ただの「発表」であったと思います。相手に提案するというプレゼンを心がけるというきっかけになりました。
■今後の期待■:広告労協に期待することはこのまま変わりなく続けてもらうことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.18

BLOG本感想/九州 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:広告業界を目指している私たちにはとても役に立つ本だと思いました。広告自体が戦略的な、でも悪い気がしないコミュニケーションだと思います。それゆえに将来携わりたい人間の心構えとしての就職活動の本質が見えた気がしました。
そして、東京開場で購入させていただきました。とおりすがりの業界人さんのサインもいただきました。12日のフォーラムでの激励を、そしてコーディネーター、パネラー、スタッフの皆様のメッセージを、サインを見て忘れないようにしたいと思います。
■役立ったコラム■:機関車トーマスの価値観です。
就職活動はお見合いで、面接やエントリーシートはプレゼンテーションだということをより強く感じました。将来雇ってもらいたいならば相手のメリットを訴えかけないといけない→企業にとって役に立つこと、相手の立場になること。この重要なことを改めて思い出させてくれる内容だったからです。
■今後の期待■:広告労協のトップページのインターフェイスをより使いやすく、見やすくしていただけたら嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.16

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 黒字で濃く要点がかかれてあり、とおりすがりの業界人先生の「要点をわかりやすく、短く」といった”私たち読み手への配慮”と先輩として見本を示すための”自分への戒め”を感じました。
お陰で本当に読みやすかったです。
 
 2月12日(日)の東京フォーラムでは本にわざわざサインまでしてくださり、このような暖かい人達と是非共に働き、自分をぶつけてみたいと思いました。お忙しい中、本当に本当にありがとうございました。滋賀から朝一の新幹線で行った甲斐ありました!!
■役立ったコラム■:「満員電車の中で一番不快なマナー違反は?その解決策は?」
これを見て「電話だな。」と思いました。解決策は「注意すればいい。」と思った瞬間、「小学生的な解決案」と一蹴されました。
いってる事が間違ってないから余計悔しい。手の上で転がされました。悔しいから、とおりすがりの業界人さんが納得する策、ムキになって考えました。色々細かいところまで考えた事。それが楽しかったです。

■今後の期待■: 広告労協、とおりすがりの業界人先生、という存在を大学の早い時期から知りたかった。もっと早くから出会っていたかった。これからは広告に興味のない人でも知りえる存在になっていって欲しいです。もっと早い内からこの業界について勉強したかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.14

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: 広告業界に限らず就職活動をする上での心構えのようなもの頭に入れておくためにも他の業界を志望する場合でも読んでおいた方が良い本、という印象を受けました。事実、私自信この本を読んで、かなりとまでは言いませんが多少就職活動に向ける考え方を変えました。また、当然かもしれませんが全体的な内容を把握して再度読み直すとさらに理解が深まるように感じました。
■役立ったコラム■: 「広告業界に圧迫面接はない。」というこらむは全体的に勉強になりました。
なぜかというと(笑)、上記にもありますが心構え的な要素が強いので、自分ならどうしようか、といった具合に考えながら読んでいくことができます。それ故、自然とどうした方が良いのかが分かってくる感じがするからです(やはり長くなりますね)。
■今後の期待■: 東京フォーラム会場でとおりすがりの業界人さんにサインを頂いたので、たまに疲れた時などにそれを見直すと頑張らないと…という気分にさせてくれます。ご多忙な中、大量のコラムをまとめて本を出版していただき、パソコンに向かう癖のない私には非常にありがたい限りです。今後もますますのご活躍を期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.12

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:どうしてもこの業界の本となると、精神論的なものに偏りがちになっていると私は思うのですが、 この本はこの業界に就職するための「具体的なやり方」を書いてくれているのですごく参考になりました。この業界に実際にいる人の、生の話として読ませていただきました。まだ一回しか読んでませんが、この先あと五回は読むことになるでしょう。
■役立ったコラム■:「役員=お父さん、人事=お母さん」論ですね。
今まで会社の人を全部一括りにしている部分が自分にはあって、この話を読んだとき、「ああ、なるほど!」と納得させられました。役員面接まで行って落とされるのは何でだろう?と思っていたのですが、ファーストインプレッションを見ているのだということがわかりました。また人事面接を突破すると人事の人は見方になってくれるのだと知り、安心しました。まあ突破できたらの話ですけどねw
■今後の期待■:私はOBのコネが全くないのでOB訪問できる方を紹介していただけたらすごくありがたいと・・・あとエントリーシートの添削とかしていただけると大変ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »