« 06生:関東 女性 広告代理店 | トップページ | 06生:甲信越 男性 媒体社 »

2006.02.03

06生:関東 男性 ネット広告会社

■■進路以外での内定社■■:1社
■■落選社■■:11社
■■進路を決めた理由■■:広告業界であったこと。業界内での同期の中で自分なりのスタートを切れると思ったため。
■■就職活動で学んだこと■■:自分自身という人間をよく知ることが出来たと思います。

今までをどう生きてきたか、初めてしっかり振り返ること。
なぜ広告業界を選んだのかの自分の中の必然性。
仕事、働く事に対してどう考えているのか。

などを通して自分はこういう人間だという事が理解できたと思います。

自分の過去を振り返る、将来を思い描く事は今までもあったと思います。

ですが、就職活動を通じて過去と将来を同時に考え線で結ぶ、どれだけ自分の色でその線が引けるのか、ということを試みていたのだと思います。
■■交通費■■:3
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2005年04月
■■知ったきっかけ■■:はっきりと覚えていませんが、検索エンジンで「広告」「就職」と入力したと思います。
■■参加イベント■■:ワンポイントアドバイス,その他勉強会
■■労協イベントの感想■■:フォーラムや模擬面接会の時期を逃してしまった私はワンポイントアドバイスが重要な情報の一つでした。これがあるのと無いのとでは気持ちの持ち様に大きく影響があったと思います。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,blogコラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:就職課掲示板、スケジュール共有は機会損失を防ぐ上で非常に重要なコンテンツでした。
またコラムは日々自分に広告業界の情報を与えることが出来るという頭の栄養だったと思います。中でも「まず、名乗る」はコミュニケーション方法の変化を背景に記憶に残るコラムでした。
■■労働組合に対するイメージ■■:根拠は無いですが、形としてはあるが機能していないモノの一つ、というイメージを持っていました。
まだ労働していない就活生への支援をするというイメージはありませんでしたので、そういった対社内だけではない、発散的なベクトルも持っていて、十分機能している存在なのだと変わりました。
■今後の労協ご意見■:出会うことさえ出来れば後はその学生自身の力で就職活動に十分に活用出来るコンテンツがあると思います。
出会う時期は学生それぞれだと思いますが、現状のままでいいのではないかと思います。ただ、コラムはかなりの量に達してきていますので、これからの学生の為には出版して頂けたらより活用出来るのではないかと思います。

|

« 06生:関東 女性 広告代理店 | トップページ | 06生:甲信越 男性 媒体社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/6316707

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:関東 男性 ネット広告会社:

« 06生:関東 女性 広告代理店 | トップページ | 06生:甲信越 男性 媒体社 »