« 高速掛け算メソッド「繰り上がり分離法」 (SPI対策)。 | トップページ | 「おかしいです」は、おかしい「です」。 »

2005.12.08

06生:関東 女性 メーカー(デザイナー職)

■■進路以外での内定社■■:IT系2社 マスコミ系1社
■■落選社■■:広告業界=14社 広告業界外=計10社
■■進路を決めた理由■■:「就職する事」を目標にするのではなく、「就職するという手段」を通して自分の目標を実現させるという視点で考えた時、就職先の業界にこだわるよりも、自分自身が関われる仕事内容が魅力的であり、自分自身の能力を生かせる場所だと決断できた為。また、内定先の企業面接を受ける過程で十年後の自分がもっともイメージできた為。

■■就職活動で学んだこと■■:「答えは一つじゃないという事。」
自分自身が関わりたい仕事、やりたい仕事というものは必ずしも一つだけではないという事を知りました。
例えば、広告といえども、代理店、制作会社やSP会社、PR会社と数多くあるし、そこに依頼をするクライアント、と言ったように広告を作っているのが決して一部の会社だけではないという事。

そのような事を様々な企業にエントリーし、多くの社会人の方と話した過程で社会自体が複雑な蜘蛛の巣の様な関係で繋がっているという事を知りました。

では、その中で自分自身がどのようなポジションで、どのような仕事をしたいかを考えたとき、一つの業界だけでなく広い視野で考える事にも自身の能力を発揮し将来の姿を描けることにきづきました。(時を同じくして広告業界外の就職活動ではその時から内定が多数出るようになりました。)

最初はAという方法がベストだと思っていても、様々な失敗と試行錯誤をする事でBとCという方法でも解決でき、次第にはDという方法が最も適している事にきづく事もあります。そういった事を、身をもって体験できた最初の経験が就職活動だったのではないかと思っています。
■■交通費■■:20
■■書籍・資料代■■:3
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2005年03月
■■知ったきっかけ■■:広告業界を目指していた大学のOBに伺いました。
■■参加イベント■■:模擬面接会,ワンポイントアドバイス,その他勉強会
■■労協イベントの感想■■:企業研究イベントや模擬面接会が印象的でした。
企業研究イベントでは、ネットや書籍の情報だけでは図れない、企業の社風から試験内容まで幅広くカバーしてらした点で大変参考になりました。また、受験意欲も高まりました。
そして、模擬面談会では、自分の発言を集団の中で振り返ることにより、自分の欠点をみつけたり、自信がついたりしました。
広告労協の様々なサポートの中でも組合の方々に直接的にお会いできた事自体が、就職活動の中でどんな時でも応援してくださっているという心強い支えになりました。広告労協がただのネットによる情報発信ではなく、人と直接触れ合える組織だったからこそ就職活動を最後まで頑張ろうと思えました。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,カフェテリア,blogコラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:コラムの「話を編集するという事」
面接に対するアドバイスでしたが、これは就職活動に限らず、どんなシチュエーションでも意識していく価値のあるものだと思いました。就職活動初期、エントリーシートに自分の思いがまとまらない時期がありました。すべてを書くのではなく要点を絞って書き直した事でエントリーシートもすんなり通過するようになりました。言葉を文字で伝える事も、声で伝える事も、そして、絵で伝える事も、全て内容を編集して伝える事が基本だと気づきました。

今後はどのような時でも話を編集するという意識をもって仕事に取り組んでいきたいと思います。
■■労働組合に対するイメージ■■:働く者の視線から考え、助け合う事でその活動を活性化させているという印象をもちました。当初、労働組合というものは一部の人だけが関わり、社内の労働条件などを改善させるだけのものだと考えていました。しかし、一社だけではない業界を横断的に渡って労働組合の広告労協という仕組みを創ってらっしゃる事から、一社の利益だけには収まらず、そこで働く人の事を多角的にサポートされている点に魅力を感じました。今後は私自身も働いていく一人の人間として労働組合というものに意識的に目を向けていこうと思えました。
■今後の労協ご意見■:とても使いやすく内容も充実しているため、特記することはないと考えています。しかし、あえて付け加えるならば、総合カウンター以外に毎日更新のカウンター(昨日分、本日分)などがあると、何人くらいの人が見ているかが分かり、刺激にもなるかと思いました。
また、内容がとても充実している分、図解サイトマップなどがあるとより情報を有意義に活用できるのではないかと思いました。

|

« 高速掛け算メソッド「繰り上がり分離法」 (SPI対策)。 | トップページ | 「おかしいです」は、おかしい「です」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/5059803

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:関東 女性 メーカー(デザイナー職):

« 高速掛け算メソッド「繰り上がり分離法」 (SPI対策)。 | トップページ | 「おかしいです」は、おかしい「です」。 »