« 広告業界の最新動向を知る:電通報。 | トップページ | 「まず、名乗る」のは学生だけか。 »

2005.11.04

06生:関西 男性 ネット広告代理店

■■進路以外での内定社■■:なし

■■落選社■■:広告12社

■■進路を決めた理由■■:はじめは、総合広告会社に興味を持っていましたが、面接を通じて若いうちから責任ある仕事を任せてもらえると感じたので。「チャンスが最大のインセンティブ」と言われたことが、心に響きました。また、インターネット広告の知識をつけることが、今後のキャリアにとって有益になると思いました。

■■就職活動で学んだこと■■:就職活動を始める前に考えていたほど、社会は甘くないが、同時に冷たくもないと実感しました。私の大学は広告業界のOBがほとんどいなかったので、人事部に電話をして社員の方を紹介して頂いたり、先輩の友達の友達などを頼ってOB訪問をしました。
熱意を持って真剣に頼めば、大抵の方は忙しい時間を割いてお会いしてくれました。OB訪問をしたからといって、すんなりと面接に受かるほど甘いものではなく、落ち込むこともありましたが、会って頂いた方は最後までアドバイスをくれました。そのことが、心の支えになったと思います。
■■交通費■■:15
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:3
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2004年09月以前
■■知ったきっかけ■■:インターネットで『広告 就職活動』と検索したらヒットした
ので。

■■参加イベント■■:ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:ここに書く内容ではありませんが、関西フォーラムを体調不良のために欠席し、連絡が翌日になってしまったことをお詫びしたいと思います。後になって、どれだけ苦労をしてフォーラムを開催しているのかを知りました。来年から社会人になるものとして、自分の態度は配慮に欠けていたと思います。本当にすみませんでした。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,リアルタイムアンケート,blogコラム,携帯版HP,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:blogコラムは毎日読んでいました。広告業界を目指している学生に限らずに、就職活動をするすべての学生に当てはまるレベルの高い内容だと思います。後輩にも読むように勧めていきたいと考えています。
また期間限定のチャットルームに大変助けられました。
ちょうと最終面接を落ちて、かなり落ち込んでいたときにみなさんに励まされました。あれがなかったら、最後まで広告業界志望で就職活動を続けられたかどうか疑問です。

■■労働組合に対するイメージ■■:労働組合というと時代遅れで、存在価値がないと思っていました。
しかし、現在では、広告労協のような労働組合は大変に有益だと感じています。インターネットの発達で、学生は会社の情報を得ることが楽になりました。就職サイトも充実していると思います。
しかし、多くの就職サイトは企業体であるためにクライアントのマイナス面は掲載しません。それを補おうと学生は口コミの掲示板を見ますが、こちらは信憑性に大きな疑問があります。
単純にアドバイスをするだけでなく、不適切な面接という形で自らを戒めようとする広告労協の姿勢を他業種の労働組合も参考にしてほしいと考えています。

■今後の労協ご意見■:内定先がインターネット広告というからではありませんが、ネット広告を専業とする広告会社に対しての情報がもっとあってもいいと感じました。来年以降も採用人数が多いと思われるインターネット広告業界も情報を増やして頂けたら、より多くの学生にとって有益なサイトになると思います。
ネット広告の会社は自社で媒体を持っているもののあり、純粋に広告会社と言えるのかまた、労働組合が存在しているのかという疑問もありますが、是非お願いしたいと思います。それ以外は、すべての面ですばらしい内容だと思います。

|

« 広告業界の最新動向を知る:電通報。 | トップページ | 「まず、名乗る」のは学生だけか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/4950421

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:関西 男性 ネット広告代理店:

« 広告業界の最新動向を知る:電通報。 | トップページ | 「まず、名乗る」のは学生だけか。 »