« 予習・復習。 | トップページ | 「フィルター」と「バネ」。 »

2005.10.22

06生:関西 女性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:広告1社

■■落選社■■:広告12社

■■進路を決めた理由■■:変わり続ける広告業界の中で、他の会社にない強みを生かすことで、生き残っていけると思ったからです。
また、自分の特性(色々な方面に気を使い、情報を組み合わせて、大きなものをつくること)を一番活かせる会社だと思いました。

■■就職活動で学んだこと■■:どこの会社に入るかじゃなくて、自分がどう頑張りたいかを考えるのが大切だと思いました。
選考落ちが続くと、自分がダメな人間みたいに思って凹むこともあったけど、自分がしっかりして仕事をしていけばどこにいってもやっていけると思いました。
あと情報はネットや本で調べるだけでなく、直接話を聞いて得ることが重要大切と感じました。
■■交通費■■:20
■■書籍・資料代■■:1
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知った時期■■:2005年03月
■■知ったきっかけ■■:ネットで「広告・就職」で検索して

■■参加イベント■■:模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:模擬面接では的確な指摘を頂いて、その後の面接に役に立ちました。ありがとうございます。
同じ時間に何人か一緒で、他の人の面接を見れたのも、自分に足りないものを気づかせてくれるきっかけになったと思います。
ワンポイントアドバイスは面接の雰囲気を事前につかめて、あるとないでは大違いでした。
ただ、本当に詳しい面接の内容が載っているので、学生としては対策を立てやすいのですが、会社側として対策を立てられすぎるのもどうなのだろうと感じました。
労協の情報を知っている学生と知っていない学生での情報格差が大きいのも、今後問題にならないか、と思いました(広告を目指す学生として労協の存在を知ることは常識だと思いますが・・・)。
■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,FAQ,blogコラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:コラムの面接対策はどの本よりもリアルで役に立ったと思います。
特に模擬面接で業界人さんと実際に話したあとでは、書かれている内容もより理解できるようになりました。やっぱり、直接話してみると考え方への理解が深まると思いました。
■■労働組合に対するイメージ■■:広告労協の活動を知る前は「労働者の権利を主張する」団体と思っていたのですが、このように業界発展のために学生への就職活動支援も行っていることを知り、イメージは変わりました。
大学の就職課で広告労協の話をしたら、「大学も大学職員を目指す学生のためにそういう支援しようかな」と言っていました。他の業界にも先立つ取り組みであると思います。

■今後の労協ご意見■:学生の視点からはわからなかった会社の特性などを知ることができてよかったです。今後も学生への支援よろしくお願いします。

|

« 予習・復習。 | トップページ | 「フィルター」と「バネ」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/4899026

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:関西 女性 広告代理店:

« 予習・復習。 | トップページ | 「フィルター」と「バネ」。 »