« 「フィルター」と「バネ」。 | トップページ | バイオリンの発表会。 »

2005.10.24

06生:関東 女性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:広告1社、他2社

■■落選社■■:広告6社

■■進路を決めた理由■■:何よりも『広告に携われる』という形ではなく、広告会社で働きたかったこと、選考を通じて、最初のイメージに深みが増す形でもっと知りたいと思ったこと、そして知っていくにつれてどんどん好きになったことなど…決め手は感覚的なものでした。
また、業界人さんをはじめとしてお世話になった方々が喜んでくださったことや尊敬している労協の先輩が行かれていることなども大きな理由のひとつです。

■■就職活動で学んだこと■■:自分に余裕があろうがなかろうが相手への思いやりが大切だということ、瞬時に相手が求めるものを把握し、相手に合わせてうまく伝えることの難しさ、そしておもしろさ、などを学べた気がします。
広告業界を志望していると就職活動中に出会う仲間がだんだんと決まっていってたくさんよい友達ができました。お互いに認め合え、切磋琢磨し刺激しあえる大切な大切な仲間です。
■■交通費■■:6
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2004年09月以前
■■知ったきっかけ■■:事情があってはやめから就職活動を始めたとき、ひとりでネットでの検索から始め、ここにたどり着きました。

■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス,その他勉強会
■■労協イベントの感想■■:・魔の11月の模擬面接
 フィードバックの紙は、その時の就職活動について何も分からず、しかも緊張して駄目駄目バージョンを露呈してしまった自分について書かれていて、どこをどうすればいいかが明確に理解できました。就活中はほぼ毎日読んでいました。
 またその後の飲み会で拝見した、スタッフの方々の愛情や人間力あふれる姿がとても印象的でとっても感動しました。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,自治会掲示板,カフェテリア,リアルタイムアンケート,blogコラム,携帯版HP,スケジュール共有

■■労協コンテンツの感想■■:コラムは全てタイムリーで、本当に就職活動の流れや学生の様子を把握しているなぁ、といつも感激していました。
例えば『携帯で名乗る』のコラムなどは、調度電話が増える時期で、しかもまだドキドキしてどもってしまったりしていた時期だったので、名乗ることを意識して電話に出るようになったことで、適度な緊張感と安定感を保てるようになり本当に感謝しました。
また、コラムだけでなく様々な情報が全て残っていていつでも見れることから読み返して初心に戻ったりできて、とてもよかったです。

■■労働組合に対するイメージ■■:簡単に言えば、固い、面倒くさい、よく分からない、というイメージがなくなりました。何事も人間ひとりひとりの愛で作られているものなのだなぁと思いました。

■今後の労協ご意見■:フォーラムが半年も前から日程が決まっていて受付を開始させていることやインターネット上の情報(ブログやカフェ)が地方学生にとってどれだけ大切なことなのか、どれだけの配慮や気遣い、愛情でできていることなのかを、カフェなどで知り合った地方の友人を見ていて、強く実感しました。
それもあり、フォーラムの後地方学生と飲み会を開いたときに喜んでもらえたときから、カフェ生が東京に来たらできるだけ人を集めて会おうと決めていました。(ただ単に私が会いたかったのですがw)できる限り泊めてあげたいと思っていました。(あまりできませんでしたが。)こういった事は労協でしかできないと思っているので、こういった部分を自治会でこれからパワーアップしていけたらな、と思っています。

また、受けた会社の報告などは、誰もが面接を受けた帰りの電車の中で携帯から書き込めるようなもう少し気軽バージョンも作ったら、情報が増えるのではないかと思います。

|

« 「フィルター」と「バネ」。 | トップページ | バイオリンの発表会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/4899346

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:関東 女性 広告代理店:

« 「フィルター」と「バネ」。 | トップページ | バイオリンの発表会。 »