« 人材像の最大公約数は。 | トップページ | 予習・復習。 »

2005.10.20

06生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:広告3社、広告外1社

■■落選社■■:落選28社。広告代理店:16社 その他マスコミ系:5社 メー
カー、商社:7社
途中辞退11社。広告代理店9社 メーカー:2社

■■進路を決めた理由■■:最後まで考えたのは、仕事の内容と職場の雰囲気のどっちをとるか。
ただ最終的には、「向いてるか向いてないかじゃなく、出来るか出来ないかじゃなく、やりたいかやりたくないかが重要だ」と考え、進路を決定しました。

■■就職活動で学んだこと■■:就職活動をしていくうちに、自分の強みと弱みが分かっていった。なぜなら、面接ではいつも自分の同じ部分を褒められ、終わった後はいつも同じ部分を嫌になるからである。加えて、就職活動が長引いた分、仕事に対する意識は高まったと思う。
また、私は幸いにも複数の内定をもらえたため、最終的な進路決定には時間をかけて悩んだ。そのため、企業研究を十分に行ったため、その企業の長所・短所もある程度は予想できていると思うので、入社してからのギャップは少ないのではないかと思う。
そして、就職活動は情報戦であること。恐らく学生にとっての初めての本格的な情報戦だと思う。自分から積極的に情報を得に行く姿勢が重要だと感じた。
■■交通費■■:6
■■書籍・資料代■■:3
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2005年01月
■■知ったきっかけ■■:みんなの就職活動日記を1月末に初めて見たときに、「広告業界を目指す人で広告労協を知らない人はやばい」という書き込みをみて、検索しました。

■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:模擬面接会は絶対に行くべきです!
あの場でスタッフの方とお話して考えた自己PRは、私の就職活動で最後まで使いました。そして、面接の心構えとして、ワンポイントアドバイスを聞いておくと、いくらか安心して面接に臨むことが出来ました。

■■利用コンテンツ■■:就職課掲示板,blogコラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:面接への心構えや採用担当者の考えていることなどのコラムは、実際の社員の方からの見解なので、非常に参考になりました。コラムを読むと、モチベーションが上がり、毎日読んでいました。

■■労働組合に対するイメージ■■:もともと労働組合は、社員のために活動しているというイメージしかなかったのですが、学生に対しても活動してくださっている団体もあることも知り、学生の私にとっては心強かったです。

■今後の労協ご意見■:こちらからの情報を送った時に、返事(労協側からの情報)が来るのか来ないのかが分からずに待っていた時があります。情報を心待ちにしていた時に来なかったときは残念でした。情報があるのか無いのかをはっきりさせてくれると嬉しかったです。

|

« 人材像の最大公約数は。 | トップページ | 予習・復習。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/4897476

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:関東 男性 広告代理店:

« 人材像の最大公約数は。 | トップページ | 予習・復習。 »