« 「割り勘OB・OG訪問」のススメ。 | トップページ | 警備員に道を聞くこと。 »

2005.10.28

05生:関東 女性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:なし
■■落選社■■:広告11社
■■進路を決めた理由■■:面接の最中や内定連絡の電話の対応から、「自分を必要としてくれている」と感じたので。
■■就職活動で学んだこと■■:ヒトは、堅い大きな目標よりも、シンプルでくだらない目標のほうが頑張れる。

私は就職活動をしているとき、二つのモットーがありました。一つ目は『就職活動、あんまり妥協しないほうがいい。入る会社で、人生本当に変わるから』。二つ目は『何とかなる、と思ったら、何とかする!』。

一つ目は、博報堂のOBから頂いた言葉。二つ目は、「もうダメかも」と思ったときに、自ずと出てきた言葉。
とくに二つ目は、自分が「何とかなるだろう」と就職活動をなめてかかって始めたことを思い出せるし、「自分で何とかなると思ったなら、何とかしなきゃ」と自らを奮い立たせることも出来ました。
(「広告の内定をとる」といった堅くて大きな目標だったら、どこかで諦めていたかも…)
このモットーを掲げることにより、「自分の言動に責任をもつ」ということも学びました。

その他。
よく「自分のやりたいことを仕事に」というひとがいますが、私はその考えにあまり賛成できません。なぜなら、今の若いひとの「やりたいこと」なんて、すぐに変わるからです。自分も然り。なので私は、「自分の出来そうなことを仕事に」と思っていました。自分ができると思った仕事であれば、そこに向かって突き進むしかないな、と思うことができました。

振り返ってみて、私の就職活動は本当に、自分をいかに奮い立たせるかの勝負だったと思います。。  
■■交通費■■:15
■■書籍・資料代■■:1~2
■■セミナー参加費■■:1~2
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2004年01月
■■参加イベント■■:模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:模擬面接会に参加し、学生の思い込みではない「現場の人間の目線」をきちんと知ることが出来た。
自分では言わないほうがいい、と思っていたことでも、「それは言ったほうがいい」と助言を頂き、自信が出た。
実際の面接はどこが足りなかったのかなどは教えてくれないので、本当に有意義でした。
そして模擬面接の直後に面接に行った会社から、内定を頂きました!本当に感謝しています。

■■利用コンテンツ■■:カフェテリア,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:カフェテリア、様々です。

自分だけじゃ、確実に毎日潰れていました。堕ちていました。
私は割と長く就職活動をしていたこともあり、なかなか思うようにコトが運ばず、八つ当たりもたくさんしました。しかしそれでもカフェテリアンのみなさんが日々私を励ましてくれたことが、自分のモチベーションリソースになっていました。
周りに同業種志望のひとがいなかったこともあり、本当にたくさん助けられました。
「就職活動」という生きるか死ぬかの戦争を共に戦い励ましあった仲間たちは、短くても深く付き合えたとおもいます。本当に「戦友」です。
■■労働組合に対するイメージ■■:「労働組合」とだけ聞くと、やたらデモなどを起こしているイメージがありました。あまりよい響きではないな、と。。

しかし実際に自分がここと関わってみて、そんなことはないと思いました。「団結して行動する団体」といった感じの認識にかわってきました。
うまく言えません・・・
■今後の労協ご意見■:諸先輩方の成功談ももっともですが、失敗談も後輩達が同じ過ちを繰り返さないための材料になるのではないかなあ、とおもいます。

本当にありがとうございました。これからは、後輩達の手助けを出来る限りやっていきたいとおもいます。

|

« 「割り勘OB・OG訪問」のススメ。 | トップページ | 警備員に道を聞くこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/2169596

この記事へのトラックバック一覧です: 05生:関東 女性 広告代理店:

« 「割り勘OB・OG訪問」のススメ。 | トップページ | 警備員に道を聞くこと。 »