« 06生:関東 男性 広告代理店 | トップページ | 06生:関西 男性 広告代理店 »

2005.09.12

民主党の敗因は。

今回の解散総選挙は、自民党の歴史的勝利となる模様です。小選挙区制における「Land Slide(地すべり)」が起こり、これまで無党派層の受け皿が民主党から自民党になったとの分析があります。

民主党が野党第一党として政権を獲りたいと思うのは当然です。したがって郵政以外の論点を前面に打ち出しての選挙戦も理解できるところでもあります。しかしそもそも今回の選挙で政権奪取を目指したことに戦略のミスはなかったでしょうか。民主党自身が解散に持ち込んだことに問題はなかったのでしょうか。

郵政民営化は小泉総理のかねてからの持論であり、民間にできることは民間にという、極めて当たり前の主張となっています。民間になったら地方の切捨てなどというのは仮定の話にすぎず、公共事業の削減は地方無視といった、従来の自民党に似たトーンすら感じられます。

民主党自身が言っていたとおり、郵政民営化はもしかしたら「改革の本丸」ではないのかもしれません。しかしそれならばむしろ小泉総理の引退の花道として郵政民営化については先の国会で通しておき、小泉時代の終焉を演出した方がよかったといえるでしょう。反対派を内包している自民党と、革新政党としての民主党。この構図のまま政権奪取を狙えばよかったはずです。

民主党をはじめとした反対で、支持率が低下していた小泉政権の存在感が急速に高まったのは事実です。自民党内の反対派の動きを見越して解散を予想していたのでしょうが、自民党分裂という局面に浮き足立ち、その分裂が自民党を新たな革新政党に変化しうるものという読みと、世論のマーケティングができていなかった点が敗因だと考えています。

あの時、与野党で大枠の妥結をした上で郵政民営化法案が通り、自民党内での世代交代論が出てきていれば、民主党に政権奪取の目があったのではと思えてなりません。今回の惨敗は大きなイメージダウンにもなり、その回復には相当時間がかかりそうです。

|

« 06生:関東 男性 広告代理店 | トップページ | 06生:関西 男性 広告代理店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/5894894

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の敗因は。:

» コミュニケーションの上手さでは勝負はついたか? [千里山一里]
(2005年8月13日読売新聞から筆者撮影) メッセージが収斂している。この選挙とはどういった選挙であるかについてマス・メディアの「論点設定機能」を知り尽くして小泉首相は同じメッセージを繰り返す。内容は別としても、そのキーワードに「を止めない」自民党、「の同士よ、来たれ。」の希望者公募、「(全国各地から)の同士、続々集結中」、であるから(報道と連携した)広告コピーも上手い。 「応募者総数222名、これまでに決定した方9名」という現在進行形の速報という計画、言い方、集計も上手い。国会議員選挙候補者... [続きを読む]

受信: 2005.09.12 01:06

« 06生:関東 男性 広告代理店 | トップページ | 06生:関西 男性 広告代理店 »