« 広告主のマーケ、広告会社のマーケ。 | トップページ | 人材像の最大公約数は。 »

2005.09.25

06生:東海 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■:ありません
■■落選社■■:広告業界8社、それ以外7社

「あれ、これだけ?」というのが今の気持ちです。
手帳を見返してみると確かにこれだけ(説明会だけに行った会社も含めるともう少し増えます)ですが、意外に少ないものですね。
あれだけ「忙しい、忙しい」と思っていたのはなんだったのでしょうか。自分のキャパシティの小ささ、時間の使い方のまずさを反省させられます。
■■進路を決めた理由■■:内定した会社の選考過程は2か月半にわたる長いものでしたが、その過程の中で「この会社はしっかり自分のことを分かったうえで採用してくれている」と感じられたこと、現在の地位に甘んずることなく上を目指そうとする社風、及び、選考過程の中で出会った将来同期になる学生たちがとても面白い人たちばかりだったということが進路を決めた大きな理由です。

■■就職活動で学んだこと■■:就職活動期間中だけではなく、今後働くようになってもその結びつきが切れることはないだろうという友人関係が名古屋、大阪、東京それぞれでできました。それから広告業界を目指す学生や、広告業界で働く方々とお話しさせていただく機会をもつ中で、「広告業界で働く」ということについてのある程度明確なイメージを持つことができたと思います。また、私はそもそも大人しく引っ込み思案な性格だと自分では感じていましたが、就職活動をする中で「しゃべり好き」だという自分の性格の意外な面に気づくこともできました。

■■交通費■■:17
■■書籍・資料代■■:0.3
■■セミナー参加費■■:0
■■来訪頻度■■:ほぼ毎日
■■知った時期■■:2004年05月以降
■■知ったきっかけ■■:「みんなの就活掲示板」に広告労協についての書き込みがされていたのを見たため。
■■参加イベント■■:ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■:私が頂いたワンポイントアドバイスは全てとても役に立ちました。
筆記試験、人事面接、役員面接と心の準備ができた上で臨めたことで、情報なしにぶっつけ本番で臨む学生に対して大きな差を付けることができたのではないかと思います。
また、面接で私が東京に来ている時に「せっかく東京に来ているのだから」とFさんからお電話を頂き、直接に役員面接のレクチャーをして頂きましたが、「そこまで個々の受験生のことを考えて頂けているのか」と感激しました。
■■利用コンテンツ■■:blogコラム,スケジュール共有
■■労協コンテンツの感想■■:特に印象に残ったコラムは「まず、名乗る」と「役員=
お父さん 人事=お母さん論」ですが、その他にも「OB/OG訪問 基本中の基本」、「広告業界に圧迫面接はない」、「evoked set」、「目を見て話す」、「リクスー都市伝説」、「ユニバーサル面接」、「地方が背負うブランド」などが印象に残っています。何回も読み返し、そのたびに気づかされることがあります。

■■労働組合に対するイメージ■■:労働組合は企業ごとに待遇改善を目的に活動している団体、というイメージがあったので、広告労協のようにひとつの業界でまとまって活動をしている団体があるということにまず驚きました。
また本来の業務ではない(Fさんの発明である)学生の支援にこれほどまで力を入れて頂いていることに本当に感謝しています。

■今後の労協ご意見■:現状のままでも、学生にとっては大変ありがたいものですが、強いて言うならば地方(それも「京都、大阪」以外の地方)の学生に向けてのサポートでしょうか。しかしこれはないものねだり、わがままでしょうね。

|

« 広告主のマーケ、広告会社のマーケ。 | トップページ | 人材像の最大公約数は。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/4599591

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:東海 男性 広告代理店:

« 広告主のマーケ、広告会社のマーケ。 | トップページ | 人材像の最大公約数は。 »