« 好きなだけ長く働けるか。好きなだけ多く残業代を稼げるか。 | トップページ | コンビニ国営化法案。 »

2005.08.16

blogで政治を語ること。

blogが掲示板に比べ信頼性がおけるという評価が高い理由として、blogはそのライターが継続的に綴る「人格そのもの」であるため、急に無責任な誹謗中傷などを書くことが少ないことが挙げられます。レスポンスもトラックバックという仕組みで「自分自身のblog」で論じられるため、自分のblogの価値を下げないよう無責任なことは書かない傾向にあります。かつてニュースキャスターの筑紫哲也氏がインターネットの掲示板を「便所の落書き」と評しネットでバッシングされましたが、当時から考えるblogという「仕組み」によってネットでの言論活動システムが整ってきたと言えるでしょう。

今マスコミで注目されているのは郵政民営化法案の参議院否決による衆議院解散総選挙ですが、blogが普及して初めての総選挙ということもあり、ブロガーたちが一斉に国政を語り出しました。technorati(テクノラティ)などのblog情報アグリゲートサイトは選挙関係のblogエントリーの最新更新状況を提供しています。今やblogに書きさえすれば、総選挙に極めて関心の高い層(その多くは無党派層かつ自身がブロガーなのでしょう)に訴求できる状況となっています。

現在blogでの評価は圧倒的に小泉自民党支持のようです。このような形で意見を発信できるのであれば、郵便局関係者が一斉に匿名blogを立ち上げネット中で民営化反対を論じて小泉支持論をかき消すことも可能です。単純なblog意見「数」では世論を読み間違うこともあるでしょう。しかしblogはあくまで執筆者の個性と人格があって初めて評価されるものです。人格のないblogは落書きと同じです。アジテーションのためだけにblogを立ち上げても、いずれネット上の組織票とばれて反感を買うでしょう。

いまやblogによって普通の人の政治的意見が社会に届く時代になったと言えるかもしれません。継続的で人格のあるblogほど、その意見はネットの中で注目されるでしょう。選挙権のある学生の方々もぜひ自分のblogで国民的議論に参加してみてはいかがでしょうか。

|

« 好きなだけ長く働けるか。好きなだけ多く残業代を稼げるか。 | トップページ | コンビニ国営化法案。 »

コメント

ご見識に一票(笑)。
今回の選挙と広告(周り)のTBさせてください。

投稿: yutakami | 2005.08.16 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/5486948

この記事へのトラックバック一覧です: blogで政治を語ること。:

» コミュニケーションの上手さでは勝負はついたような・・・ [千里山一里]
(2005年8月13日読売新聞から筆者撮影) メッセージが収斂している。この選挙とはどういった選挙であるかについてマス・メディアの「論点設定機能」を知り尽くして小泉首相は同じメッセージを繰り返す。内容は別としても、そのキーワードに「を止めない」自民党、「の同士よ、来たれ。」の希望者公募、「(全国各地から)の同士、続々集結中」、であるから(報道と連携した)広告コピーも上手い。 「応募者総数222名、これまでに決定した方9名」という現在進行形の速報という計画、言い方、集計も上手い。国会議員選挙候補者... [続きを読む]

受信: 2005.08.16 10:33

» 候補者公募広告はヨソの新聞をご覧下さい [千里山一里]
(2005年8月13日朝日新聞を筆者スキャンの上加工) 一面の政治記事に「自民党の候補者公募広告が当日付けの新聞に掲載される」旨の記述(傍線部)があるから、私などは何回も新聞をはじめから終わりまで眼を皿のようにして見ることになる。 しかし発見できない。相当小さな広告かもしれない、とも思うから細部にわたって何度も見た。でも発見できない。 でも見たい(別に立候補したいのじゃないです。広告研究者ゆえですから。念のため(笑))。思いあまって朝日新聞大阪本社広報に電話し尋ねる。曰く「記者は当然広告の申し込... [続きを読む]

受信: 2005.08.16 10:33

» 衆院解散ですばやい対応 [千里山一里]
(2005年8月9日読売新聞より筆者スキャン) 衆院の解散があった翌日の朝刊には(解散日は朝刊休刊日でもあったため)、既に掲載が決まっていた他の広告があっただろうに、比例区への政党名簿による立候補の説明会告知が、法令等によって定められたとおりセットされ、公告として掲載された。 中央選挙管理会の、公務とはいえ迅速な準備・対応はマニュアルに従ったものだろうが、媒体社、広告会社の対応も、とてもではないが「泥縄」では済まされない。 確認するべき原稿内容、遵守するべき項目、決裁権者、原稿制作、原稿チェック... [続きを読む]

受信: 2005.08.16 10:34

« 好きなだけ長く働けるか。好きなだけ多く残業代を稼げるか。 | トップページ | コンビニ国営化法案。 »