« 身元保証人の責任。 | トップページ | リクルートスーツを脱いで。 »

2005.07.23

06生:関東 女性 出版社

■■進路以外での内定社■■:
なし。
■■落選社■■: 広告11社
■■進路を決めた理由■■: 就職活動を通して、私のやりたいことは何だろうと常に問いかけてきました。
そして「世の中にプラスの波を起こせるような仕事がしたい」という気持ちに行き着きました。広告業界は私の夢で、いつか広告の力で世の中にプラスの波を起こしたいと思っていましたが、その夢は果たせませんでした。内定をいただいた会社は私と同じビジョンをもっており、一番私らしいところを見せて内定をいただけたので、そこに決定いたしました。
■■就職活動で学んだこと■■:
働くということについて真剣に考えるようになったこと。
自分の周りにいる人がいかに自分をささえてくれているか気づいたこと。
自分から働きかけることの大切さをしったこと。
自分自身について、深く考えることの大切さを学んだこと。
世の中にはいろいろな考え方をしている人がいるのだと改めて発見したこと。

■■交通費■■:4
■■書籍・資料代■■:0.5
■■セミナー参加費■■:0.5
■■来訪頻度■■:3日に1回程度
■■知った時期■■:2004年05月以降
■■知ったきっかけ■■: 留学中に、広告業界のことを調べようとおもい、広告
業界とグーグルで検索していたところ、セミナーの案内にヒットしたため。
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,模擬面接会,ワンポイントアドバイス
■■労協イベントの感想■■: セミナーにいくたびに、労協スタッフの皆様の話にいつも励まされていました。
特に、一度参加した模擬面接会でおこなったGDでは、それまでは深く考えずにやってきたGDについて、深く考えさせられるきっかけとなりました。
セミナーに参加し、多くの広告業界に携わる方たちの話をきいたことで、この業界で働きたいという気持ちも強くなりました。
指差し確認は、常に行ってきましたし、セミナーに参加することで広告業界への理解も深まり、大変参考になりました。ありがとうございました。

■■労協コンテンツの感想■■:
とおりすがりの業界人さんのブログはほぼ読んでいました。
GDは救命ボートのようなものだというコラムは、私の心の中につねにあって、だからみんなと協力して全員でアップしようという気持ちで取り組むことができました。

■■労働組合に対するイメージ■■: 広告業界は花形業界だから、働いている人たちが率先して取り組まなくても人は集まってくるのではないか?と思っていました。
しかし休日返上で、セミナーを開いてくれたり、ワンポイントアドバイスを送ってくださったり、そのような細やかな気配りにふれて、広告業界で働いている人、それをサポートする労働組合に対してとてもよいイメージをもつことができました。

■今後の労協ご意見■: 今のままでよいと思います。
やはり自ら率先して関わっていくというスタイルを残したほうが、学生も自分から動かなくてはいけないと思うと思います。前回期間限定でやっていた、公開チャットなどはよい企画だと思いました。

最後になりますが、広告労協の皆様、本当にお世話になりました。
広告業界ではない会社に就職することになりましたが、これからも皆様の活躍を心より願っております。本当にありがとうございました。

|

« 身元保証人の責任。 | トップページ | リクルートスーツを脱いで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/3908269

この記事へのトラックバック一覧です: 06生:関東 女性 出版社:

« 身元保証人の責任。 | トップページ | リクルートスーツを脱いで。 »