« 今も増え続ける06生新規登録。 | トップページ | 学生のプレゼン、社会人のプレゼン。 »

2005.06.09

日本サッカーと、売り切れていたビール。

6月8日W杯サッカーアジア予選で日本は北朝鮮に2対0で快勝し世界に先駆けて予選突破、無観客試合にもかかわらず日本サポーターの応援が本当に「聞こえて」きたテレビ中継に、日本中が釘付けになりました。

暗黙の了解でこの日の夕方には打ち合わせが入らず、7時のキックオフには日本中のオフィスがパブリックビューイングの場に様変わりしました。私も仕事を早々に切り上げ、同僚とオフィスで観戦を決め込むために差し入れの食料とビールを買いに19時ごろオフィス近くのコンビニに行きました。

ところがその時間には、なんとキリンビールのビールと発泡酒だけが完全に売り切れていたのです。気がついたらいかにもオフィス観戦用買い出し要員といった若い社員が周囲にうようよいましたが、キリンビールがないのに戸惑っている様子でした。苦笑しながら私は食料と「キリン氷結」を買って帰りました。

消費者にこのような選択を起こさせるのが、スポーツイベントへのスポンサーシップの醍醐味です。「アテネとビール。」というコラムに書きましたが、日本人の半分が「日本イレブンに乾杯!」といって200円の缶ビールを1缶いっせいに飲むだけで、6000万人/缶×200円=120億円(!)の売上げとなるわけです(かなり乱暴ですが)。まさにブランド醸成と販売促進の両方を兼ねるキャンペーン手法と言えるでしょう。

とにかくうれしくてうれしくて、もう一度地元のコンビニでキリンビール製品を探して買って帰った夜でした。

|

« 今も増え続ける06生新規登録。 | トップページ | 学生のプレゼン、社会人のプレゼン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/4474646

この記事へのトラックバック一覧です: 日本サッカーと、売り切れていたビール。:

« 今も増え続ける06生新規登録。 | トップページ | 学生のプレゼン、社会人のプレゼン。 »