« 警備員に道を聞くこと。 | トップページ | 広告労協サイトも、同じだけ読んでください。 »

2005.03.26

社会に「正解」はない。

OB/OG訪問で「面接で~してもいいでしょうか」「面接で~と言う方がいいでしょうか」という質問をする学生は結構います。この質問だけでもその学生が社会人になることをどれだけ理解しているか感じることができます。

高校や大学受験では「答え」と言えば「正解」のことを指します。それは学問(入試)という客観的な価値基準があるから成立する概念です。同じ答えをどんなに多くの人が選んでも正解としての価値には変わりません。

しかし社会での「答え」はあくまで「考え方」の一つであり、受け取る側に立てば「判断材料」の一つに過ぎません。しかも多くの人が同じだからそれが正解とも限りません。戦略的な観点から人と同じことをしない、同じ考え方をしないという選択もありえます。上述のような狭い範囲の二者択一の質問は、自分がその採用責任者でなければ答えられるわけがありません。いや責任者ですら答えることはできません。

就活は自分自身と向き合う活動です。それにもかかわらず自分自身のことについて「正解を教えてくれ」という姿勢が見え隠れする学生には、とても残念な気持ちになります。「正解がある」という前提自体、学生意識丸出しだと知るべきです。

冒頭の質問では、例えば「私は…と思っているのですが、どのようにお考えになりますか」など、言い方ひとつで社会人としてのコミュニケーションにもなります。「正解などない」ということだけをきちんと認識すれば、どのような聞き方が適切か、自然に分かってくるのではないでしょうか。

|

« 警備員に道を聞くこと。 | トップページ | 広告労協サイトも、同じだけ読んでください。 »

コメント

先日はチャットでお世話になりました。
今回のコラムの内容と
少しずれているかもしれません。
でも今日の体験と絡んでいると感じたので、
拙いブログではありますが、トラバさせていただきました。

投稿: 我輩06 | 2005.03.26 01:24

本日同じような記事を投稿していてビックリ。
あ、リンクサイトに入れさせて頂きました。

投稿: gralabox | 2005.03.26 04:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/3426186

この記事へのトラックバック一覧です: 社会に「正解」はない。:

» 情報価値(勝ち)? [我輩日記]
本日は本命の面接でした。 内容はまあまあだったと思います。 しかし、今日はスゴイ勉強になりました。 本命のため、 様々な情報を集めて 面接に挑みま... [続きを読む]

受信: 2005.03.26 01:19

« 警備員に道を聞くこと。 | トップページ | 広告労協サイトも、同じだけ読んでください。 »