« 母子家庭は採用でマイナスになるか。 | トップページ | 性差のない登用。性差のない採用。 »

2005.02.18

2004年日本の広告費は5兆8,571億円、前年比103.0%。

2月17日に電通は恒例の「日本の広告費」を発表しました。

2004年(平成16年)の日本の広告費は5兆8,571億円、前年比103.0% -テレビ、インターネットが好調で4年ぶりに増加 -

株式会社電通(俣木盾夫社長)は2月17日、わが国の総広告費と、媒体別・業種別広告費を推定した「2004年(平成16年)日本の広告費」を発表した。
これによると、昨年2004年(1~12月)の日本の総広告費は5兆8,571億円、前年比103.0%であった。総広告費は、2000年に日本経済の回復傾向とIT(情報技術)ブームを背景に広告活動が活発に行われて3年ぶりに増加した後、2001年以降は減少が続いたが、2003年の後半になってブロードバンドやデジタル家電が牽引して増加に転じ、2004年は年間を通して前年実績を上回り、4年ぶりの増加となった。
また、本年2005年(1~12月)の総広告費の見通しは前年比101.4%程度としている。

インターネット広告費(1,814億円)がラジオ(1,795億円)を抜いたということが大きく取り上げられているようですが、かなり前から交通広告(2,384億円)も屋外広告(2,667億円)もラジオを抜いていますし、折込広告(4,765億円)は雑誌広告(3,970億円)を超えています。広告主は市場の大きいメディアの順番に出稿しているわけではありません。マス4媒体はあくまでジャーナリズムをベースとした4つのメディアということであり、なにがマスでなにがマスでないか、どれがどれの上という序列はすでに意味がないのではないでしょうか。

日本の広告費を覚えておくことは、この業界を目指すものの基本です。広告業界を横断的に目指す学生であれば、この発表資料はぜひきちんと目を通しておいてください。

「5兆8,571億円、前年比103.0%」の覚え方ですが、

5箱ない? 父さん。

なんてのはいかがでしょうか。ケタは自分で覚えてください(苦笑)。

|

« 母子家庭は採用でマイナスになるか。 | トップページ | 性差のない登用。性差のない採用。 »

コメント

 語呂合わせ、上手いですな。
 さて、[ dentsu ]のニュースリリースをよく読んでみると「インターネット広告費がラジオを抜いたということ」の扱いが意外と小さいんですね~
 これって、フジテレビvsライブドアの対立を「マス4媒体」に近い広告屋が慮ったんで(笑)か?

投稿: 挨拶専用85 | 2005.02.18 00:24

なにをもってマスというのかについては同意です。あと、ダイレクトレスポンス、広告とか・・・
せっかくなんで、「5兆は来ない 伯さん」
といったところでしょうか。

投稿: DR | 2005.02.19 01:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/2971988

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年日本の広告費は5兆8,571億円、前年比103.0%。:

» 電通が04年「日本の広告費」を発表 [広告*消費者問題Blog]
電通が本日、2004年の「日本の広告費」を発表しています。 2004年の日本の総広告費は5兆8571億円(前年比103.0%)。7〜9月期は参議院選挙、アテネ... [続きを読む]

受信: 2005.02.19 16:29

» 「エッチのS担当です。」と胸を張ってゆっちゃう??きゃーー  [Ukeoto!受付嬢を落とす方法]
その方面の方々は・・・、「エッチのS担当」って言うそうです。「HのS担当です。」「HのS担当です。」「HのS担当です。」たぶん、続けては言わないだろうけど・・・... [続きを読む]

受信: 2005.02.22 23:11

« 母子家庭は採用でマイナスになるか。 | トップページ | 性差のない登用。性差のない採用。 »