« 災害とラジオ付き携帯電話。 | トップページ | レスポンス型広告(前編)。 »

2004.10.26

アエラ「社会人偏差値」。

アエラ11月1日(10月25日発売)号の巻頭で「『社会人偏差値』内定の決め手」という記事が掲載されています。

アエラ編集部が人気企業86社に「どのような学生に魅力を感じるか」「学生のどこを最初に見るか」というアンケートをしたところ、ほとんどの企業が求めている資質は「コミュニケーション能力」だと答え、さらには面接官の視線が真っ先に注がれるポイントは立ち居振る舞いや表情、態度、目線などが重視しているということでした。「評価の3、4割は目で決まるといってもいい」という企業もあります。

それまで学力試験という1つの軸で評価されてきた大学生にとって、これらはとても想像がつかない評価軸だと思います。しかしこれだけ多くの企業が期せずして同じような軸を持っているということは一度直面しておくべきだと思います。

アエラも最近は就職活動生向けの記事をよく特集しています。玉石混交だと個人的には思っていますが、今回の記事は学生に本当に参考になるものだと思いました。

「偏差値」という言い方がいかにも朝日ですが。

|

« 災害とラジオ付き携帯電話。 | トップページ | レスポンス型広告(前編)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アエラ「社会人偏差値」。:

« 災害とラジオ付き携帯電話。 | トップページ | レスポンス型広告(前編)。 »