« 「イチロー」という、言霊(ことだま)。 | トップページ | 「B to B」と「B to C」。 »

2004.10.04

ここまでの記事一覧(コメント・トラックバックのお願い)。

06生向けに、ここまでに書いた一覧をまとめておきます。

10月1日のコラムにも書きましたが、過去に役立ったコラムや面白かったコラムについては改めて06生に紹介したいと思っています。03、04、05生その他読者の方で、特に興味を持ったコラムを3つほど挙げて、今回のコラムに簡単な理由をつけてコメントやトラックバックしていただければ幸いです。

※なお、本blogは現在ココログブックス・コンテストに参加しています。選考基準は

・オリジナリティがよく出ているもの
・ブログならではの機能に関心が高く、コミュニケーションに積極的なもの

となっており、この意味でもぜひ皆さんのコメントやトラックバックもいただきたいと思っています。


2004.10.01:06生に、ごあいさつ。(メッセージ)
2004.09.30:04生:関西 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.09.29:クリティカル・マス。(広告豆知識)
2004.09.28:04生:関東 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.09.27:「妥結」とは何か。(ニュース, 労働法、組合について)
2004.09.26:カタログの仕事が大事な理由。(広告豆知識)
2004.09.25:04生:関東 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.09.24:「労働組合」とプロ野球。(ニュース, 労働法、組合について)
2004.09.23:CM原版が廃棄へ。(ニュース, 広告労協のこと)
2004.09.22:業績連動とプロ野球。(ニュース, 労働法、組合について)
2004.09.21:高齢化と、消費社会。(ニュース)
2004.09.20:ロックアウトとプロ野球。(ニュース, 労働法、組合について)
2004.09.19:テレビとラジオとプロ野球。(ニュース, 労働法、組合について)
2004.09.18:ドッグイヤーとプロ野球。(ニュース, 労働法、組合について)
2004.09.17:05生:関東 女性 広告代理店(内定者体験記)
2004.09.16:好きなだけ長く働けるか。好きなだけ多く残業代を稼げるか。(労働法、組合について)
2004.09.15:05生:関東 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.09.14:残業時間上限の協定を超えても、残業代は支払わなければいけない。(労働法、組合について)
2004.09.13:「ブルガリアヨーグルト」の化粧まわし。(ニュース)
2004.09.12:普通の土曜日。特別な土曜日。(ニュース, 労働法、組合について)
2004.09.11:05生:関東 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.09.10:結果通知のない健康診断。(採用担当の方へ)
2004.09.09:ノーワーク・ノーペイの原則。(労働法、組合について)
2004.09.08:国会・政府がプロ野球選手会を労組と認めている証拠。(労働法、組合について)
2004.09.07:災害の時、人はネットに集まる。(雑談)
2004.09.06:労働組合の設立に、会社の許可はいらない。(労働法、組合について)
2004.09.05:課題解決が私たちの仕事なら。(労働法、組合について)
2004.09.04:ストライキによる損害を、相手は賠償請求できない。(労働法、組合について)
2004.09.03:敬語に、漬かる。(心構え)
2004.09.02:残業は時給を割り増して支払わなければならない。(労働法、組合について)
2004.09.01:ビールのCM、大幅制限?(ニュース)
2004.08.31:アテネオリンピックの視聴率。(ニュース)
2004.08.30:36(さぶろく)協定がなければ残業命令できない。(労働法、組合について)
2004.08.29:「異常あり」最悪の47% サラリーマンの健康診断。(ニュース)
2004.08.28:ヤマト運輸の意見広告。(ニュース)
2004.08.27:1日8時間以上勤務させてはいけない。(労働法、組合について)
2004.08.26:05生:関西 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.08.25:五輪選手や関係者のブログは禁止。(ニュース)
2004.08.24:blogとリアルの連動。(広告業界のこと)
2004.08.23:北海道代表が甲子園初優勝。(ニュース)
2004.08.22:奥田民生テレ朝とタッグでドラマーシャル。(ニュース)
2004.08.21:オリンピック、アンブッシュ(便乗商法)対策。(広告業界のこと)
2004.08.20:オリンピック、アメリカ国内でのスポンサー。(広告業界のこと)
2004.08.19:オリンピック、JOCスポンサー。(広告業界のこと)
2004.08.18:オリンピック、ギリシャ内スポンサー。(広告業界のこと)
2004.08.17:オリンピック、トップスポンサー。(広告業界のこと)
2004.08.16:05生:関東 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.08.15:時差を気にする人々。(ニュース)
2004.08.14:05生:関東 女性 PR会社(内定者体験記)
2004.08.13:同窓会。(広告労協のこと)
2004.08.12:04生:関東 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.08.11:スラムダンク、朝刊全面広告。(ニュース)
2004.08.10:05生:関西 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.08.09:4月からのアクセス状況。(広告労協のこと)
2004.08.08:アウェイでの勝利。(広告労協のこと)
2004.08.07:WiLLに、幕。(ニュース)
2004.08.06:地上波デジタルは自分の家でいつ見られるのか。(おすすめサイト)
2004.08.05:不適切採用:東海 広告代理店(採用担当の方へ)
2004.08.04:05生:関西 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.08.03:数字の「3」の落ち着き感。(面接対策)
2004.08.02:05生:関西 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.08.01:05生関東祝賀会。(メッセージ)
2004.07.31:若者にとっての、「プロ野球」と「新聞」という存在。(広告業界のこと)
2004.07.30:05生:関西 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.07.29:巨人選手会、がんばれ。(ニュース)
2004.07.28:04生:関東 女性 制作会社(内定者体験記)
2004.07.27:05生向け就活状況アンケート結果。(広告労協のこと)
2004.07.26:05生:関東 女性 広告代理店(内定者体験記)
2004.07.25:スマステと27時間テレビの相互中継。(ニュース)
2004.07.24:05生:東海 男性 広告代理店(内定者体験記)
2004.07.23:強力体感目覚まし装置「おこし太郎」。(ニュース)
2004.07.22:05生:関東 女性 広告代理店(内定者体験記)
2004.07.21:残業代込みの初任給。(採用担当の方へ)
2004.07.20:05生:関東 男性 ネット系広告代理店(内定者体験記)
2004.07.19:内定者体験記。(内定者体験記)
2004.07.18:男女雇用機会均等法と求人広告。(採用担当の方へ)
2004.07.17:アテネへ、折り鶴。(おすすめサイト)
2004.07.16:合唱とアカペラ。(広告業界のこと)
2004.07.15:星野仙一、プロ野球再編問題を語る。(ニュース)
2004.07.14:インターネット利用人口は7,730万人、人口普及率は60.6%、世帯普及率は88.1%。(ニュース)
2004.07.13:人選ミス。(奇問良問愚問悪問)
2004.07.12:内定前の健康診断問題、調査開始。(労働法、組合について)
2004.07.11:統計データ・ポータルサイト。(おすすめサイト)
2004.07.10:おじさんこそ、iPod。(雑談)
2004.07.09:企業HPをBlogで作る。(おすすめサイト)
2004.07.08:プロ野球選手会が「労働組合」である意味。(労働法、組合について)
2004.07.07:意思決定。(採用担当の方へ)
2004.07.06:古田会長、がんばれ。ライブドア、がんばれ。(メッセージ)
2004.07.05:有価証券報告書データベース「EDINET」。(おすすめサイト)
2004.07.04:ウィンブルドンと携帯電話。(雑談)
2004.07.03:データの出典。(心構え)
2004.07.02:血液検査のプライバシーは守られているか。(採用担当の方へ)
2004.07.01:フェリカ。(時事用語)
2004.06.30:公告。(広告豆知識)
2004.06.29:オプトイン、オプトアウト。(広告豆知識)
2004.06.28:学生広告論文電通賞。(ニュース)
2004.06.27:役員面接を受ける学生たちへ。(面接対策)
2004.06.26:試験会場で仲良くなる方法。(雑談)
2004.06.25:「給与振込優遇付き就活ローン」。(メッセージ)
2004.06.24:ライフタイムバリュー(LTV)。(広告豆知識)
2004.06.23:ダイレクトメール。(広告豆知識)
2004.06.22:内定前の健康診断は法律で禁止すべき。(採用担当の方へ)
2004.06.21:開始から半年間の記事一覧。(おすすめサイト)
これ以前の一覧はこちらblog以前のコラムはこちらをご参照ください。

|

« 「イチロー」という、言霊(ことだま)。 | トップページ | 「B to B」と「B to C」。 »

コメント

最近、早寝すぎてカフェに参加できていませんが、カフェに次いで労協のコンテンツとして欠かせないのが、日々更新されているコラムでしょう。
昨年の12月から毎日更新されていますが、その気力はすばらしいものだと思います。やっぱり毎日続けることって大変なんですよね。私も3年間続けている日課がありますが、これを飽きずにやり続けるって・・・やっぱ楽しくないとやめちゃいますもんね。

さて、興味を持ったblogですが、私は「広告業界はマスコミか?(2002.10.12)」と「役員=お父さん、人事=お母さん論(2003.10.25)」そして「携帯で、名乗る(2004.3.1)」の3つを挙げます。

1つ目は広告業界の位置づけを曖昧にとらえていた学生視点を社会人視点へと変えてくれたことです。この一歩が私の就職活動を大きく軌道修正してくれました。

2つ目は、実際に最終面接前の控え室でも読みました。このコラムが内定へと背中を押してくれたと感謝しています。
このコラムの中にも書かれてありますが、「印象」というものが実に大切なものであると就職活動を通して感じました。
前歴の無い新卒者を取るときに、採用サイドは頭の中で「こいつをクライアントに連れて行ったら・・・」と考えているはずです。そんなときに「印象」という二文字が大きなウェイトを占めるのは当たり前です。

3つ目の「携帯で、名乗る」というコラムは今でも実践しています。自宅電話で当たり前のようにできていたのに、携帯電話にしてからはすっかり忘れてしまっていて、学生気分のまま就職活動に突入していました。
名乗るということ、笑顔でそれをするということはお互いの距離を縮めるという意味でも非常に大切なことだと思います。
名乗ることを実践するようになると、会話もスムーズに進みました。そして非常に気持ちがいいものでした。これが癖になればしめたものです。就職活動もスムーズに進みますw

就職活動は不安に陥ることも何度もありましたが、そんなときに実際に働いている人の意見を聞くこと、コラムを読むことが次へのステップアップのヒントになったことが何度もありました。ありがとうございます。
これからもコラム楽しみにしています。それでは。

投稿: BLUE05 | 2004.10.07 17:24

実体験を通して痛感したのが「役員=お父さん、人事=お母さん論(2003.10.25)」でした。
最終面接に対する心構えとして事前にこの事を強く認識していれば、個人的に第2志望だった某不動産デベに最終落ちすることは無かったのではないかと思いますwそれは、後に現在の内定先での最終面接および内定を頂いたという事で本当に痛感します。当時はこのblogをある意味ナメていたのかもしれませんねw
同様に、実戦を通して感じたこととしては「ブレーンストーミングとグループディスカッション(2004.04.18)」が挙げられます。
これも学生レベルでは気がつきにくい視点で、内定先の実戦前にはプリントアウトして何度も何度も熟読した覚えがあります。これも、第3志望の某社でGD落ちした失敗から痛感したものですw
最後に最近のものとしては、個別にコメントし返事も頂いたのですが「『ブルガリアヨーグルト』の化粧まわし。(2004.09.13)」があります。別に返事を貰ったからではありませんがw
理由としては、現状のPR会社というものが社員の方の話しぶりから察するに「定義通りのPR(非広告。個人的に感じた事としては枠を買わないビジネスとでも言うのでしょうか?)」に固執しているのではないか、という気が少ししたからです。
こういう枠を買うビジネスにも積極的に乗り出すことで、会社・業界としてもより大きな利益を上げる事が出来る、そして業界も発展する。さらに、クライアント企業に対しても総合的な(PR)サービスを提供することで、PR会社・業界自体が広告代理店と並列的な、自立したパートナーとしてクライアントとより良い関係を築けるのではないだろうかと感じた為です。
まあ、個人的にそういう仕事に興味があるだけなのと、PRというもの自体への見識も未だ浅いのですがw
これから(社会人となった後)も勉強・示唆となるようなblogを期待しています。では。

投稿: まお05 | 2004.10.16 23:21

毎日ご苦労様です。
反応が遅くなって申し訳ございません。
僭越ながら「お気に入り」を何点か挙げさせていただきたいと思います。

①就職活動に際し、一番興味深かった記事は「携帯で、名乗る(2004.3.1)」です。電話帳があり、発着信履歴の残る携帯電話で「名乗る」という行為によって、受け取り手の印象が変わる事だけでなく、自分自身も「名乗る」事で会話に至るまでワンクッションをおいて、心のゆとりをとることができました。特に就職活動中は、非通知電話を受け取る機会が増えるので、「名乗る」事で電話する側される側双方にメリットがあるのだと実感しました。

②就職活動中の原動力となった記事は「夏に雪かき機を売る方法(前編後編)(2004.02.26&2004.02.28)」です。
この頃ちょうど、労協のホームページをこまめに見るようになったと思います。広告業界ではこんなキャンペーンも自ら作り出す事ができるっていうワクワク感、今でも思い出せます。
掲示板で盛んに議論が行われている様子も見ていてすごく興味深かったです。当時の私は、結構ヒラメキには自信があったwのですが、世の中には面白い事を考える日とまだまだたくさんいるんだなと、自分の未熟さを思い知らされた記事でもあります。

③「人選ミス。(2004.07.13)」を選んだのは、これを読んですごく安心したんです。自分は就職活動を通して、ろくでもない社会人に出会うことが無かったので。就職活動が人と人との出会いによって成り立ってるのではないかなぁって、この記事を読んで考えさせられました。会社の個性がこういう所でも垣間見れるのではないかと感じました。
**********
こんな感じです。振り返って読んでみると、改めてブログそして、以前のコラムの記事の情報の新鮮さ、幅広さを感じました。就職活動は今までの人生で一番「自分」を振り返ることのできた体験だったので、基本的に自分との戦いが一年くらい続いたわけで、しかもなかなかうまくいかないわけで、一日何社も説明会なり筆記試験なり、面接なりを慣れないスーツとこそばゆいストッキング、走りづらいパンプスで受けてたわけで、家に帰るとヤフーみてリクナビみてみん就みて、てな感じに”シューカツ”一色な生活でした。そんな中で労協のブログを読んでは、ちょっとでも自分が広告業界に近づいたという自信(思い込みw)になり、励みになりました。就職活動を終えた現在でも、マイファーストブログとして日課となってます。

これからも頑張ってください。ではでは、支離滅裂な長文失礼致しました(^^;)

投稿: いぬっころ05 | 2004.10.17 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/1584867

この記事へのトラックバック一覧です: ここまでの記事一覧(コメント・トラックバックのお願い)。:

« 「イチロー」という、言霊(ことだま)。 | トップページ | 「B to B」と「B to C」。 »