« 36(さぶろく)協定がなければ残業命令できない。 | トップページ | ビールのCM、大幅制限? »

2004.08.31

アテネオリンピックの視聴率。

アテネオリンピックが閉幕、日本選手は史上最高のメダル数、東京オリンピック時と同じ金メダル数という、大変な活躍を残してくれました。

日本選手団の成功だけでなく、各種メディアも大きな成果を残しています。インターネットが本格普及して初めてのオリンピックで、Yahoo! Japanのオリンピック特集に1週間で482万人が訪問しています。この数字はネット視聴率調査会社「ネットレイティングス」の自宅パネル(自宅からのアクセス者のみ)からの推定ですので、会社などからのアクセスを考慮すると実際は2~3倍、すなわち1000万人以上がアクセスしているのは確実でしょう。

また、テレビについても、時差がマイナス6時間という厳しい条件の中で、各社とも深夜にわたって高視聴率を獲得しています。(ビデオリサーチ社のレポート:2004年8月11日~22日2004年8月23日~

私が特に注目している放送のは、野口みずき選手が金メダルをとった女子マラソン(TBS)です。8月22日深夜にもかかわらず平均視聴率は19.2%、野口選手ゴール時の23日午前2時26分の瞬間視聴率は29.2%に達したということです。このレースはトップを走る野口選手の後方をエチオピアのヌデレバ選手が不気味に追いかけるという展開であり、片時も目を離すことできない展開でした。あのときゴールテープを切る直前まで誰も野口選手の優勝を確信できなかったでしょう。このことが深夜の驚異的な視聴率に結びついたのではないかと思っています。

時差を超え、リアルタイムでもネット上でも多くの人をひきつけ続けたアテネオリンピック。広告業界で働くものとして、次の2006年ドイツワールドカップがとても楽しみです。

|

« 36(さぶろく)協定がなければ残業命令できない。 | トップページ | ビールのCM、大幅制限? »

コメント

>時差を超え、リアルタイムでもネット上でも多くの人をひきつけ
>続けたアテネオリンピック。広告業界で働くものとして、
>次の2006年ドイツワールドカップがとても楽しみです。

この最後の3行が色々な意味でとても羨ましく感じました。

投稿: まお | 2004.08.31 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/1314480

この記事へのトラックバック一覧です: アテネオリンピックの視聴率。:

« 36(さぶろく)協定がなければ残業命令できない。 | トップページ | ビールのCM、大幅制限? »