« 05生向け就活状況アンケート結果。 | トップページ | 若者にとっての、「プロ野球」と「新聞」という存在。 »

2004.07.29

巨人選手会、がんばれ。

巨人軍のプロ野球選手会が29日に合併反対へ署名をすることになったそうです。オーナー社長の会社の労働組合は、社員出身や労組役員出身の社長のいる会社と違い、労使関係構築に大変な部分があります。勇気ある判断に拍手を送ります。

今回の再編騒動の最大のフィクサーである巨人オーナーのお膝元でもプロ野球選手会横断的な署名運動が始まることで、選手同士の利害関係を越えファンを優先すべきという点で選手会全体が一致していることを大きくアピールできたと思います。

労使交渉で最悪なのは会社が「話し合いのテーブルにつかない」「組織の切り崩しをする」ことの2点です。巨人選手会の同調はプロ野球選手会全体の組織切り崩し防止に最大の貢献をしました。今後は巨人ファンも含めたファン全体が選手会を支持・応援し、選手会の団結維持と古田会長が話し合いのテーブルにつけるよう力添えをしていく流れになってほしいと、切に思います。

|

« 05生向け就活状況アンケート結果。 | トップページ | 若者にとっての、「プロ野球」と「新聞」という存在。 »

コメント

確かに、「急」に合併の話がでたのは納得いかないです。

わたしは空席だらけのセ戦を何度も目にしているので、この問題を全否定するのもなあ、と思ってしまいます。
合併したからといって、今マスコミがこぞって懸念している「ファンの激減」て・・・そうなりますかね?
高野連によると、今年の高校野球部員数は調査開始(82)以来最多だそうです。つまり60年代の子だくさんの時代よりも球児が多いことを考えると、野球人気は捨てたモンじゃないです。
私達は(ナベツネ含め)古い世代になるわけだし、(目先の近鉄・オリックスファンを確保するよりも)彼ら未来の『野球おじさん』にとって魅力あるプロ野球を目指したほうがいいと私はかんがえます。
今後の子供たちにとっては10球団が当たり前になるのではないでしょうか。

初めはむつかしいかもしれませんが、2軍3軍の選手を社会人野球と対戦させる機会をつくるとか、底上げの方法はさがせないのでしょうか。
うまくやれば地域の活性化にもつながるのでは、と思うわたしは甘いかもしれませんが。多メディアの時代だし、それを盛り上げる手立てもたくさんあると思います。

まあ大阪球場の年間使用料50億(!)など、再編の前に改善点はくさるほどありますが。

長くなるので自主規制ですw自分とこにそのうちかきます・・・。

たしかに現状の対応は、BtoCではない完全なBtoBになってますね。現場の人間でなくなると、その大切さがわからなくなるのですね。  

投稿: 肩こりん | 2004.07.29 03:09

何かカフェに続く第2ラウンドみたいになりますが許して下さいね。>肩こりん

「ニイガタ現象」(双葉社)という本がありますが、そこにもあるように、プロチームが市民にもたらす一番の直接的な効果とは、市民のアイデンティティーの確立にあるそうです。

実際、新潟にいる私にとって、アルビレックスは本当にコシヒカリと並ぶ名物になりました。テレビ放映がされると、熱心なファンやおとうさんおかあさんが、家電量販店にあるテレビに注目してみている光景を何回も見ます。

今回の合併議論で個人的に心配なのは「野球を知らない一般層へのマイナスイメージ」だと思うんです。
ただでさえ大多数のプロ野球ファンは今回の合併、1リーグ化を反対しています。
また、各マスコミも反対の意見がかなり多くあるように思います。
そこから、野球に興味のない人には「合併、1リーグ化→悪いこと」と映るのではないでしょうか。

そうすると、例え合併または1リーグ化になったとしても、

一般層にはマイナスイメージになり、プロ野球に興味を持ってもらえない→プロ野球を敬遠
ファンに対してもマイナスイメージ→アイデンティティーの消滅→プロ野球に失望→プロ野球を敬遠
結果、ファン離れが顕著になり、プロ野球に注目が行きにくくなる

ということになりかねないのではないかと思うんですね。
だからこそ、地域に根ざした営業努力を行い、市民権を得られるまでにしないといけないんだと感じます。

投稿: ひろ | 2004.07.29 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/1075638

この記事へのトラックバック一覧です: 巨人選手会、がんばれ。:

« 05生向け就活状況アンケート結果。 | トップページ | 若者にとっての、「プロ野球」と「新聞」という存在。 »