« 2003年の日本の広告費は5兆6,841億円、前年比99.7% | トップページ | 塗る花粉症薬 »

2004.02.19

国内総生産(GDP)と国内広告費の相関関係

国内総生産(Gross Domestic Product)と日本国内の広告費は明確な比例関係にあるといわれています。

国内総生産(GDP)と日本の広告費の比較表(日本雑誌広告協会)を見ると一目瞭然なのですが、国内の広告費はその年のGDPの1%強という数字になっています。「国内広告費はGDPの大体1%」と覚えておいていいでしょう。

ビジネスの武器としての経済学入門「景気関連の経済指標の定義と解説」では、国内総生産の定義を

国内の生産活動による財貨・サービスの算出から原材料などの中間投入を控除した付加価値

としています。

経済は生産するだけでは動かず、それを購入・消費する人がいて初めて動くものです。上記GDPの定義と、GDP・広告の相関を考えると、生産と消費を結びつけることに、広告が一定の機能を果たしているといえるのではないでしょうか。

|

« 2003年の日本の広告費は5兆6,841億円、前年比99.7% | トップページ | 塗る花粉症薬 »

コメント

「国内広告費はGDPの大体1%」という表現は、厳密にいうと誤解を
生じるかもしれません、やはり。
「国内広告費」の全てが「付加価値」ではありませんから。
「国内広告費はGDPの大体1%と同じ」というのが正確なところでし
                     ̄ ̄
ょうね。

投稿: 挨拶専用85 | 2004.02.19 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/210754

この記事へのトラックバック一覧です: 国内総生産(GDP)と国内広告費の相関関係:

» 日本の国民1人あたりのGDP、21年ぶりトップ10陥落 [時事チップス]
 水の低きに就くがごとし。... [続きを読む]

受信: 2006.01.18 15:47

« 2003年の日本の広告費は5兆6,841億円、前年比99.7% | トップページ | 塗る花粉症薬 »