« 新聞雑誌はどこまで広告を増やせるか。 | トップページ | ネーミングライツ(施設命名権) »

2004.01.27

被告人がCMに出演。

米国ペプシがアップルの音楽ダウンロードサービスとタイアップして1億曲相当を無償ダウンロードするキャンペーンで、何とP2Pを使った違法ダウンロードで提訴されている若者をCFに起用するというニュースが流れてきました。

RIAA 訴訟被告ティーン、Pepsi が広告に起用

音楽を違法ダウンロードしたとして全米レコード工業会 (RIAA) に提訴された十代の若者20人ほどが、Pepsi のスーパーボウル テレビ CM に登場すると、『USA Today』紙の記事が伝えた。

それによると、この CM は、Apple のオンライン音楽ダウンロードサービス『iTunes Music Store』から最大1億曲の合法的ダウンロードを期間限定で無料提供するという特別プロモーションを宣伝するものという。

CM の中では、1人のティーンエージャー (14歳女子) が Pepsi を飲みながら、「わたしたちは今でもインターネットから音楽を無料でダウンロードするわ」と言う。記事によると、広告代理店の BBDO が『Green Day』というバンドを説得して、1960年代のヒット曲『I Fought the Law』(ぼくは法律と戦った) をこの CM 用にカバー演奏してもらったという。

Pepsi North America の最高マーケティング責任者 Dave Burwick 氏は、USA Today の取材に対して次のように述べている。「悪意はまったくない。音楽のダウンロードはきわめて大きなカルチャー現象となっている。消費者にとって大いに関係があるし、話題性もある。わが社は、オンライン音楽を盗むのではなく購入する方向に人々を向かわせる」

この CM に出演する若者のうち少なくとも1人は、出演料の一部を RIAA への支払いにあてると述べている。RIAA はこれまでに、ピアツーピア (P2P) ネットワークを介して音楽ファイルをダウンロードした1000人近くを提訴している。約半数は、今月21日に訴えたものだ。

著者: Rebecca Lieb ▼2004年1月26日付の記事 ■海外internet.com発の記事

このようなキャンペーンを敢行するPEPSIはすごい。すごすぎる。 健康志向で炭酸飲料離れが進む中で、ありとあらゆるリスクを考慮した上で、それでもティーンエイジャーの支持を受けるために、このキャンペーンを選択したのでしょう。

そして、本企画をBBDOが発案・提案したのなら、同社の企画力と提案する勇気、そして実現させた力を賞賛したいと思います。

|

« 新聞雑誌はどこまで広告を増やせるか。 | トップページ | ネーミングライツ(施設命名権) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4124/139370

この記事へのトラックバック一覧です: 被告人がCMに出演。:

» GREEN DAYの"I FOUGHT THE LAW"のカバー [SAY!YES!TO!ME!!]
 WALLS OF JERICHOの2月24日リリースの新作"All Hail The Dead"から2曲コチラで聴けますよ。えらい垢抜けたんではないでしょうか... [続きを読む]

受信: 2004.01.31 01:09

« 新聞雑誌はどこまで広告を増やせるか。 | トップページ | ネーミングライツ(施設命名権) »