2009.11.14

「本村弁護士流読むだけで賢くなる勉強法」

「行列のできる法律相談所」をはじめバラエティで活躍中の本村健太郎弁護士は、私の中学以来の同級生で演劇部も一緒だった友人です。「本村弁護士流読むだけで賢くなる勉強法(以下「本村流」)は、中学以来彼の勉強の燃費のよさを見てきた私にとって、一種の謎解きのような本でした。

基本的には忙しいビジネスマン向けの勉強術という内容ですが、就活生も忙しいことには変わりありません。時間の間を縫って一般常識やTOEIC対策をしている学生にとっても、示唆に富んだ書籍と言えるでしょう。

「本村流」のもっとも端的な主張は「本業以外の勉強なら、勉強にかかるハードルを思いっきり下げ、そのかわり勉強を習慣化しろ」ということです。彼は「読むときにラインマーカーを使うな」と言います。もともとよくポイントがよく編集されている参考書においては、ラインマーカーを使うことは勝手に自らが決めたハードルであり、ペンを忘れたら勉強しないというようなつまらない言い訳にしかならないと。

このような徹底した習慣化のためにはどのように徹底したアプローチをとればよいかを、在学中に合格した司法試験や、最近彼がわずか2ヶ月で取得した「世界遺産検定」を例に、わかりやすく語りかけています。

司法試験は別にしても、就活生でいえば「本村流」のメソッドはSPIやマイクロソフトの各種資格など「一定の試験範囲を持つ資格試験」には極めて有効に働くと思います。ご一読あれ。

|

2009.10.13

特報!広告業界就職ノススメ増補版、好評発売中!


好評をいただいています「広告業界就職ノススメ。(創出版)」ですが、16本の新作を追加し再リリース、マス読並みの厚さとなってもお値段据え置きと、大変お得です!

|

2009.06.07

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2011
購入場所:その他書店
■■感想■■:面接に対する不安感が消えました。
■役立ったコラム■: キャラクタービジネス普段何気ない事にもちゃんとしたコンセプトがあるのだと自覚し、勉強しなければと思った。
■今後の期待■: ぜひ模擬面接に参加したいです。

| | コメント (1)

2009.06.05

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2011
購入場所:その他書店
■■感想■■:広告業界を志す私にとって、貴書は1)業界にかかわらず就職活動全般に有益な情報、2)広告業界に特有な事由について有益な情報を与えてくれました。単なる業界本には書いていないこと(貴書の4「なぜ他社に落ちたと思いますか?」など)を多く掲載されているので、大変興味深いと思うと同時に広告業界で働いていくための心構えを持たせてくれました。電通・博報堂の夏期インターンを受験する予定でいますが、貴書で学んだことを一つの指標として活動していきたいと思います。
■役立ったコラム■:P66に掲載されています「満員電車の中で一番不快なマナーは?その解決策は?」です。法律は紛争が発生した後にどう解決するかが問題であり、その予防はあくまでも法律の持つ抑止力に頼らざるを得ません。しかし、広告業界のプロは広告的なアプローチで問題を解決していくことが求められます。本コラムは具体例を挙げて解説していただけているので、コミュニケーションで解決することの意味を私に与えてくれました。
■今後の期待■:今後ともブログ、ウェブサイトで広告業界を志望する学生と広告労協の皆様とのコミュニティの場を継続して頂きたいと思います。

| | コメント (0)

10生:関東 男性 広告代理店

■■進路以外での内定社■■: 金融2社
■■落選社■■: 広告3社
■■進路を決めた理由■■: 代理店の中で唯一受かった会社だったから。中国事業にも力を入れている。(自分のやりたいことができる。)
■■就職活動で学んだこと■■: 友人はかなり増えたと思います。また就活の相談を受ける機会があり、いろんな人の話を聞くことができ、さまざまな人の考え方に触れることができ、貴重な経験をしました。
■■交通費■■:10
■■書籍・資料代■■:2
■■セミナー参加費■■:1
■■来訪頻度■■:2日に1回程度
■■知ったきっかけ■■: 先輩からの紹介
■■参加イベント■■:東京・関西フォーラム,OB/OG訪問会
■■労協イベントの感想■■: OBOG訪問の機会がすくないこと。選考に入ってからじゃないと紹介できないというシステムはOBが少ない理工学部生には厳しいです。 僕の場合は、業界人さんの好意で紹介してもらえましたが、来年の子で、同じ境遇になる子もいると思うのでなんとかしてあげてください。 志望動機や会社のことを知る上で、OBOG訪問をたくさんすることは非常に大切だと思います。
■■利用コンテンツ■■:カフェテリア
■■労協コンテンツの感想■■: 業界人さんや挨拶さんなど、社会人の方に大変お世話になりました。本当にありがとうございました。
■■労働組合に対するイメージ■■: 特になし。
■今後の労協ご意見■: イベントの感想の部分に記載させていただきました。

| | コメント (0)

2009.06.03

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:マス読
■■感想■■:一章一章を端的に表した見出しや、重要箇所の太字表記等、すっきりとまとめてあり、
大変わかりやすく、読みやすかったです。章の終わりにあるコラムも為になる内容ばかりでした。
広告業界は志望者も多く、狭き門ですが、業界研究の際に、実際にOBの話を聞くなどし自分から動いていかないと、その仕事内容が掴みづらいと言われます。
私は広告業界に絞って就職活動を進めていく予定なので、一見掴みづらいこの業界に向かって進んでゆく道しるべの一つとして、参考にさせていただきます。
■役立ったコラム■:第二章の「エントリーシートは、期末試験ではない。」が一番印象に残りました。
エントリーシートの文章は多くの場合「だ・である」体ではなく「です・ます」体が望ましいという点に、私も共感しながら読んでいたところ、「です・ます」体にするときの鬼門とやらにまんまとはまっている自分に気付きました。「~したいです。」「こうなりたいです。」といった表記を使いがちだったのです。「~と思います」という言い換えで随分与える印象が変わるのですから、そうしたポイントをしっかり押さえ、徹底していきたいと思います。
内容以前の部分でマイナスイメージを与えてしまってはもったいないと思います。こうした基本的な部分を指摘していただけたこのコラムに一票投じさせていただきます。
 
■今後の期待■:先日の東京フォーラムで、とおりすがりの業界人さんは新たな会社の役員としての仕事が忙しく、コラムを更新し続けていけるかわからないとおっしゃっていましたが、私を含め、励まされている学生も多いと思いますので、そのコラムが消えてしまうのは残念に感じます。できる限り続けていただけると有り難いです。
模擬面接や集団OBOG訪問や勉強会など、今後の活動にもどんどん参加させていただきたいと思っています。とても楽しみにしていますので、宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.01

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■:就職活動の実践に役立つような、具体的な話満載で、目から鱗でした。この本を読んでも、影響されてマニュアル化しないだろうという感じを受けました。
■役立ったコラム■:
性差のない登用。性差のない採用。
思わず納得してしまいました。私がOG訪問した方からも、女性も是非仕事を続けてほしい、働く女性のためにも。といわれました。少しでも、今の現状が改善され、管理職でも女性が活躍してほしいです。
■今後の期待■:
今回初めて参加させていただきましたが、大変有意義なものでした。これからも、更なる講座の充実に期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.30

BLOG本感想/関東 女性

新卒年:2007
購入場所:東京F
■■感想■■: ありきたりの就活本と違い、大変わかりやすく、かつおもしろいものでした。
「まず名乗れ」「ESはですます調」「OBOG訪問時の割り勘」「好きな広告は一応志望企業のものをあげた方がいい」など、実は知りたいけどどこに聞けばいいのかわからなかった質問の解決策が満載でした。「広告業界に圧迫面接なし」の理由も非常に興味深く感じました。
 全体を通して一番感じたことは、採用側も、優秀な学生を獲得するのに必死なんだということです。特に人事の方はそれが仕事なわけですから。会社の代表として私たち以上に全力で「採用活動」に取り組んでいるのだなと感じました。そんな人事の方をうならせるほど優秀で、自信を持って役員面接で推してもらえるような存在になりたいです。
■役立ったコラム■: 「話の『編集』」です。
人が一人いれば、それなりの経験もしているし、なんらかのネタはあるでしょう。問題はその見せ方だと思います。同じアルバイトのエピソードでも表現ひとつで飛びぬけるかありきたりのものになるのか変わります。
その、エピソードの選び方やつなぎ方を含めて「編集」というところになるほど!と思いました。
 私自身、ESで何を書いてどこを省くか悩んでいるところです。大事なのはエピソードよりも編集の仕方のだと念頭に置きたいと思います。
■今後の期待■: 具体的な企業対策などはあるのでしょうか。電通対策、博報堂で聞かれがちな質問などがあったら教えていただきたいです。私自身はADKと東急エージェンシーを志望していますので、この2社の特徴があったら知りたいと思います。本には、ADKの次にくるスポーツについての質問はありましたが。
 
 この就職本は、リクルートバックに常に携帯します!軽くて持ち運びやすいですし。またコラムを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.28

BLOG本感想/関東 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:広告業界に関わらず、これから就活を本格化させていこうとする上でぜひ知っておくべきことが満載でした。また社会人の常識を、いかに私たちが知らないかも痛感させられました。厳しいご意見、どうもありがとうございます。
■役立ったコラム■:【OB訪問・OG訪問より大切なこと】です。
多くの社会人とできる限り話しておけというのは非常に新鮮でした。バイト先で社員の方と仲良くなることはあっても、「社会人」という意識をいつも持っていたとは言いがたいからです。私は仲良くなると歳の差を忘れてしまうことがよくありますが、気をつけていきたいと思いました。
■今後の期待■:この本のように、広い視野で「社会人から見た学生」をこれからも教えていただきたいです。私たちが自分では気づけないことを気づかせてくれる、貴重な存在だと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.26

BLOG本感想/関西 男性

新卒年:2007
購入場所:その他書店
■■感想■■:私は、「コミュニケーションとは相手を知ることだ。」と、つねづね 考えています。
就職活動という、より円滑なコミュニケーションが必要な場。そこで、面接官が知りたい事(意図)を知ることができました。この本のおかげで、「伝えたい自分」をスムーズに伝えることができそうです。まことに、ありがとうございました。
■役立ったコラム■:「広告業界に圧迫面接はない。」
広告業界への就職活動という、狭き門。面接官の対応も、かなり厳しいものなのではないか。
そのような先入観が、私の中にはありました。しかし、このコラムを読んで圧迫面接が存在しないということが、
論理的に納得できました。安心して面接に臨めます。もちろん、「だからこそ、空気を読む」ということも、しっかり肝に銘じて。
■今後の期待■:まいにち、HPにお邪魔しております。お忙しい中、ボランティアでここまでしていただき、ありがとうございます。
宣伝会議や広告学校などの教育機関に通っていたことを、面接では言わない方がいいという噂を耳にします。
これは、真実なのでしょうか。
私としては、そこでどのように努力をしてきたか、(課題への取り組みなど)アピールしたいと考えていただけに、少しショックを受けています。
期待することというよりも質問になってしまい、申し訳ありません。これからも、更新を楽しみにしております。
早くサポートする側になれるよう、精進して参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«BLOG本感想/関東 女性